>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

宇迦之御魂神(ウカノミタマ)とは?お稲荷さんのご利益や真言を解説

宇迦之御魂神(ウカノミタマ)とは?お稲荷さんのご利益や真言を解説

様々な信仰と混ざり合いながら、今も続いている宇迦之御魂神(ウカノミタマ)信仰。宇迦之御魂神はどのように稲荷神社として日本全国に浸透していったのでしょうか?宇迦之御魂神の本来の意味や神話、そしてご利益などを解説しています!

    宇迦之御魂神(ウカノミタマ)の意味

    宇迦之御魂神,ウカノミタマ,意味

    宇迦之御魂神(ウカノミタマ)の意味

    「宇迦之御魂神(ウカノミタマ)」とは日本中で広く知られている「お稲荷さん」の主祭神の一柱です。
    一般的には商売繁盛の神として認識されていますが、実はもともと五穀豊穣の神だったことが稲荷(いなり→稲を運ぶ)という名前からわかります。
    「ウカ」とは穀物、特に日本人の主食である稲を意味する言葉で、日本書紀では「倉稲魂」と記載されていますが、ウカノミタマと読みます。
    つまり、穀物や収穫した稲を保存する貯蔵庫そのものを神格化した存在が「ウカノミタマ」なのです。

    宇迦之御魂神の別称

    宇迦之御魂神には別名がいくつかあります。

    • 宇迦之御魂神(ウカノミタマノカミ)
    • 倉稲魂命(ウカノミタマノミコト)
    • 稲荷神

    ウカノミタマの読み方とは異なる「稲荷神」が同じ神を指すのは、伏見稲荷大社の主祭神として祀られていることに起因します。
    ちなみに、歴史文献などにウカノミタマが「稲荷神」として登場しはじめるのは室町時代以降です。
    それ以前には穀物を意味する「ウカ」や「ウケ」、「ケ」の音を神名に持つ五穀豊穣の神々と教義が混同し、同一神と見なされることもありました。
    豊宇気姫尊(トヨウケビメノミコト)や保食神(ウケモチノカミ)、三狐神(ミケツカミ)などがその例です。

    宇迦之御魂神の意味

    • 宇迦之御魂神は伏見稲荷大社の主祭神の一柱であることから稲荷神としても知られています。
    • 五穀豊穣を神徳とする他の神々と同一視されることが多いです。

    宇迦之御魂神にまつわる神話

    宇迦之御魂神が初めて登場する文献は「古事記」です。須佐之男命(スサノオ)とその後妻、神大市比売命(カムオオイチヒメ)との間に生まれ、大年神(オオトシノカミ)という年穀の神を兄に持っています。両親の須佐之男命と神大市比売命が飢えに苦しんでいたときに産まれたため、飢えたときに授かった宝として、宇迦之御魂神は豊穣の神徳を知られるようになりました。
    しかし、宇迦之御魂神について詳しく知ることの出来る神話はあまり残っていません。
    意外なことに、宇迦之御魂神は「古事記」や「日本書紀」で名前しか記されていない、未知の部分が多い神なのです。

    宇迦之御魂神にまつわる神話

    • 古事記には宇迦之御魂神が、須佐之男命(スサノオ)と神大市比売命(カムオオイチヒメ)が飢えていた時に授かった宝のような子供であったことが記されています。

    宇迦之御魂神のご利益

    Photo bysasint

    宇迦之御魂神は元来、五穀豊穣を神徳に持つ農耕神として知られていました。
    一年の天候が優れなければ飢饉(ききん)が起こるような厳しい生活の中で、食べ物に困らないことが家の繁栄の証となった事は想像に難くありません。
    農耕から飢えのない安定した経済力を願う人々からも五穀豊穣の神「宇迦之御魂神」は神徳を広げ、商売繁盛の神としても民間に浸透していったのです。
    また、稲荷神の眷属(けんぞく)である狐に関連して、神道の稲荷神は仏教神の荼枳尼天(だきにてん)と混同されたまま一般に認知されていきました。
    宇迦之御魂神は五穀豊穣、商売繁盛のご利益だけではなく、今では怨霊退散、病気平癒、開運出世などのご利益でも知られるようになっています。

    宇迦之御魂神の真言

    Photo byGDJ

    実は、宇迦之御魂神の真言というものは存在しません。
    荼枳尼天の真言を稲荷信仰に取り入れた「稲荷心経」という偽経はあるものの、宇迦之御魂神の真言という形ではないのです。
    ちなみに稲荷心経では、最期に稲荷真言「オン キリカク ソワカ」を唱えますが、これは荼枳尼天の真言から引用したものです。
    荼枳尼天はもともと仏教の尊格ですが、鎮守稲荷として信仰を集め、徐々に稲荷と同一視され、習合されていきました。
    そのため、荼枳尼天の真言が宇迦之御魂神の真言として流布するようになったのでしょう。

    宇迦之御魂神のご利益

    • 宇迦之御魂神は稲荷神、そして荼枳尼天と習合していったため、ご利益を多く持っています。
    • ご利益は五穀豊穣と商売繁盛のほかに、怨霊退散、病気平癒、開運出世など多くのご利益があります。
    • 宇迦之御魂神の真言というものはなく、荼枳尼天の真言と混同されているようです

    宇迦之御魂神を信仰する神社

    Photo bykgohsend

    宇迦之御魂神を主祭神とする神社を見ていきましょう!

    稲荷神として祀っている神社

    51e2vp6rr0l

    伏見稲荷大社 (日本の古社)

    • 伏見稲荷大社(京都府)
    • 笠間稲荷神社(茨城県)

    その他全国の稲荷神社

    宇迦之御魂神として祀っている神社

    • 小津神社(滋賀県)
    • 小俣神社(三重県)
    • 葭原神社(三重県)

    三重県伊勢市に多いです。

    宇迦之御魂神について知り、お稲荷さんにお参りしよう

    宇迦之御魂神,まとめ
    宇迦之御魂神は古事記に登場するが、五穀豊穣のご利益からお稲荷さんと、狐のイメージからダキニ天と習合し、現在の稲荷神社として全国に浸透している。

    文献に多くは登場しないものの、現在では日本全国で祀られるようになった宇迦之御魂神。その背景には、稲荷神や荼枳尼天と同一視されたことによって広がったご利益が理由にあったのです。
    現在、宇迦之御魂神として祀っている神社は多くはありませんが、稲荷神に名前を変えて民間に浸透し、宇迦之御魂神信仰は途絶えることなく生き続けています。この機会にぜひ、身近に数多くある稲荷神社のルーツ、宇迦之御魂神を祀る神社に訪れてみてはいかがでしょうか?

    編集部

    編集部

    延喜式祝詞では豊受大神(トヨウケノオオカミ)の別名として宇迦之御魂神が登場します。関連記事では豊受大神をご紹介します!

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 3.7 / 5(合計7人評価)

    関連記事

    人気の記事