1ページ 2ページ

信女とは?仏教で女性の戒名の最後につく言葉について解説

信女とはどういう意味?
信女とはどういう意味?
仏教用語

信女(しんにょ)とは?女性の戒名の最後につく語

故人,思い

故人への思い

「信女」とは、成人女性に付けられる戒名の一部で、位が高いわけではありませんが大多数の仏教徒に授けられる位号です。信女は主に浄土宗・浄土真宗・真言宗・日蓮宗・天台宗・曹洞宗・臨済宗でよく見られますが、宗派によっても違うようです。

現在では、亡くなった後につけられる仏の世界における故人の名前を戒名といいますが、元々仏教が中国から伝えられてきた当初は、戒名と言うのは優れた人に与えられる称号で生前に授けられていました。戒名をいただき俗名を捨てることで、仏教徒として生きる証としていたようです。

戒名を授かるということは成仏したことを意味しますので、法要などで戒名が読まれることは故人にとって重要な意味を持っています。

仏の世界は平等と言われますが、戒名にはランクがあるようです。神社仏閣に貢献したりや社会や人々へ多大な良い影響を与えた者には、戒名に特別な漢字が使われます。そのため、戒名を見ると故人の生前の生き方や考え方を垣間見ることができます。

本来は先祖代々つながりのある御住職から金銭に関係なく戒名を付けてもらうものですが、近年では戒名の位によって戒名の料金が違っていたり、高額な金銭を払うことで希望の戒名を付けてもらう人もいるようです。このような状況の中で、戒名と金銭との関係を問題視するお寺関係者も現われました。

ポイント

  • 女性に付けられる戒名で、一般的に用いられる位号の漢字が「信女」です。
  • 戒名は、中国から伝えられた当初は生前に称号として授けられ、仏教徒として生きる証とされていました。
  • 戒名を授かることは、成仏する意味合いがあります。
  • 信女の読み方は「しんにょ」

編集部
 関連記事として仏壇や仏事に用いられる「しきみ」についてご紹介します

しきみ(樒)とは?仏壇に飾る植物を画像付きで紹介!しきみを飾る宗派についても!

2018.08.16

信女を含む戒名の構成

皇居

戒名の最高位とされる院号」が戒名のトップに来ます。次に「道号」が続き、道号の次に「戒名と位号」が構成されています。

仏の世界は皆平等であることから、昔は戒名を位に関係なく2文字と決められていました。現在では、戒名を四字としたり六字を付ける宗派もあるようです。

院号は誰でも簡単に付けてもらえるものではなく、戒名に書かれている院号を見て格式や位の高さを感じる人は多いでしょう。

戒名の最後を飾るのが位号ですが、信女は位の低さに係わらず一般的に多く用いられています。戒名の長さは仏様によっていろいろですが、8文字前後の長さが一般的のようです。

院号

院号・・・戒名のトップに書かれ、格式高い称号です。
戒名の中でも最高位を表し、お寺や社会に対して大きく貢献し、時代やその土地に影響を与えた人に贈られます

この院号の「院」は、昔天皇が住んでいた宮殿(○○院と呼ばれていた)の院からきたもので、天皇や歴史を彩る将軍に付けられていたようです。

道号

道号・・・院号の次にくるのが道号です。
禅宗の僧侶は、お堂に篭って座禅の修行に励んでいました。道号はこのお堂に由来しており、仏教に精進した人へ与えられる称号です故人の悟りの状態や願いが表現されることがあります。

また、書道や茶道など故人の精進した特長や仕事、性格を表す漢字を入れることもあり、道号が加わると戒名に格式や個性をプラスさせる要素となります。道号は、成長の途中である未成年者や幼児には用いられません。

戒名

戒名・・・故人である仏を象徴する名前で、道号の次に位置します。
戒名を授かると故人が成仏できるという意味合いになります。先祖代々続く漢字(通字)や尊敬する人の漢字を用いることもあるようです。また、生前の自分の名前の一文字を用いたり、宗派に関係する文字が用いられることもあります。

現代でも戒名を生前に授ける行為は行われており、「生前戒名」と呼ばれています。宗派によって生前戒名の言い方はさまざまで、浄土宗では「五重相伝」、真言宗や天台宗では「授戒・結縁・灌頂」、浄土真宗においては「帰敬式(おかみそり)」と呼ばれています。

位号

位号・・・仏教への帰依度合いによって位がわかれ、年齢を細かく区切って用いられる言葉が決められています。昔は階級を表すものだったようです。信女はこの位号に含まれます。

ポイント

  • 現在では、戒名の上に付いている位を表す院号や道号を含め、戒名の下に付いている位号までを戒名と思っている人が多いようです。
  • 信女は位号の種類の一つで、位号の中でも一番多く用いられる漢字です。

信女の男性版は?

成人女性に使用される位号を信女」と言うのに対し、成人男性に使用される位号を「信士」と呼びます。

サンスクリット語upasakaを漢字に音写して優婆塞(しんじ)となり、優婆塞が信士となりました。優婆塞は「礼拝する」や「使える」という意味を持っていることから、信士を戒名の位号として用いるようになったようです。

江戸時代では下級武士に位号は使われ、一般庶民の男性には善男、女性には善女という位号が使われていたようです。

ポイント

  • 信女は女性に、信士は男性に用いられる位号です。
  • 信士は、サンスクリット語upasakaを漢字に音写した優婆塞(しんじ)から生まれました。

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth