>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ツクヨミノミコトとは?夜を司る神を祀る神社やご利益を解説

ツクヨミノミコトとは?夜を司る神を祀る神社やご利益を解説

ツクヨミノミコトとは日本神話に登場するアマテラスオオカミの弟神として有名です。夜と月を司り、私達に月日の巡りを月の満ち欠けで教えてくれます。今回はそんなツクヨミノミコトの名前の意味と、神話やご利益、ツクヨミノミコトを祀る神社をご紹介します。

    ツクヨミノミコトは、古事記ではイザナミが産んだアマテラスオオカミ、スサノオと共に「三貴子」として知られています。今回はツクヨミノミコトの別称や、神話、ご利益などを解説します。

     

    ツクヨミノミコトの意味

    ツクヨミノミコト

    ツクヨミノミコト

    ツクヨミノミコト「ツク」とは、月の古語であり、ヨミとは「一つずつ数える」という意味です。江戸時代までは月日の巡りを月の満ち欠けを使った太陰暦を使っていました。ツクヨミノミコト月日を月の満ち欠けで知らせる神として知られています。また、植物の生育や海の満ち引きも月が関係する事が多い事から、より収穫物が採れるように、月を使って知らせます。

    ツクヨミノミコトの別称

    伊勢神宮や、月読神社など月読命を祀る神社では「ツキヨミ」と呼ばれ、祀られています。日本書記では月夜見尊、月弓尊(ツキユミノミコト)、万葉集では月余美と表記されています。

    ポイント

    • ツクヨミノミコトは月日を月の満ち欠けで人々に教え、食物や漁業の収穫がより良く出来る様お知らせしてくれる神様
    • ツクヨミノミコトの別称は「ツキヨミ」など様々ある

    ツクヨミノミコトにまつわる神話

    日本書記

    日本書記

    ツクヨミノミコトにまつわる神話は、アマテラスオオカミなどの他の神様と違い比較的少ないのですが、ツクヨミノミコトの話で代表的なものとして、日本書記の昼と夜が出来た話が挙げられます。

    ある日、アマテラスオオカミがツクヨミノミコトに食物や穀物を司る保食神(ウケモチ)と対面を命じました。保食神はツクヨミノミコトにおもてなしとして食べ物を出したのですが、そのおもてなしから出た食べ物は、保食神の口などから出た料理だったのです。

    その事にツクヨミノミコトが「けがわらしい」と激怒し、剣で保食神を殺してしまいます。アマテラスオオカミは「それは保食神流のおもてなしの仕方である」と、ツクヨミノミコトが保食神に対する行為を怒り、「ツクヨミノミコトと一緒に行動したくない」と、昼と夜は分けて出る様になりました。

    そこから、ツクヨミノミコトの登場シーンが神話では少なくなるのですが、ツクヨミノミコトが日本神話などでの出番が少ない理由をアマテラスオオカミの関係が「陽と陰」の関係だからであると話す人もいます。

    例えば、アマテラスオオカミが天岩戸に隠れた際、世界中が真っ暗になりました。ツキヨミノミコトが月明かりを提供することで、神々の会議が実現でき、アマテラスオオカミ天岩戸から出すことが出来たのです。

    ツクヨミノミコトは私達の知らない所で、影ながら沢山の活躍をしてきたのでしょうね。

    ポイント

    • ツクヨミノミコトが出てくる神話は少ないが、アマテラスオオカミを陰ながら支え続けているとの説がある

    ツクヨミノミコトのご利益

    小松菜畑

    小松菜畑

    ご利益としては農業・漁猟の収穫物が多いように祈願する為五穀豊穣海上の安全が挙げられます。

    古来から農業の分野では、例えば小松菜は満月の日にするとよい収穫物が出来る。イチゴは半月を過ぎ、満月に向かい始める時期に定植するなど、月の満ち欠けにより、収穫物の種まきや定植をすると良いという言い伝えがありました。また、海の潮の満ち干き月の引力関係しており、漁業の出港でも月を読む習慣は欠かせません。

    また、最近では、女性の体は月の満ち欠けにより体調が変わることもあり、ツクヨミノミコトを月の神として、自身の健康を祈願する人も多いようです。

    ポイント

    • ツクヨミノミコトは占いの神様として知られてもいる

    ツクヨミノミコトを信仰する神社

    月読神社

    月読神社

    ツクヨミノミコトを祀る、歴史ある有名な神社としては長崎県壱岐にある、月読神社があります。

    日本書記では西暦487年、時の天皇である顕宗(けんぞう)天皇が、役人である阿閉外巨事代(あへのおみことしろ)を朝鮮半島の南の方に位置する任那(にんな)という国に派遣しました。その際、ツクヨミノミコトが人に憑依し、阿閉外巨事代へ、「私は月神である。私を祀ると良い事が起きるから神社を作ってほしい」と神託しました。

    その事を阿閉外巨事代が天皇に奏上し、天皇は山背葛野郡(今の京都市)に月の神を祀る土地を作り、そこに神社を建てました。長崎壱岐にある月読神社はその神社の元宮とされています。月読神社茨城県や神奈川県などの関東地方、愛知県清須市の中部地方京都府京都市などの近畿地方福岡県や鹿児島県などの九州地方分霊された神社が存在します。

    また、三重県伊勢市にある伊勢神宮の内宮の一つに月読宮と呼ばれる神社もツクヨミノミコトを祀る神社として有名です。

    ポイント

    • 月読神社は関東地方や中部地方、近畿地方、九州地方にある

    ツクヨミノミコトについてまとめ

    満月

    満月

    日本書記古事記ではあまり出番が少ない、ツクヨミノミコト。しかし、私達の生活には欠かせない、実りを知らせる神として、また、私達の安全を穏やかな月の光を照らしながら、今でも見守ってくれています。

    たまには月が良く見える日に、ツクヨミノミコトが護る月の光と静かに対話しながら、ゆったりとした時間を過ごしてみましょう。

    ライターメモ

    • ツクヨミノミコトに関するライターメモ

    この記事の関連書籍はこちら!

    編集部

    編集部

    ツクヨミノミコトについてより深く知りたい方はこちらの書籍もおすすめです。

    Original

    「日本超古代史」探究 “月読命"とは何者か (OR books) 眠れなくなるほど面白い 図解 古事記

    この記事へのコメントはこちらへどうぞ

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事