>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

おりんとは?漢字でどう書く?意味や作法を解説

おりんとは?漢字でどう書く?意味や作法を解説

おりんとは、仏具のひとつ。寺院で使う大きなものから、家庭で使う手のひらに乗るサイズまであります。おりんの意味は"鳴りものの鈴"、漢字では"鈴"や"輪"など。おりんの作法は仏教宗派で違いがありますが、最近では仏事以外に鳴らすライフスタイルも広まっています。この記事ではおりんの意味、漢字表記、役割、作法などを解説します。

    おりんの意味

    おりんの意味 京都の職人によるおりん

    おりんの意味 京都の職人によるおりん

    仏壇の前でお経を唱える時、手のひらサイズでお椀型の金属を叩くことはありませんか?チーンという耳障りのいい音が特徴のこの仏具をおりんと呼びます。

    おりんはもともと禅宗が最初に使ったと言われています。禅宗が正式に伝わった鎌倉時代以降、お坊さんがお経を唱える時の合図のために音が出る仏具(鳴物)として使用され、江戸時代以降一般にも広く知られるようになり、現在では多くの宗派で読経と一緒に使われるようになりました。

    おりんを漢字で書くと?

    一般的に「おりん」は漢字で『鈴(りん)』、または『輪(りん)』とも書きます。天台宗・浄土真宗では『鏧(きん)』、浄土宗では『小鏧(しょうきん)』と書きます。

    ポイント

    • 「おりん」はお経を唱える時に使われる鳴物の仏具です。
    • 「おりん」を漢字で書くと『お鈴』です。

    おりんの役割

    おりん 加古川市鶴林寺

    おりん 加古川市鶴林寺

    現在、おりんには、”りん”と響き渡る音が極楽浄土まで伝わる、という意味が込められていますね。

    しかし、本来おりんが持つ役割とは「お経を読み始めますよ」、複数あるお経の一節が「ここで一区切り終わりますよ」という箇所で音を鳴らして合図する鳴物なのです。そのため、経典にはおりんを鳴らすタイミングが記されています。

    寺院では、お坊さんが太いりん棒でおりんを叩きながら読経を始めますが、読経の声の高さやテンポを一定にする役割も持っているのです。

    またおりんは鳴り物であることから、”よく響く”ことが求められます。

    正倉院に伝わる西方伝来の銅鑼(どら)は銅と錫の合金である砂張(さはり)でできていますが、家庭用のおりんも砂張や金、シルバーなどさまざまな原材料で作られます。最近は”一口饅頭”ほどの小さなおりんもありますが、ぜひ気に入った音色のものを所望するといいでしょう。

    ポイント

    • おりんの役割とは、経典の唱え始めや一区切り終わる合図を知らせるために鳴らします。
    • 寺院でお坊さんが読経を唱えるとき、音叉の役割とテンポを一定に整える役割があります。

    おりんの正しい作法

    おりんの正しい作法とは?

    おりんの正しい作法とは?

    おりんの作法は、宗派によってさまざまです。気になる人は菩提寺で聞いてみるのが安心ですね。

    • 禅宗と曹洞宗・・・仏壇のろうそくに火を灯し、お線香を1本上げてからおりんを3回鳴らし合掌。念仏を唱えたあとで再び3度おりんを鳴らして合掌一礼。
    • 真言宗・・・仏壇を拝む際に2度おりんを鳴らし、念仏を唱えお線香を3本上げます。
    • 臨済宗・・・3度おりんを鳴らし、念仏を唱え1本お線香を上げます。

    ところで、おりんは仏壇でのお参り以外では”鳴らしてはいけない”ものでしょうか?

    「気に入った音色のおりんを購入しても、お参りの時しか鳴らせない」そんな決まりは皆無です。せっかく自分で選んだおりん、その音色を聞くことで心が穏やかになるなら、いつ鳴らしても問題はありません。しかし、おりんを鳴らしたときには、一緒にお経も唱えると良いでしょう。心の中だけで読経するのも良いです。

    経典には亡くなった故人に向けた内容だけでなく、残された家族や故人縁のあった人々が今後どう生きるかについても説いています。日々、お経の一節に目を向けることで、自分の物差しよりも広い世界観で考える機会も得られます。おりんとワンセットで、ぜひお経にも触れてみましょう。

    ポイント

    • おりんの正しい作法とは、宗派によって細かく変わるので菩薩時で確認してから行いましょう。
    • おりんは仏具だけでなく、心を癒したいときに鳴らすライフスタイルも増えています。
    • おりんの音色を楽しむのと一緒にお経も唱えてみましょう。
    編集部

    編集部

    関連記事では禅問答の意味を解説!人生のヒントを得ませんか。

    おりんについてのまとめ

    現在は、多くの宗派でも仏事のときに使われるおりんは、元は禅宗が経典を唱える時に使った鳴物の仏具でした。

    読経の最初と最後に鳴らされ、現在は故人が成仏する願いを響きに乗せて極楽浄土へ届ける役割があると認知されてきています。しかし、本来のおりんの役割とは、お経を唱えるお坊さんへの合図として使われていました。そのため多くの宗派の経典にはおりんを鳴らす箇所が指定されています。

    おりんの音色が心を癒すという方が増え、本来の使いとは異なっておりん単独で使用するように変わってきました。しかし、各宗派の経典には故人への内容の他に、残された家族や縁のあった人々に向けた内容のお経もあります。ご自分の宗派の経典を開き、心穏やかに過ごせるように、おりんの美しい響きと一緒に、まずはお好きな一節を唱えてみるのはいかがでしょうか。

    ライターメモ

    編集部

    編集部

    おすすめ関連アイテムと書籍はこちら!

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事