358という数字のパワー 車のナンバープレートとしてもエンジェルナンバー358について解説

358のエンジェルナンバー
358のエンジェルナンバー
エンジェルナンバー

小林正観さんがひろめたラッキーナンバー358

最近あの数字よくみかけるな・・・ということはありませんか?あなたのもとにやってくる数字にはすべて意味があるといわれています。

もし358という数字をよく見かけるとしたら、あなたは今、天使や見えない力から大きな応援を受けるチャンスに肉迫しています。

358という数字ですが、実は車のラッキーナンバーとしてとても人気があるのです。すれ違う車のナンバーをよく見ると、358ということはありませんか? また、358ナンバーの車はなぜか高級車が多いという事です。

車のナンバーとして人気の358という数字。この番号はメシヤの数字と呼ばれていてとてもつよい波動をもっています。

これはもともと小林正観さんが著書の中で紹介していたものですが、358がラッキーナンバーである理由は以下のようなものです。

エンジェルナンバー358 車のナンバー358は燃費がいい

エンジェルナンバー358

仏陀(お釈迦様)とエンジェルナンバー358の関係

 

358は仏陀が悟りを開いた日や聖書、徳川将軍や西遊記など、いろいろなところにその姿を現します。

釈迦が菩提樹の下で瞑想し、悟りを開いたのは35歳の12月8日です。

釈迦は4月8日生まれなので35歳と8ヶ月で悟りを開いたことになります。

3・5・8の数字が隠れているのがわかりますか?

功績が大きい徳川将軍は3代目、五代目、8代目

 

300年弱続いた江戸時代ですが、有名な将軍は初代の家康をのぞき、幕府の制度上の基礎を作った3代目の家光(3)、生類哀れみの令で有名な五代目の綱吉(5)、米将軍、享保の改革をした8代目の吉宗(8)です。

 

ややこじつけのようですがここでも3・5・8。

その他、都(みやこ)は385と書くなど、小林正観さんはいろいろな例を引き合いに出されています。

 

当たりすぎると評判の電話占い