八瀬童子とは?天皇との関係が強く、鬼の子孫とされた人々を解説

八瀬童子,とは,子孫,意味,葵祭,天皇,鬼
八瀬童子とは?天皇との関係が強く、鬼の子孫とされた人々を解説
意味解説

八瀬童子とは?

山の村,山の民,比叡山

八瀬は比叡山のふもとの集落

八瀬童子(やせどうじ)とは、比叡山のふもと、京都府の八瀬に暮らす人々の古くからの呼び名です。八瀬童子は薪や炭を作り、それを売って生計を立て、同時に比叡山延暦寺の雑役や、天台座主の輿を担ぐ駕輿丁(かよちょう)と呼ばれる役についていました。室町時代以降は朝廷の儀式などで駕輿丁を務め、天皇の輿を担ぐ任についていました。

童子とは子どものことではなく、寺で働くものは髪を結うことをせずに、長いままおろした大童(おおわらわ)と呼ばれる姿と、履物が草履で子どものようだというところから八瀬童子と呼ばれるようになりました。

ポイント

  •  八瀬童子比叡山延暦寺に属して働き、室町時代以降は天皇の駕輿丁を務めてきました。
  •  童子とは子どものことではなく、髪を結わず垂らしたままの大童の姿で、足元は子供のように草履を履いていた八瀬童子の姿を指した呼び方のことです。

八瀬童子が「鬼の子孫」とされる理由

鬼,伝説,先住民族,異文化

鬼の子孫と呼ばれる人々

八瀬童子は、天台宗の開祖である最澄が使役していた鬼の子孫であるという伝説があり、八瀬の人々も自分たちは鬼の子孫であると語っています。

童子というのは子どもや普通の人とは違う存在に対しての呼び方でもあり、有名な酒呑童子、茨木童子といった鬼の名前でも使われています。

八瀬で暮らす人々は縄文時代から続く山の民だったとする説もあり、里で暮らす農民とは習慣や言葉などが違う特異な存在であったとも言われています。

鬼を「恐ろしいもの」ととらえる一方、「強い力を持つ」「人智を超えた」存在とする他、先住民族や異民族を「鬼」と呼ぶことがありました。里の人々が、自分たちとはどこか違う山の民を鬼と呼んでいたとも考えられています。

ポイント

  • 先住民族」「特異な存在」をと呼んでいたこともあり、八瀬童子たちがそのような立場の人々であったのではないかとも言われています。

編集部
平安時代の有名な鬼についての記事もどうぞ!

酒吞童子とは?大江山に住んでいた鬼の頭領の正体について知ろう

2018.08.26

茨木童子とは?平安京を荒らした鬼の一人について解説

2018.09.01

八瀬童子と天皇の関係

明治天皇,大喪の礼,駕輿丁,輿,葱華輦

明治天皇の大喪の礼でも駕輿丁を務めた

八瀬童子と天皇との関係は古く、1336年に足利尊氏から逃れ京を脱出した後醍醐天皇を比叡山に逃がすため、八瀬の村人が天皇の輿を担ぎ、弓矢を手に取って行列を守ったと言われています。その働きにより労役や土地に対する税金を免除するという特権が与えられました。これについては、後醍醐天皇の綸旨(りんじ)という文書が残されています。

その後、八瀬童子は代々の天皇や上皇の行幸(外出)や葬送の際には、輿を担ぐ駕輿丁(かよちょう)の役についてきました。一時はその任が途絶える期間もありましたが、明治天皇・大正天皇の大喪においては、葱華輦(そうかれん)という天皇の棺を納めた輿を担ぎ参列しました。昭和天皇の大喪(たいそう)では、警備上の理由から八瀬童子が輿を担ぐことはできませんでしたが、代表者数名が付き添いという形で参加しました。

八瀬童子が重要な役割を果たす「葵祭」

八瀬童子,葵祭,駕輿丁,装束,行列

八瀬童子は葵祭に欠かせない存在

葵祭は天皇から使者が遣わされる勅祭(ちょくさい)です。古くから天皇との関わりの深い八瀬童子は、当時をしのばせる駕輿丁の姿で参加し行列の運行秩序を担っています。

葵祭には小学6年生になったら稚児(ちご:子ども)役で、大人になったら列奉行や検非違使(けんびいし:律令制で検察の役割を担った役職)の馬や牛車の手綱を握るなど、行列では多くの八瀬童子たちが役につくため、八瀬童子は葵祭になくてはならない存在となっています。

ポイント

  •  後醍醐天皇を助けた功により集落は特権を受け、代々の天皇の駕輿丁という役割につき、明治・大正天皇の大喪では輿を担ぐ役割を担っていました。
  •  毎年京都で開催される葵祭は、参加する多くの八瀬童子たちによって、行列の運行秩序が守られています。

編集部
伝統を守る人たちの記事も併せてどうぞ!

社家(しゃけ)とは?神職を代々世襲している一族の呼び名について解説

2018.10.24

八瀬童子についてまとめ

天皇を助けたことから駕輿丁に任ぜられた八瀬童子。自らを鬼の子孫と呼び、600年以上前から天皇との強い結びつきをもち、現在も葵祭を支え続ける八瀬童子たちからは自分たちの歴史に誇りをもっていることが感じられます。私たちが今の世で歴史の一端を知ることができるのは、伝統を守り続けるこのような人々の努力があるからなのでしょう。

ライター,メモ,八瀬童子

ライターメモ「八瀬童子」

2018年の運命を知る

《2018年後半》 あなたの運命を好転させる

あなたが結ばれるべき運命の人も、あなたに適したお仕事や人間関係の作り方も、そして金運も、実は誕生日から導き出す事が出来るのです。

 ≪運命のオーラリーディング≫では、2018年のあなたの運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

 今なら、 『全員無料』で鑑定してもらえます。