ゴキブリは粘り強さを意味する虫?ゴキブリのスピリチュアルな意味を解説

ゴキブリは粘り強さを意味する虫?ゴキブリのスピリチュアルな意味を解説
ゴキブリは粘り強さを意味する虫?ゴキブリのスピリチュアルな意味を解説
虫の知らせ

ゴキブリのスピリチュアルな意味とは

生きた化石

生きた化石ともいわれるゴキブリ

ゴキブリが地球上に登場したのは今から3億年前です。巨大化する恐竜やトンボをよそに、ゴキブリは自身の形態をほとんど変えずに古生代から現代まで生き抜いてきました。それゆえに「生きた化石」と呼ばれます。

ゴキブリに託されたスピリチュアルメッセージとは、そのたくましい生命力粘り強さなのです。

何でも食べる雑食性、飢えにも水分の欠乏にも破格の耐性があり、ガラスや天井も歩くことを可能にする爪、俊敏な動きを可能にする脚、これらがゴキブリの持つ強い武器です。人間には迷惑この上ない驚異的な生命力を通して、ゴキブリが伝えようとするスピリチュアルメッセージを見ていきましょう。

ポイント

  • ゴキブリのスピリチュアルメッセージは生命力粘り強さです。

ゴキブリが嫌われる理由は波動が低いため

ゴキブリは波動が低い

ゴキブリは波動が低い

いくらゴキブリにすばらしいスピリチュアルメッセージがあるといっても、生身のゴキブリは遭遇した人に悲鳴を上げさせたり、総毛立つ思いをさせたりします。そこまで嫌われてしまう理由、それはゴキブリの放つ波動が低いからと考えられています。

平べったくて黒光りする姿や夜間に活動する習性がゴキブリをネガティブなオーラで覆い、見た人にまがまがしい印象を与えるのです。では、ゴキブリは縁起の悪い虫に過ぎないのでしょうか。

ポイント

  • ゴキブリはエネルギーの波動が低いため常にスピリチュアルメッセージと反して、ネガティブなオーラで覆われています

ゴキブリを室内で発見した時のスピリチュアルな意味

ゴキブリが発するメッセージとは?

ゴキブリが発するスピリチュアルメッセージとは?

ゴキブリが部屋にいる状況はもちろん手放しで歓迎できません。しかし、その出現には見出すべき意味もあるのです。

一つは、当たり前ですが部屋が清潔ではないと気づくこと。ゴキブリは散らかった食べ物や湿った環境を好みます。ゴキブリに限らず、いわゆる害虫は波動の低い場所に集まってきやすいのです。掃除をして空間の浄化を図れば、波動を高めることができるでしょう。

もう一つは、ゴキブリが警告のサインを送っているということ。この場合のゴキブリは、悪いことが起きる前触れとなったり、その人が本来の自分を見失っていることを示したりします。

たとえば、人間は傲慢になると波動が低くなります。やがて、周りから良い人たちが消え、代わりにマイナスのエネルギーをもつ人間やゴキブリ、シロアリなどの害虫が寄ってきます。ここでゴキブリのサインに気づいて態度や行動を改められれば、居心地が悪くなったネガティブな存在はいなくなるのです。

ゴキブリの他にも、クモ、ハエ、アリ、カマキリなどが警告を告げに来ます。

  • ゴキブリが夢に出てきたら

ゴキブリは夢でもお告げをしてくれます。夢にでてくるゴキブリは、苦手なもの、恐怖を感じもの、コンプレックスなどを象徴しているのです。つまり、もし夢の中でゴキブリを退治したなら、問題の解決やトラウマの克服を実現できるという吉夢となります。

ポイント

  • ゴキブリや害虫は波動が低い場所に集まるので、部屋の中で見つけた時は掃除をすることに気付かせてくれます。
  • ゴキブリは人間の傲慢な気持ちが放つ波動の低さにも集まってくるので、部屋がキレイでもゴキブリを見かける時は態度や行動を改めるように警告サインを送っています。
  • ゴキブリを夢で見た時はコンプレックスなどを象徴し、夢の中でゴキブリを退治した時は問題解決やトラウマの克服を示す吉夢です。

編集部
部屋にいると驚いてしまうけれど様々なスピリチュアルメッセージ意味を持つ蜘蛛をご紹介しています!

蜘蛛(クモ)のスピリチュアルな意味とは?朝と夜のメッセージの違いを解説

2018.05.17

ゴキブリのスピリチュアルな意味のまとめ

ゴキブリのスピリチュアルメッセージは

ゴキブリのスピリチュアルメッセージは

ゴキブリには粘り強さや生命力を意味するスピリチュアルメッセージが込められていますもしあなたがゴキブリの姿を見て何かを感じたとしたら、「もっと粘って!」「生き抜いて!」と呼びかけられているのです。万策つき何もかも投げ出すしかないという苦境に遭遇した時、床をはうゴキブリを見かけ、その後に事態が好転したという体験談がいくつもあります。

忌み嫌うばかりではなく、ゴキブリがいることの意味や送られてくる波動の低いメッセージを読み取り、苦境に立たされているときは粘り強く様子をみて、負けずに生き抜いていきましょう。