>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

豊受大神(トヨウケノオオカミ)とは?食物の神のご利益や信仰する神社を解説

豊受大神(トヨウケノオオカミ)とは?食物の神のご利益や信仰する神社を解説

豊受大神は農耕神として信仰される神様です。この記事では日本神話における豊受大神の名前の意味、豊受大神を祀る三重県伊勢市豊川町にある豊受大神宮とそのご利益を中心に、京都府宮津市にある龍神社、徳島県相馬郡にある子眉嶺神社、静岡県浜松市にある蓮神明宮、岡山県か岡山市にある伊勢神社も紹介してます。

    伊勢神宮外宮の主神として有名な豊受大神天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)や国之常立神(くにのとこたちのかみ)と同神とも言われ、この世に最初に現れた始源神として有名です。今回は豊受大神の意味や神話、ご利益などについて解説します。

    豊受大神(トヨウケノオオカミ)の意味

    豊受大神

    豊受大神

    豊受大神(トヨウケノオオカミ)の名前にある「ウケ」とは食物を指します。豊受大神は、農業はもちろんのこと漁業や工業など産業で生み出した産物が豊かに収穫でき、恵みが人々にもたらせられるように見守っている女神になります。

    豊受大神の別称

    様々な神話で活躍する豊受大神は、屋船豊宇気姫命(ヤフネトヨウケヒメ)、豊宇賀能売命(トヨウカヒメ)等沢山の別称が存在します。古事記では豊受気毘売神(トヨウケビネノカミ)と表記されています。

    ポイント

    • 豊受大神の名前は食物を豊かに収穫でき、恵みが人々に与えるという意味です。
    • 豊受大神は尾船豊宇気姫命、豊宇賀能売命等沢山の別称が存在します。

    豊受大神にまつわる神話

    風土記

    風土記

    豊受大神にまつわる伝承は沢山ありますが、その一つに浦島伝説で有名な「丹波風土記逸文」という丹波国(現在の兵庫県)の風土記が挙げられます。

    ある日、水浴びをしていた天女の羽衣を、老夫婦が隠し、丹波に留まった天女が、酒を造ります。その酒とは万病に効く薬で老夫婦は膨大な財産を作り、用が無くなった天女を家から追い出したという話です。

    この天女こそが豊受大神であるという説があります、最後は悲しい結末を迎えてしまいますが、豊受大神が食物を使い人々に恵みを与えている象徴と呼ぶべき伝承です。

    ポイント

    • 豊受大神に関する神話のほとんどが豊受大神によって誰かに食物を与える話になります。

    豊受大神のご利益

    豊受大神のご利益

    豊受大神のご利益

    豊受大神は、穀物を生育させる霊力を象徴するワクムスビ神の娘であり代表的な食物神です。トヨは豊かさを表わし、ウケはケと同じく食(け)として知られています。

    豊受大神のご利益

    • 豊受大神のご利益としては、農業や漁業の収穫。また、産業を復興すること。開運招福、厄除けが挙げられます。

    豊受大神を信仰する神社

    豊受大神宮

    豊受大神宮

    豊受大神を信仰する最も古い神社としては、三重県伊勢市豊川町にある豊受大神宮があります。この豊受大神宮伊勢神宮内にある二つある正宮の一つで、もう一つの正宮には天照大神が祀られています。豊受大神が祀られている正宮は通称「外宮(げくう)」と呼ばれています。これは西暦804年(延暦23年)に書かれた社伝である「止由宮儀式帳」にて、その当時の天皇である雄略天皇(ゆうりゃくてんのう)の夢の中に天照大神が現れ、「私一人では寂しいし、心安らかに食事もとれないから豊受大神を呼んでほしい」とのご神託を受け、元々丹波の神であった豊受大神を迎え、作られた神社だという記録が残っています。

    他には京都府宮津市にある龍神社徳島県相馬郡にある子眉嶺神社静岡県浜松市にある蓮神明宮岡山県か岡山市にある伊勢神社があります。

    また、食物の女神ということで、他の食物神である大気都比売神(オボゲツヒメ)や保食神(ウケモチ)、稲荷神(ウカノミタマ)と同一視されていることから、稲荷神社など食物の神様と関係した神社とも信仰があります。

    ポイント

    • ・豊受大神を信仰する最も古い神社は、三重県伊勢市豊川町にある豊受大神宮です。・食物の女神として、他の食物神と同一視されていることから、稲荷神など食物に関係した神社とも信仰があります。
    編集部

    編集部

    関連記事ではインドネシア神話の女神ハイヌウェレをご紹介します!この記事と併せてご覧下さいね!

    豊受大神についてまとめ

    弥生時代の稲作

    弥生時代の稲作

    豊受大神活躍が見られ始めた時代は、狩猟から農耕が主流になった弥生時代からとされている文書があります。

    ある年には日照りが続き、ある年には雨が続くと言った不安定な農作物の収穫に対し、豊作であるように人々は豊受大神に祈願したのです。

    歴史が古く天照大神「安心できるから傍に置いてほしい」と神託し、伊勢神宮では一緒に祀られるようになった豊受大神。

    人々に恵みをもたらす愛情深い神様としてこれからも大切にされていくことでしょう。

    編集部

    編集部

    古典から豊受大神のことを知りたい方はもちろん、木彫もございますよ!!

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事