>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

段取り八分仕事二分の意味とは?仕事の効率化を説くことわざを知ろう

段取り八分仕事二分の意味とは?仕事の効率化を説くことわざを知ろう

仕事の効率化のために事前準備の大切さを説いたことわざに「段取り八分仕事二分(または「段取り八分仕上げ二分」)」というものがあり、似たような表現や英語表現もあります。また、「段取り八分仕事二分」とは歌舞伎の楽屋用語や建築用語を語源とする言葉です。ぜひとも日ごろのお仕事の中でお役立てください。

    段取り八分仕事二分とは?仕事の効率化を説いたことわざ

    段取り八分仕事二分, ことわざ, 事前準備

    事前準備の大切さを説くことわざ

    何らかの仕事をする際には、なるべく効率よく、かつ最大の結果が出るように業務を進めるのがコツです。ただし、仕事をしようにも何の前準備もすることなく、気合と根性と勢いだけで見切り発車で始めてしまったがために、途中で躓いて途方に暮れる場合も少なくありません。このように前準備をきちん整えずに仕事をして、結果としてたいした成果が出せないような人を、「段取りが悪い」または「要領が悪い」と言い表すことがありますね。

    「段取り」や「要領」が悪い人の中には、ご自身の要領の悪さそのものが悩みの種となっている方も多いでしょう。その悩みから抜けるにはどうすれば良いのか、という点が重要となってきます。その際に非常に参考となることわざが段取り八分仕事二分(または「段取り八分仕上げ二分」ともいいます)」です。ザックリ言うならば、仕事を始めるには前準備が非常に大切であるということを意味します。

    つまり、本格的な仕事に取り掛かる前に、事前に周到な根回しをしたり、自分でリサーチを綿密に行ったりすることで、仕事そのものが非常にやりやすくなるということです。数字を用いて意味を説明するならば、事前の段取りを終わらせておくことが実はその仕事の8割を終わらせておくことに等しいという意味合いにもなります。

    ポイント

    • 「段取り八分仕事二分(または「段取り八分仕上げ二分」)」は本格的な仕事の間にかかる前の事前準備の大切さを説いたことわざ
    編集部

    編集部

    関連記事では時間を無駄にしない習慣をご紹介!この記事と併せてご覧下さい

    段取り八分仕事二分と似た表現は?

    段取り八分仕事二分, 類語

    「段取り八分仕事二分」の類語とは?

    どのようなことわざでも似たような表現は存在しますが、「段取り八分仕事二分」についてもその例外ではありません。段取り八分仕事二分は先ほども見たように、事前準備をしっかりしておくことの大切さを説いた言葉です。

    そこで同じような意味の言葉を見てみると、「備えあれば憂い(患い)なし」や「転ばぬ先の杖」が挙げられます。「備えあれば憂いなし」の場合は「きちんと準備しておけば心配することはない」という意味であるため、「段取り八分仕事二分」と同じ意味といえるでしょう。

    また、「転ばぬ先の杖」についても、「万一に備えてきちんと準備をしておくこと」という意味で、「備えあれば憂いなし」に比べると危険回避という目的に限られるものの、事前準備をきちんとしておくことの大切さを説いているという意味では類語の1つといえます。

    ポイント

    • 「備えあれば憂いなし」
    • 「転ばぬ先の杖」

    段取り八分仕事二分は英語でなんと言う?

    段取り八分仕事二分, 英語

    「段取り八分仕事二分」は英語の表現もある

    ちなみに、「段取り八分仕事二分」という言葉は実は英語圏でも使われています。

    英語で表現する場合は、「Preparation is half the battle.」を使うのが一般的です。「半分」を意味する「half」が使われているため、直訳すれば「準備は戦闘の中の半分である」ということになります。ただし、「half the battle」そのものが英語圏では「ほとんど勝ったも同然」という意味で使われる俗語です。

    このため、「Preparation is half the battle.」の本当の意味とは「準備をしておけばほとんど勝ったも同然」ということになり、日本語の「段取り八分仕事二分」と同じ意味になります。

    ポイント

    • 英語で「段取り八分仕事二分」は「Preparation is half the battle.」
    • 「half the battle」は「ほとんど勝ったも同然」という意味

    段取り八分仕事二分の意味

    段取り八分仕事二分, 意味, 事前準備

    段取り八分仕事二分の意味とは?

    ここであらためて、「段取り八分仕事二分」の意味について見ていきましょう。

    「段取り」とは「準備」という意味で、私たちの日常会話の中でも「段取りが良い(悪い)」というように使います(「段取り」のより詳しいいわれは語源の部分で説明します)。

    そして、「八分」や「二分」という数字が先ほどから目立っていますが、実は決して「8%」や「2%」という意味ではありません。「分」はもともと「10分の1=1割(10%)」を指す単位で、現在使われている数字の書き方に直すと「8割(80%)」と「2割(20%)」という意味です。特に「八分」については「腹八分目」といった使われ方もしているように、「ほとんど」や「ほどほど」の意味があります。

    ポイント

    • 「段取り」は「準備」という意味
    • 「八分」は「8割」や「ほとんど」という意味

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。