1ページ 2ページ

生霊に取り憑かれた体調不良の症状・除霊・お祓いの方法は?

生霊に取りつかれたときの対処法
生霊に取りつかれたときの対処法
不思議な話

生霊に取り憑かれると体調不良が起こる

「生霊が取りついている!」
ここで言う生霊とは、悪い意味で使われています。
生霊の正体は、「嫉妬の念」であると言われています。

誰もが持つ嫉妬の念、それは恐ろしいものです。
加害者は妬みによるいじめや嫌がらせを行います。
一方の被害者も恨みを持ちます。

 

こうした負の連鎖により、生霊となってあなたにとりついているのです。
生霊は、あの人が恋しいといった気持ちまでも含めて、どこからか知らないうちに飛ばされているのです。
生霊が取りついたときには、体調不良など、体に諸症状が出てきます。

そこで生霊が取りついている可能性の高い体の症状をお伝えします。

ぼーっとして考えがまとまらない、気力がない

 

生霊に取り憑かれた症状 ぼーっとして気力・やる気が出ない

生霊に取り憑かれたときの代表的な症状です。

嫉妬の念があなたに取りついています。判断力も鈍っている状態です。

体がだるい状態が長時間続く

 

生霊が取りついているときは、一日中だるくなります。

同じように死霊も取りつくことがありますが、死霊は夕方の魔界の門が開く時間帯、逢魔が時(おうまがとき)には、元気になっています。

誰かに見られている

生霊の本体が近くにいる場合もあります。

本体と目があえば、光線のように体を貫きます。

「なんとなく会いたくない人」、それ人こそが生霊の本体だということも考えられます。

決定的な場面でトラブルが起きる!

 

生霊の正体は、妬みや嫉妬です。

あなたがキラキラしていたり、成功しようとすると、必ず生霊が邪魔をします。それはまるで自分の失敗かのようです。もしかしたら、生霊の仕業かもしれません。

 

体の各部分に手跡のあざがある!

 

体の手首や足首、腰などの部分を見てください。

そこに手跡のようなあざはありませんか?生霊が腰にすがりついている可能性もあります。見えない生霊がしがみつき、胃や腰の調子を悪くしたり、手足を不自由にします。