>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

心理学のゲインロス効果とは?変化量と影響の大小が比例する効果を解説

心理学のゲインロス効果とは?変化量と影響の大小が比例する効果を解説

ゲインロス効果と言うのをご存知でしょうか?マイナスとプラスの変化量に影響度の大小が比例する効果のことで、意味を簡単に言ってしまうと「ギャップ萌え」や「ツンデレ」などのことです。落差が大きい事で、逆に好印象度が上がるという心理学のテクニックがゲインロス効果と言う訳です。恋愛への効果や実用例などご紹介します。

    ゲインロス効果を発揮する行動の例

     ゲインロス効果,意味,心理学,恋愛,行動,例

    ゲインロス効果を発揮する行動の例

    ゲインロス効果を上手に使いたいなら、こんな行動を取ってみましょう。

    以下に、簡単に例としてご紹介します。

     

    ゲインロス効果の具体例

    • 気配りをしっかりとする
    • ユーモアがあって面白い人と思わせる
    • ツンデレを狙ってみる

     

    ポイント

    • 容姿に関係なく、ゲインロス効果は発揮される
    • 厳しく接するのと冷たく接するのは違う

    ゲインロス効果についてまとめ

    ゲインロス効果は、プラスとマイナスのギャップを狙うテクニックですが、最初にマイナス面を推すことで、後でプラス面を見せると、普段よりも好印象を得られる傾向があるとも言われます。

    恋愛でも仕事でも、普段とのギャップがあればあるほど、好印象度はアップします。ただ、ギャップを作るために嘘をつくのはNGです。そういう嘘はすぐにばれてしまいます。普段と違う自分(プラス面)を用意しておき、ここぞという時に使ってみて下さい。

    意中の人を狙うなら、ゲインロス効果は非常に使えるテクニックなので、恋愛に悩んでいる方はぜひ実践されてみて下さい。

    ライターメモ

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事