LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

「勧請」とは?仏教に由来する神道用語の意味について解説します

「勧請」とは?仏教に由来する神道用語の意味について解説します

「勧請(かんじょう)」とは仏陀に請い願うときに用いられる仏教用語ですが、日本では神仏習合の歴史を経る中で、神道の用語として独特な広がり方をしました。勧請されて全国に浸透した神社の隆盛からは、ご利益を求める人々の営みがうかがい知れます。この記事では仏教と神道によって勧請の意味や由来の違いを詳しくご紹介します。

記事の目次

  1. 1.「勧請」とはどんな意味?
  2. 2.勧請の由来
  3. 3.勧請の例
  4. 4.勧請についてまとめ

勧請の例

愛宕権現の名で親しまれている

商業・殖産の稲荷信仰と守護神の八幡信仰は神社の数を競うほどに発展します

他に伊勢神や諏訪神、熊野神なども現在でも有名です。

以下は勧請に際して個性的だった神社の例です。

アマテラス

アマテラス

稲荷神社や八幡神社の他には、以下のような神社が、勧請によって全国に広まりました

  • 諏訪大社(すわたいしゃ)…狩猟神、農耕神の諏訪大神はご神体の薙鎌(なぎがま)を受けて勧請されます。
  • 熊野神社…約束事の護符として知られる熊野牛王宝印(ごおうほういん)を全国に頒布しました。
  • 愛宕神社(あたごじんじゃ)…勝軍地蔵を本尊としているため、徳川家康が江戸城西方に愛宕山神社を建立、各地に愛宕山大権現が勧請されました。

中には大衆の支持を得るため、人気の高い流行神(はやりがみ)を変遷する神社も見られます。

勧請と屋敷神

アマテラス

アマテラス

他にも、お屋敷の裏庭などに祠を建て稲荷神や八幡神を勧請する風習もあります。
これを「屋敷神」といいます。

勧請についてまとめ

神社に掲示されている「縁起」には、建立の時期やきっかけ、祀られている神様など、その神社の由来が説明されています。

神社が本源でないなら、何らかの理由でその地に勧請されたのです。

どんな事情から神様は招かれたのか、何を怖れ、どんなご利益を願ったのか、当時の人々の思いに触れるため、お住まいの地域の稲荷神社や八幡神社に足を運んでみるのはいかがでしょうか。

前へ
アカシックレコードへのアクセスが、7月限定で無料!? 宇宙が誕生した時からの、全ての記憶が眠っているとされる、アカシックレコード。 タロットカードを用いてアカシックレコードへアクセスする特殊なリーディングが、7月限定で初回鑑定が無料! アカシックタロットで運命を読み解く

関連記事

人気の記事