>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

香典とは?知っておきたいマナーを解説!香典返しの意味や金額の相場についても紹介

香典とは?知っておきたいマナーを解説!香典返しの意味や金額の相場についても紹介

香典とは、お花やお線香の代わりに包まれたお包み(金銭)やお線香セットなど、霊前にお供えする金品のことをいいます。香典は、良い人間関係を続ける中で必要不可欠なものとして、私たちの生活の中に時々登場します。このページでは香典の意味や相場、香典を渡す時のマナーや香典返しについてお知らせします。

    香典の意味

    故人,供える,お線香

    故人に供えるお線香

    香典とは、「こうてん」と読み、お線香やお花の代わりに包まれたお包み(金銭)お線香セットなど、霊前に供えられた金品のことです

    香典の香はお線香のことを意味し「隅々まで届くお香は、仏様の慈悲が皆平等に行き届くことを意味する」「お香は死臭や雑菌を消す効果がある」ことから、古くから葬儀とお線香は切り離せない関係にありました。

    香典は、予定できない葬儀の急な出費に対して親類や友人・知人同士の助け合いの意味も含まれており、昔から受け継がれてきた日本独特の「お互い様」の精神を表しています。

    ポイント

    • 香典の読み方は「こうてん」
    • 香典とは霊前にお供えするお包み(金銭)のことです。
    • 香典は、急な出費に対して「助け合い」の意味合いもあります。

    香典返しとは何か

    香典,返し

    香典返し

    香典返しとは、霊前にお供えいただいた香典に対し、御礼の気持ちと返礼品を送ることをいいます。

    香典返しは、四十九日が過ぎ喪が明けたことの報告を兼ねて挨拶状と共に返礼品をお渡しするものですが、現代では葬儀場の受付で香典をいただいた時点で、会葬御礼と共に香典返しも一緒にお渡しする所が多くなりました。

    一般的には、葬祭場の受付に準備される香典返しは、軽いお付き合い程度の金額に対するお返しのことが多いようです。

    香典が高額になる親類や知人に対しては、喪が明ける四十九日以降にいただいた金額に相応しい返礼品と挨拶状が送られるようです。

    香典返しで押さえておきたいポイント

    • 香典返しとは、お供えしていただいた香典に対し御礼の品を渡すことをいいます。
    • 現代では、通夜や葬儀で香典をいただいた際に会葬御礼と一緒に香典返しを渡す所が増えてきました。

    香典の金額の相場

    香典袋

    香典袋

    香典の金額は、故人との付き合い程度や地域性も関係してきますので、はっきりとした金額は提示できませんが、一般的な相場を表にしてご紹介しましょう。

    故人との関係 金額
    両親  50,000円~100,000円
    親戚  10,000円~50,000円
    知人・友人  5,000円~10,000円
    隣人・顔見知り    3,000円~5,000円

    会社関係や冠婚葬祭などをやり取りしている関係、また町内会で金額が定められている場合は、今までの慣例を優先してお包みの金額をお決めください。

    ポイント

    • 香典の金額は、身内を覗くと3,000円~10,000円が一般的です。
    • 故人との付き合いの中で慣例がある場合は、慣例に習ってお包みします。

    香典を渡す際のマナー

    袱紗

    袱紗

    香典は裸のまま鞄に入れるのではなく、仏事用の袱紗(ふくさ)に包んで持ち運びします。

    葬儀会場では芳名カードに記帳を行いますが、記帳と香典渡しのどちらを先にするのかは会場によって違いますので、周りの様子を見てそれに習いましょう。

    受付の前で一礼し、「この度は御愁傷様です」と小さめの声で一言お悔やみの言葉を述べます。後ろに多くの参列者が並んでいる場合は、黙礼だけでもよいでしょう。

    受付で香典を渡す時は袱紗から香典を取り出し、受付の人が香典を正面で受け取れるようにして渡します。

    袱紗のまま香典を渡すと「不幸を渡す」という意味になり、マナーに反した行動になりますので注意しましょう。

    香典は、片手では渡しません。香典を両手で持って、受付に渡すようにします。

    ポイント

    • 香典は汚れないように、仏事用の袱紗に包んで鞄に入れます。
    • 受付で黙礼し、袱紗から香典を取り出したら受付の方が正面になるように渡します。
    • 香典は両手で持って、受付に渡します。

    香典についてまとめ

    香典を渡す機会はそれほど多くないと思いますので、葬儀に参列する時マナーなど気になる方もいるでしょう。

    受付で香典を渡す時、故人の身内がいない場合は黙礼だけでも構いません。また身内にご挨拶する場合でも、「この度は・・・」と最初の言葉だけはっきりと伝えたら、相手が語尾を聞き取れないようでも大丈夫です。

    香典を渡す際の袱紗の使用や渡し方のマナーなど、最小限知っておいてほしいマナーはありますが、最優先されるのは故人とのお別れを悲しむ気持ちです。

    その思いが故人の家族に伝われば、小さな作法は気にすることはないでしょう。

    香典についてのライターメモ

    関連記事

    編集部

    編集部

     関連記事では香典の表書きの種類や書き方をご紹介! 

    Original

    金封ふくさ 慶弔セット ちりめん金彩刺繍入 滝田商店ブランド 京念珠 数珠 男性用 黒オニキス 22玉 正絹頭付房 数珠袋付き すべての宗派で使える男物念珠 証明書付 箱を開けたら、すぐに飾れる、お供えアレンジメントです。 お供え・法事・葬式に!お供えアレンジ(小)flower basket for funeral and Buddhist memorial

    人気の記事