ウガヤフキアエズとは?初代天皇の父である日本神話の神の一柱を解説

ウガヤフキアエズ, 意味, ご利益, 神社, 神話, 信仰, とは
ウガヤフキアエズとは?初代天皇の父である日本神話の神の一柱を解説
神道用語

ウガヤフキアエズの意味

鵜戸神宮

鵜戸神宮

ウガヤフキアエズとは日本神話での神とされています。初代天皇の神武天皇の父と言われ、父に彦火火出見尊(ひこほほでみのみこと)、母に豊玉姫を持ちます。

正式には鸕鷀草葺不合尊(うがやふきあえずのみこと)と表記します。名前の由来は、母が出産の際浜辺に産屋を作り、鵜の羽で屋根をふこうとしたところ、ふき終わらないうちに生まれたというところから、名付けられたと言われています。

ウガヤフキアエズの別称

多くの古文書で、その名前には違いがあります。日本書紀で彦波瀲武鸕鶿草葺不合尊(ひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)。

古事記では天津日高日子波限建鵜葺草葺不合命(あまつひだかひこなぎさたけうがやふきあえずのみこと)と表されています。

ウガヤフキアエズにまつわる神話

浦島太郎

浦島太郎

ウガヤフキアエズの父は浦島太郎のモデルと言われている彦火火出見尊(別称:火遠理命)です。母である豊玉姫(海神の娘)は出産後、海へ帰っていったと伝えられています。母がいなくなってしまったウガヤフキアエズは叔母(母の妹)である玉依姫に育てられます。

その育ての母である玉依姫が後の妻となり、初代天皇の神武天皇を出産します。

古代王朝「ウガヤフキアエズ朝」

ウガヤフキアエズ王朝は実在の有無は確認できない古代王朝です。しかしながら諸説ある記述をまとめました。

時代は弥生時代、場所は現在の大分県近辺、大和王朝が成立する前の大きな王朝でした。別名「豊国王朝」「日向王朝」「高千穂王朝」など呼び名は様々です。少なくとも74代にわたり繁栄した王朝だったという記述が古史古伝に存在しています。

ウガヤフキアエズのご利益

ウガヤフキアエズのご利益

ウガヤフキアエズのご利益

ウガヤフキアエズですが、主なご利益を紹介します。

五穀豊穣 安産
出世 夫婦和合

 

ウガヤフキアエズを信仰する神社

日向灘に面した断崖絶壁にある自然洞窟の社殿

日向灘に面した断崖絶壁にある自然洞窟の社殿

ウガヤフキアエズを信仰する有名な神社は、出生地に鎮座する宮崎県の鵜戸神社と伝えられています。

鵜戸神社は日向灘に面した断崖絶壁にある自然洞窟に、朱塗り・銅葺きの社殿が建つという神社で有名です。その洞窟の中にはウガヤフキアエズが生まれたとされる産屋があったそうで、その後に建立された神社が鵜戸神社です。

ウガヤフキアエズを出産した際に非常に安産だった事を象徴するように、鵜戸神社は安産の聖地の象徴として祭られています。安産祈願のお守りには産着に包まれた赤ちゃんの刺繍が施されています。

また、ウガヤフキアエズの実子であり初代天皇の神武天皇を祀る、宮崎神社(宮崎県宮崎市)もウガヤフキアエズ縁の神社として有名です。

編集部
初代天皇の神武天皇の道案内をした八咫烏につてご紹介!この記事と併せてご覧下さいね

八咫烏(ヤタガラス)とは?伝説で天皇を案内した導きの神について知ろう

2018.09.07

編集部
日の宮と呼ばれる幣立神宮の記事もすすめです

幣立神宮とは?日の宮とも呼ばれる熊本県の不思議な神社について知ろう

2018.10.25

ウガヤフキアエズについてまとめ

ウガヤフキアエズの母の父も海神として有名です。父の彦火火出見尊も浦島太郎のモデルと言われていますので、海との接点が非常におおく、御子である神武天皇を祀る神社や神宮も海の近くにあるので、それらを線で結ぶと繁栄の経過がわかります。

鵜戸神社(宮崎県)安産祈願に訪れる方が後を絶ちませんが、実は出世したい方も多く訪れるという、素晴らしいパワースポットでもあるのです。

ウガヤフキアエズについてのメモ

ウガヤフキアエズについてのメモ

この記事へのコメントはこちらへどうぞ

編集部
おすすめ関連書籍はこちら!

 

平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth