思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼, とは, 意味, ご利益, 信仰, 神社, 神話
タイトル:思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神・思兼のご利益や信仰する神社を解説
神道用語

思兼(オモイカネ)の意味

思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼(オモイカネ)は、日本神話に登場する神で、その中でも 知恵や文神を司る神です。

思兼とは、「数多くの人々の知恵と思慮を兼ね備える」の意味があります。また、思想や思考、知恵を神格化したものと考えられています。

思兼の別称

思兼は様々な別称があり、八意思兼神(ヤゴコロオモイカネノカミ)思兼神 ・思金神(どちらも読みはオモイカネノカミ)常世思金神(トコヨノオモイカネ)ともいいます。

常世から訪れて長寿・富・幸福をもたらす『常世の神様』とも記されています。

古事記では思金神常世思金神。日本書紀では思兼神、先代旧事本紀では思金神常世思金神思兼神八意思兼神八意思金神と表記が違います。

ポイント
  • 思兼(オモイカネ)とは、日本神話に登場する神で「数多くの人々の知恵と思慮を兼ね備える」の意味があります。
  • 思兼の別称には、八意思兼神(ヤゴコロオモイカネノカミ)思兼神 ・思金神(どちらも読みはオモイカネノカミ)常世思金神(トコヨノオモイカネ)があります。

思兼にまつわる神話

思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼は日本神話で「天岩戸」に引きこもる天照大御神(アマテラス)を外に出すために様々な提案をし、作戦を立て、それを成功させた場面に登場します

その作戦というのは、

  1. 常世の長鳴鳥(トコヨノナガナキドリ=鶏)をなるべく多く集めてくること。
  2. 天の安河の川上から鉄や鉱物を使って伊斯許理度売命(イシコリドメノミコト)に大きな『八咫鏡(ヤタノカガミ)』を作ってもらいました。
  3. 玉祖命(タマノオヤノミコト)に、たくさんの勾玉を長く連ねた『八尺瓊勾玉(ヤサカニノマガタマ)』を作ってもらいました。
  4. 天児屋命(アメノコヤネノミコト)と布刀玉命(フトダマノミコト)に頼み、天香山の牡鹿の肩の骨を焼いて占い(太占)をしてもらい、一連の儀式を行うのに最も良い日取りを決めることになりました。
  5. 根から掘り起こした賢木(サカキ)の枝に八尺瓊勾玉と八咫鏡と布帛をかけ、布刀玉命に捧げ持たせました。
  6. 天児屋命が祝詞を唱える役になり、顔をのぞかせた天照大御神を引きずり出すために天手力雄神(アメノタヂカラヲ)が岩戸の脇に立たせました。
  7. 作戦決行の日に天宇受賣命(アマノウズメ)を呼び寄せ、伏せた桶の上で踊ってもらいました。

天宇受賣命の踊りに八百万の神が一斉に笑い、その盛り上がる様子を見ようと天照大御神が顔を出し、思兼による作戦は成功します。その活躍により思兼は知恵の神様として信仰されているのです。

ポイント

  • 思兼は、日本神話で「天戸岩」に引きこもった天照大御神を外に出す作戦を考え、成功させました。
  • その活躍により思兼は知恵の神様として信仰されています。

思兼のご利益

思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼(オモイカネ)とは?知恵を司る神のご利益や信仰する神社を解説

思兼のご利益には、学問・入試合格、出世開運、技術向上、家運隆昌、木工職人守護などがあります。

中でも学問・入試合格を祈願し、参拝に訪れる方は多くいらっしゃいます。

木工職人守護というのは、思兼のもう一つの表記「思金神」という名前から、大工の道具の曲尺(カネジャク)とつながり、建築関係でご利益があると考えられています。

ポイント

  • 思兼のご利益は「学問・入試合格」、「出世開運」、「技術向上」、「家運隆昌」、「木工職人守護」です。

思兼を信仰する神社

思兼が祀られている主な神社です。

①秩父神社

住所:埼玉県秩父市番場町1-3

神札授与所は8:30~17:00です。

②戸隠神社

住所:長野県長野市戸隠3506

9:00〜17:00 中社に祀られています。

③地主神社

住所:京都府東山区清水一丁目317

9:00〜17:00 主祭神ではなく相殿神として祀られています

その他思兼を祀る神社

  • 阿智神社(長野県)
  • 安布知神社(長野県)
  • 思金神社(神奈川県)
  • 気象神社(東京都)
  • 五字神社(大阪府)
  • 津門神社(兵庫県)
  • 三条八幡神社(兵庫県)
  • 高濱神社(島根県)
  • 天安河原宮(宮崎県)
  • 八意思兼神社(神奈川県)
  • 若宮神社(滋賀県)
  • 蟻通神社(和歌山県)

編集部
この記事と併せて関連記事もご覧下さい。

天照大神とは?天皇の祖神とされる女神を知ろう!天岩戸の神話も紹介

2018.08.31

国津神と天津神とは?日本神話に登場する神々の分類を解説

2018.09.24

思兼についてまとめ

自然を司る神様が多い中、「知恵・思考・思慮」という概念を神格化した神様として様々な神社で信仰されている思兼神は、高天原を主導する高御産巣日神(タカミムスビ)の子でもあります。思兼と関わりの深い神様は、天岩戸に出てくる天照大神(アマテラス)や天鈿女命(アメノウズメ)、天手力男神(アメノタヂカラオ)などがあげられます。

思兼は日本神話の中の重要な場面に貢献している神様です。受験や大事な試験など控えた方はぜひ参拝してみてはいかがでしょうか?また長寿や富、幸福をもたらす神様でもあるので、皆さんも是非一度足を運んでみてくださいね。

思兼(オモイカネ)についてのメモ

思兼(オモイカネ)についてのメモ

この記事へのコメントはこちらへどうぞ

編集部
おすすめ関連書籍はこちら!