LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

平成31年の卯年の運勢は?2019年の卯年の恋愛・金運・仕事・健康について

平成31年の卯年の運勢は?2019年の卯年の恋愛・金運・仕事・健康について

2019年、卯年の恋愛、金運、仕事、健康、卯年生まれの人の守護本尊「文殊菩薩」をご紹介しています。2019年は卯年生まれの人にとっては激しい運気の上下動がある年になっています。卯年の人がこの年に気を付けるべきことや開運方法、占う項目ごとに5段階評価を付けてわかりやすく解説しています。

記事の目次

  1. 1.2019年の卯年の全体運
  2. 2.2019年の卯年の恋愛運
  3. 3.2019年の卯年の結婚運
  4. 4.2019年の卯年の金運
  5. 5.2019年の卯年の仕事運
  6. 6.2019年の卯年の健康運
  7. 7.卯年の守護本尊は文殊菩薩
  8. 8.2019年卯年の運勢のまとめ

2019年の卯年の金運

真っ直ぐ,心,事,意味,人,出会える

真っ直ぐな心でいる事で大きな意味を持つ人と出会えるかも

2019年、卯年生まれの方の金運についても、浅はかな欲望に捉われて行動してしまうと酷い思いをする事になりやすい運勢の流れとなっています。お金が欲しいと思うことは悪いことではなく、自然な心の動きですが、必要以上にそれを求めてはいけないという事です。

2019年には好不調の激しい動きの中で金銭的な面での良い話もやってきますが、よく考えずにそれに乗っかって楽にお金を稼ごうとしてしまうと、すぐにまた悪い流れに巻き込まれ、大きな損失を被ってしまう事になります。

本当の意味での良い話とは楽して簡単にお金が儲かるといった話ではなく、長期的に見てあなたの利益になる事柄です。例えば報酬は高くは無いけれど大きな経験や意義のある出会いを得られるといった仕事や、利回りは低くても確実に誰かの助けになる様な投資の案件などです。

誰かのためになる仕事や投資案件というものは、それに携わる人たちも高い志を持っている事が多いと言えます。

それは、あなたの人生が苦しい時に心から力になってくれる人と出会えたり、そういった人たちが携わる投資の案件ならば少し悪い流れが来たとしても簡単に価値が崩れてしまうという事には繋がりにくく、長期的に見てあなたに利益をもたらしてくれたりします。

激しく運気が上下するこの時期には特に、自分の行動基準は地に足をつけて決めていくべきなのです。心の充足感を得られる行動をとっていれば、自ずと金銭的な運勢も上昇していくでしょう。

2019年卯年の金運

  • 浅はかな欲望に流された行動は酷い結果に繋がりやすい
  • 激しく運気が上下するので、地に足をつけて、規律を持った行動を心がけるのが良い

2019年の卯年の仕事運

2019,年,卯年,余裕,事,周囲,辛く

2019年卯年は余裕がない事で周囲に辛く当たってしまいがち

2019年の卯年生まれの方の、仕事面での運勢は、あなたが望む望まないに関わらず、あなたの能力が高く評価され、大きなプレッシャーがかかる重要な仕事を任される事が増えてきそうな運勢となっています。

それに伴って社内でのあなたの立場や影響力も強くなっていく事になりますが、大きなプレッシャーがかかる事も相まって、周りの人間に対して厳しく当たりすぎてしまったり、後輩へ理不尽な叱責をしてしまったりしてしまいそうです。

さらに、全体の運気の激しい上昇と下降も関係してストレスが募りがちになり、本来人当たりが良く明るい性格の卯年のあなたの普段とのギャップに周囲の人たちは少し驚き引いてしまう事になるかも知れません。

このように、メンタル面で余裕を失いがちとなる2019年ですが、その状況をうまく乗り越えていくために大切な事とは、仕事に対して真摯に向き合う姿勢を忘れないでいるという事です。

世の中のほとんどの仕事は、必ず誰かの役に立つ事で報酬が発生しています。そこをしっかりと意識して意義を見出す事が、プレッシャーや忙しさから逃げずに向き合う事へと繋がります

2019年卯年の恋仕事運

  • 大きなプレッシャーがかかる重要な仕事を任せられる事が多くなりそうな流れ
  • 忙しくなり周囲にキツく当たってしまいがちだが、謙虚になり、仕事に対しても真摯に向き合う姿勢が大切
前へ
次へ
【開運】2022年 あなたの気になる運勢は?
【開運】人生大吉 』では、2022年のあなたの運勢を徹底鑑定して、あなたに起こる良いことも悪いこともすべてを占い、開運へ導きます。

スピリチュアル鑑定師が1000文字を超える細かい鑑定結果メッセージで2022年の運勢を読み解き、迷うことなく幸せな未来を掴めるよう導いてくれます。

運勢をいち早く知りたい方はこの機会に無料で体験して下さい!

関連記事

人気の記事