LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

水蛭子(ヒルコ)とは?淡島(アワシマ)との関係やご利益、神話を解説

水蛭子(ヒルコ)とは?淡島(アワシマ)との関係やご利益、神話を解説

イザナミとイザナギの最初の子でありながら、不完全として海に流された水蛭子(ヒルコ)とは?淡島との関係や、古事記には書かれていないその後の水蛭子に迫ります。水蛭子のご利益や、水蛭子を信仰している神社もご紹介!

記事の目次

  1. 1.水蛭子(ヒルコ)の意味
  2. 2.水蛭子にまつわる神話
  3. 3.水蛭子のご利益
  4. 4.水蛭子を信仰する神社
  5. 5.水蛭子についてまとめ

水蛭子(ヒルコ)の意味

水蛭子,意味

水蛭子(ヒルコ)とは、「水蛭(ヒル)のような子」
水蛭子は神として未熟な形で生まれました。ヒルのように骨がなかったのか、手足がなかったのか。古事記に詳細は書いてありませんが、ヒルにたとえて名付けられました。

諸説には、ヒルコを「日る子」と書き、太陽の御子だったとする説もあります。
古事記に登場する太陽の女神、天照大御神(アマテラスオオミカミ)は別名ヒルメ。
ヒルメが太陽の女性ならば、ヒルコを太陽の男性とする解釈もあるのです。
このように、水蛭子は太陽神と関係があったと考えられる要素は少なくないようです。
 

水蛭子の別称

現在、水蛭子(ヒルコ)は恵比寿様として、多くの人に親しまれています。

蛭子は、エビスと読むこともできます。
エビスには戎、夷、笑眉 と書く場合があり、時代と状況により変化してきたのです。

水蛭子の祭神としての呼ばれ方は以下の通りです。

  • 水蛭子神、蛭子神
  • 蛭子(ヒルコ、エビス
  • 恵比寿、恵比須
  • 蛭子命(ひるこのみこと)
  • 戎大神(えびすおおかみ)
  • 西宮大神(にしのみやおおかみ)

ポイント

  • 水蛭子は「水蛭(ヒル)のように体が不完全な子」、または太陽の御子を意味する「日る子」。
  • 水蛭子は恵比寿様と同一視されるようになった。

水蛭子にまつわる神話

水蛭子,神話

水蛭子は、伊耶那岐神(イザナギ)と伊耶那美神(イザナミ)の子として古事記と日本書紀に登場します。
 

 
  生まれた順
 
        
        容貌
  
  船の形状

 古事記
 
   第一子  完全でない姿
  解釈:ヒルのような姿
   葦の船

 日本書紀
 
   第三子  三年経っても足腰が立たない
  解釈:人間の姿
  堅い木の船



不完全な体は忌むべきものとされ、海に流すことで浄化をはかったのです。
葦には不浄を流す力があるとされていました。

アマテラス

アマテラス

水蛭子は流された後、どうなったのでしょうか?古事記や日本書紀には書いていないのです。


水蛭子は不浄とされ海に流された説ともう一つ、高貴だったからこそ流された説があります。
水蛭子は神として戻ってくる運命にあった、という考えです。
「日る子」だったという説、日本書紀では木の船に入れられて流されたことが関係しています。

実際に、水蛭子の民間伝承が日本各地に残っています

水蛭子は、海を渡って流れ着いた先で戎三郎(えびすさぶろう)と呼ばれ、そこにいた人々に大切に育てられたというものです。
そして戎三郎は、のちに戎大神として知られるようになったのです

織田作之助

織田作之助

なぜ水蛭子は一度流されなければならなかったのだろうか…?

1.儀式の失敗

この頃、性交は神聖な儀式。正式な作法のもとに行われるものです。それは男性が先に女性に声をかけるというもの。しかし、イザナギとイザナミはその順序を逆にしてしまいました。イザナミが先に声をかけてしまったのです。
 

2.近親相姦

イザナギとイザナミは兄弟です。つまり水蛭子は近親相姦で生まれた子。タブーをおかすと不浄の子が生まれることを示し、それを伝えるために書かれたともいわれています。

水蛭子と淡島(アワシマ)

実は、イザナギとイザナミの間に産まれた不完全な神は、水蛭子だけではありませんでした。
水蛭子の次に生まれた「淡島(アワシマ)」 
淡島を産んだ後、二神はほかの神々に相談し、ふたたび儀式をやり直します。

「アワ」は心に不満がある、という意味です。
神話では、水蛭子と同じく神として認められていません。
淡島は現在、島として考えられています。
以前は、淡島も全国の神社で祀られていました。しかしその多くが明治時代の政策(神仏分離)で主祭神を別の神に置き換えられてしまったようです。

 

ポイント

  • 水蛭子は伊耶那岐神(イザナギ)と伊耶那美神(イザナミ)の間に生まれた最初の子だったが、不完全だったので子には数えない。
  • 水蛭子が流れ着いたという伝承は各地に残っており、その後戎大神として知られるようになった。
  • 水蛭子の次に産まれた淡島も不完全だった。

水蛭子のご利益

水蛭子,ご利益

七福神の代表格として知られる恵比寿様と同一視される、水蛭子のご利益を紹介します。

海に流された水蛭子は、漁師たちを中心に海神として信仰されるようになり、戎大神へと変わっていったようです。

 

  • 豊漁守護
  • 航海安全
  • 商売繁盛
  • 福徳円満
  • 交易守護・・・など。

水蛭子を信仰する神社

水蛭子,信仰,神社

全国に恵比寿神社は数多く存在しますが、そのすべてが水蛭子を祀っているわけではないため注意。
恵比寿様と同一視されている神々は、水蛭子の他にもいるのです。

それらの神はこちらです。

  • 事代主(コトシロヌシ)
  • 少彦名(スクナヒコナ)

水蛭子を信仰している主な神社は以下の通りです。
 

  • 西宮神社(兵庫県西宮市)
  • 和田神社(兵庫県神戸市)
  • 蛭子神社(神奈川県鎌倉市)
  • 須部神社(福井県遠敷郡)
・・・など

 

水蛭子についてまとめ

水蛭子,まとめ

国を生んだ伊邪那岐神伊邪那美神の最初の子にして、不完全な神「水蛭子」
神話では、神として認められず、子の数に入れられませんでした。
ですが、海に流された水蛭子のその後は民間で語り継がれ、今では恵比寿様として全国で祀られる人気の神様です。
この機会にぜひ恵比寿神社に参拝したいもの。お参りの際は主祭神が水蛭子かどうか確かめてから行くと良いでしょう。

水蛭子,まとめ

水蛭子についてまとめ

編集部

編集部

日本神話に登場する武神について興味のある方はこちらも併せてご覧ください!

編集部

編集部

おすすめの関連書籍はこちら!

この記事へのコメントはこちらへどうぞ

人気の記事