>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

惟神の道(かんながらのみち)とは?神道でよく用いられる言葉の意味を解説

惟神の道(かんながらのみち)とは?神道でよく用いられる言葉の意味を解説

『惟神の道』とは、神道でよく出て来る言葉。その読み方、由来、意味を知ることで日々の生き方が大きく変わります。八百万の神がいる日本の神様のお導きである「神意」となどのようなものでしょうか?現代もなお受け継がれている『惟神の道』の中身について解説します。

    惟神の道の意味とは

    惟神の道,意味,出雲大社

    『惟神の道』という言葉をご存知でしょうか?

    文学好きな方なら、三島由紀夫の随筆にズバリ『惟神の道』があるのをご存知でしょう。

    『惟神の道』とは《人は自然の一員として生まれ、自然ととも生きる、転じて、目の前の現実を誠実に自然のままに生き、結果を素直に受け入れる》という考え方です。

    『惟神の道』は日本に古くからある神道に深く関係する言葉で、特に神社では神主さんの祝詞(のりと)でも使われます。

    山に海に自然に神が宿る日本。逆らえない自然の動き=神意と考え、神意に即して生きることが『惟神の道』自分の先祖を敬い、先祖に感謝して生きる知恵を感得することが『惟神の道』なのです。

    ポイント

    • 一木一草が自然に逆らわず(神の道に従い)、与えられた環境で懸命に生きる(神意のままに生きる)姿が『惟神の道』です。

    惟神の読み方

    惟神,読み方,大幣,おおぬさ

    惟神の読み方 大幣(おおぬさ)

    惟神 は『かんながら』と読みます。
    神社で参拝する時、こんな言葉を聞いたことはありませんか?
    「祓え給い、清め給え、神ながら守り給い、幸え給え」
    (はらえたまい、きよめたまえ かむながらまもりたまい、さきわえたまえ)
    意味は「お祓い下さい、お清め下さい、神様のお力で我々をお守り下さい」

    この「祓え給い、清め給え」の古い言い方が
    『惟神霊幸倍坐世』
    (かんながら、たまちはえませ)。
    意味は「すべては神さまの御心に従います、どうぞ良きお導きを」となります。

    ポイント

    • 惟神 は 『かんながら』 と読みます。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計2人評価)

    関連記事