丑年・寅年の守護本尊 虚空蔵菩薩とは?空海上人も修行した虚空菩薩求聞持法も解説

虚空蔵菩薩
虚空蔵菩薩
仏教

虚空蔵菩薩とは

虚空蔵菩薩は京都の東寺などに祀られており、密教の中でとくに大切にされている仏様です。

虚空蔵とは宇宙の無限の叡智を貯めている蔵を意味し、虚空蔵菩薩は問題に悩み、知恵を求める人々に、ドラえもんのように虚空蔵から知恵を出して救います。

いわゆる、何もない=虚空=空 から知恵を出すというのは、不足や足りないものがあるから人間に知恵が出るということにも綱が態て、斎藤一人さんの「覚悟の話」に収録されている無を活かす とつながっているように思います。

(般若心経の空即是色というやつですね。)

虚空蔵菩薩の真言(マントラ)の効果・ご利益

虚空蔵菩薩の真言は

オン・バサラ・アラタンノウ・オン・タラク・ソワカ

で、これを唱えると、頭脳明晰になることをはじめだいたい全てのご利益(家内安全、商売繁盛など)があるとされています。

また、空海上人が100万回以上唱え、超人的な記憶力を授かったとされる「虚空蔵求聞持方」という真言もあります。

空海上人も修行した虚空蔵求聞持法

空海上人といえば知らない人のいない、日本の密教の体系を作り上げた偉人ですが、じつは30歳くらいまではとくに何の成果も残さず山の中で修行に明け暮れていました。同時代のエリート僧、最澄が若くして地位を得ていたのとは対照的です。

その空海は旅の僧から虚空求聞持法を会得し、現在の高知県室戸岬にある御厨人窟という洞窟にこもり、100万遍この真言を唱えます。

空海 御厨人窟 虚空蔵求聞持法

御厨人窟

そうすると、あるとき明けの明星がまばゆい光の玉となって、空海の口に飛び込み、以来空海は超人的な記憶力を体得したとされています。

このお話は、斎藤一人さんの光の玉のお話(あめのみなかぬし様)と少し似ており、とても興味深いなと思います。

ノウボウ アキャシャ ギャラバヤ オン アリキャ マリ ボリ ソワカ

虚空蔵菩薩は丑年・寅年の守護本尊

日本には十二支のそれぞれに守護本尊というその干支の人を特別に守護してくださる仏様がいます。

虚空蔵菩薩様は寅年・丑年の守護本尊なので、寅年・丑年の人はとくに虚空蔵菩薩様を大切にしましょう。

大きなご利益があります。

自分の守護本尊から守護を得るには、その守護本尊のマントラを唱えたり、守護本尊のお守りを身につけると最高の効果を得られます。

アマゾンなどで1000円程度で売っているカードでも、自分の守り本尊と縁のあるグッズを財布などに入れておくと、運気がとてもよくなりますのでオススメです。

また、余裕がある方にとてもオススメなのは、この純銀の虚空蔵菩薩お守りです。最高級の銀を高岡の職人さんが一体一体手作りしており、本物のオーラがあります。

また、銀自体に魔除けの効果があるので、破魔の効果もあり、厄年の方にとくにおすすめできます。

自分の守護本尊のことをよく知ると、お寺参りに行くときもそこになんの仏様が祀ってあるのかに自然に興味が持て、毎日が楽しくなります。

自分を特別に守ってくれる存在を大切にすると、仏様も喜んで大きな力を貸してくれますよ。

平成31年の丑年の運勢は?2019年の丑年の恋愛・金運・仕事・健康について

恋愛の悩みに効果あり 愛染明王の真言で恋愛運を高め愛を成就する

あなたを特別に守ってくれる守護本尊(守り仏)について知っていますか?