>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

魂入れ(開眼法要・お性根入れ)とは?お布施の相場や意味を解説

魂入れ(開眼法要・お性根入れ)とは?お布施の相場や意味を解説

昔から、仏壇やお墓を新しく購入したときは、菩提寺にお願いして「魂入れの法要」が行われてきました。仏壇やお墓に霊魂が宿っているかいないかは、亡くなった方だけでなく手を合わせる遺族にとっても、とても重要なことと捉えられています。魂入れのタイミングやお布施の金額など悩む方のために、このページで詳しく解説いたします。

    魂入れ(開眼法要・お性根入れ)の意味

    阿弥陀如来

    阿弥陀如来

    魂入れと同じ意味を持つものに開眼法要お情根入れがありますが、これらは仏教用語で、仏壇に安置されている本尊に魂を宿す儀式を表します。

    初めて家に仏壇を設置する時、古くなった仏壇を買い替える時に、先祖代々供養などをお願いしているお寺(菩提寺)にお願いして法要が執り行われます。

    今までお寺を意識することなく過ごしてきた方は「魂入れは形だけで、表面的に何も変わりがないので必要ない」と考える事もあるでしょう。

    しかし、本尊に魂を宿すための正式な儀式をしないで仏壇に手を合わせたとしても、ただの箱に手を合わせているだけで、お店にある販売用の仏壇と何も変わらないと考えて下さい。

    そこに霊魂が宿っているかいないかはとても重要なことで、亡くなった人にとっても、守っていただける本尊に魂が入っていなくては心もとないでしょう。

    本尊は信仰の対象であり、亡くなった人だけではなく残された遺族にも大きな支えとなりますので、魂入れはとても大事な法要といえます。

    お墓が新しくなったときも、魂入れの法要を行います

    お墓に本尊は安置されていないのですが、法要を行って死者の魂がお墓に入魂されると、ただの石から手を合わせる対象の墓石と変化します。

    ポイント

    • 仏壇は購入後、先祖からお付き合いのあるお寺に法要をお願いし、霊魂を宿してもらう必要があります。
    • 「魂入れ」「開眼法要」「お性根入れ」は霊魂を入れる仏教儀式です。

    魂入れを行うタイミング

    時,つかむ,魂入れ

    誰がいつどこで何をするのがベスト

    仏壇を購入するするきっかけは二通りあり、それによって魂入れを行うタイミングも違ってきます。

    1. 家族の葬式後に仏壇を設置する場合・・・四十九日の法要と一緒に仏壇の魂入れをお願いするケースが多いようです。
    2. 仏壇が古くなったために新しく購入する場合・・・すでにご先祖様のお位牌がありますので、仏壇店から仏壇が到着次第魂入れを行います。

    お墓は家族が亡くなって初めて購入する場合が多く、納骨の時に一緒に魂入れをお願いするケースが多いようです。

    ポイント

    • 家族の葬式後に新しく仏壇を購入した場合は、四十九日法要の時に魂入れをお願いするケースが増えています。
    • 古い仏壇から新しい仏壇へ移動の場合は、購入した仏壇が自宅へ到着する日時を仏壇店に確認し、お寺に連絡を取って魂入れの申し込みを行いましょう。

    魂入れの料金やお布施の相場

    白,封筒,魂入れ

    魂入れのお布施はお祝い封筒または白い封筒で

    お布施は本来お寺に対する御礼や心付けを意味するものですから、決まった金額はありません。

    しかし、まったく相場がわからないと、現実的には悩む人も多いようです。

    相場は地域性があり、ご住職によっても方針が違いますので、親戚の者に尋ねるか、お寺に直接「皆さんどの位包まれていますか」とお聞きするのが一番良いかもしれません。

    それでも、「お気持ちで」とお答えになるお寺もありますので、一般的な相場をお知らせしましょう。

    お布施は、基本奇数の数字が意識されます。

    魂入れの場合は、1万円、3万円、5万円が多いです。四十九日や一周忌のお布施は3万円~5万円三回忌以降のお布施は1万円~5万円程度が一般的のようです。

    お布施の詳細ポイント

    • 魂入れは1万円~5万円。
    • 初七日から一周忌までは3万円~5万円。
    • 三回忌以降は1万円~5万円。

    魂入れのお布施封筒の選び方

    魂入れはお寺様にお願いしますので仏事ごとと考えがちですが、行事としてはお祝い事に属するようです。そのため、魂入れのお礼は紅白の水引である祝儀袋を用います。

    法事などのお布施では、基本水引のない郵便番号欄が印刷されていない白い封筒を用いますが、中には白黒や白黄色の水引封筒を利用する地域もあるようです。

    魂入れ法要と四十九日法要を一緒にお願いする時は、別々にお包みするのも良いですし、白い封筒に一緒にお包みしても構いません。

    ポイント

    • 魂入れのお布施はご祝儀袋
    • 四十九日などの法要は不祝儀袋
    • 法要と一緒に魂入れをする場合のお包みは白い封筒を使っても良い。
    編集部

    編集部

    関連記事では知ってると得するお仏壇の基礎知識をご紹介!この記事と併せてご覧下さいね!

    魂入れについてまとめ

    魂入れはについてご紹介しました。いかがでしたか。

    霊魂が宿っている仏壇の前に座っていると、ご本尊やご先祖様から見守られていると感じ、心が落ち着くという人が多くいます。

    昔から続いている縁起は、とても大事なこととして捉えていきましょう。

    魂入れ,メモ

    「魂入れ」についてのメモ

    この記事へのコメントはこちらへどうぞ

    おすすめ関連書籍はこちらから!

    Original

    お坊さんがイチから教える! 葬儀・法要・お墓・仏壇のすべて 身近な人が亡くなった後の手続のすべて 和紙 書き金封 万円袋 御布施 白 (刷毛目鳥の子, 10枚入)

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。