>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

「宗像三女神」とは?日本各地で祀られる女神のご利益やお祀りする神社を解説

「宗像三女神」とは?日本各地で祀られる女神のご利益やお祀りする神社を解説

宗像三女神とは姉弟神であるアマテラスオオミカミとスサノオの誓約から生まれた3柱の姉妹神です。それぞれが沖ノ島・大島・田島の神社に鎮座しており、合わせて宗像大社といいます。宗像三女神のご利益や神話などについてご紹介します。

    宗像三女神の意味

    宗像三女神の意味
    宗像三女神(むなかたさんじょしん)は日本の女神の3柱であり、美しい姉妹神です。

    アマテラスオオミカミは誕生した女神たちに「九州から半島、大陸へつながる海の道(海北道中)へ降りて、歴代の天皇をお助けすると共に歴代の天皇から篤いお祭りを受けられよ」と神勅し、宗像の地に降臨を命じました。

    人々から航海安全・交通安全や金運向上などのご利益を求めて信仰されてきた宗像三女神をご紹介します。

    宗像三女神の別称

    宗像三女神の別称はいくつかあり、次の通りです。

    • 宗像三神(ムナカタサンシン)
    • 宗像大神(ムナカタノオオカミ)
    • 道主貴(ミチヌシノムチ)

    道主貴の「貴」には高貴な神の証という尊称の意味があり、日本神話に登場する数多くの神様のうち、宗像三女神を含めた3柱にのみ用いられる特別な文字です。

    • アマテラスオオミカミの別名:​​​​​​大日孁貴(オオヒルメノムチ)
    • オオクニヌシノミコトの別名:大己貴(オオナムチ)
    宗像三女神が古代日本において、特別かつ重要な神様であると認識されていたことが分かります。

    編集部

    編集部

    (アマテラスオオミカミやオオクニヌシノミコトについては以下の記事も参考にしてみてください)

    宗像三女神の三柱の名前

    宗像三女神のそれぞれの名前や出生順は書物によって異なりますが、最も一般的なものが下記の通りです。

    続柄 名前 別名 鎮座
    長女 田心姫神(たごりひめ) 奥津島比売命(おきつしまひめ) 沖ノ島
    次女 湍津姫神(たぎつひめ) 大島
    三女 市杵島姫神(いちきしまひめ) 狭依毘売命(さよりびめ) 田島
    ※三女神が祀られている神社をまとめて宗像大社といいます。

    【名の由来】
    • 長女:田心姫神(たごりひめ)…潮の流れが速いという意味の滾りと霧
    • 次女:湍津姫神(たぎつひめ)…長女と滾りの由来が同様
    • 三女:市杵島姫神(いちきしまひめ)…神に仕えるという意味の斎き

    宗像三女神にまつわる神話

    宗像三女神にまつわる神話
    Photo by yuki5287

    宗像三女神にまつわる神話は書物によって多少の違いがみられますが、「アマテラスとスサノオの誓約」という姉弟神のやりとりの場面から始まります。

    弟スサノオは2つの理由から父イザナギに高天原を追放されることになります。1つは亡くなった母イザナミに会いたいと泣き続けて天地に大きな影響を与えたこと、もう1つは父からの「夜の食国または海原を治めるように」という命をも断ったことでした。

    弟は追放を受け入れて根の国へ向かう前、「姉に別れを告げたい」と姉が支配する高天原に向かいます。しかし、巨体のあまり大地が大きく振動したため、国を奪いにきたと思われてしまいました。姉は武具を用意して天安河という河で待ち構えており、ここで姉弟間に思い違いが生じているとし、弟は誓約(占い)によって別れを告げにきただけだということを信じてもらうを提案しました。

    これを姉が呑むことになり、弟が持っていた十挙の剣をを受け取って噛み砕き、吹いた息の霧から宗像三女神が誕生しました。美人だと弟の潔白が証明できるとして、勝利を宣言しました。

    宗像三女神のご利益とご神格

    宗像三女神のご利益

    【ご利益】

    • 国家安泰
    • 交通安全
    • 航海安全
    • 海上安全
    • 大漁
    • 福徳円満
    • 商売繁盛
    • 金運・財運向上
    • 技芸上達
    国民をさまざまな道へ導いてくださるため、最高神として崇敬されています。特に古くから海や水のあるところに祀られることの多かった宗像三女神は、漁師や航海士、貿易を行う人々から大切にされてきました。また、市杵島姫神については名に「市」の字があることから、市の神といわれ市場に祀られて商売繁盛のご利益があると伝わります。

    【ご神格】
    • 道の神
    • 水の神
    • 海の神
    • 財福の神
    • 芸能の神
    また、三女・市杵島姫神には2柱の同一神とされる存在があります。​​1柱は七福神の一員である弁財天で、神仏習合の過程でこのように考えられるようになりました。そのため、三女神のご利益やご神格に弁財天と同様のご利益であるお金や芸事に関することが入っているとされます。もう1柱は謎多き姫神の瀬織津姫で、海を司る神である説から同一神でないかと考えられています。

    編集部

    編集部

    弁財天については以下の記事も参考にしてみてください。

    宗像三女神を信仰する神社

    宗像三女神を信仰する神社は宗像大社以外にも多く存在するため、そのうち3つをご紹介します。

    厳島神社

    厳島神社は推古天皇の御代である593年に、土地や財産を多く持つ佐伯鞍職(さえきのくらもと)という人物が市杵島姫神の神勅を受けて創建、初代神主を務めたとされています。古くから皇室の安泰・国家鎮護を行っており、海上の守護神として崇信されてきました。日本三大弁財天にもなっており、水の上に建つ社殿はとても神秘的で美しいです。

     

    住所 〒739-0588 広島県廿日市市宮島町1‐1
    電話 0829-44-2020

    江島神社

    江島神社は欽明天皇の御代である552年頃に、神のお告げにより天皇の命令によって、江の島南部の洞窟に宮を創建したとされています。江の島には龍神伝説があり、島全体が龍神の住まうところと伝えられています。また、古くは三女神を江島明神と呼んでいましたが、仏教との習合により弁財天といい、現在は八臂弁財天・妙音弁財天2つの弁財天が祀られています。
     

    住所 〒251-0036 神奈川県藤沢市江の島2丁目3番8号
    電話 0466-22-4020

    八幡総本宮 宇佐神宮

    八幡総本宮 宇佐神宮は全国におよそ44,000社ある八幡宮の総本社で、日本三大八幡宮のうちのひとつです。創建は欽明天皇の御代である571年頃とされており、主祭神は3柱です。宗像三女神はそのうちの1柱で、他には応神天皇と神功皇后が祀られています。

    住所 〒872-0102 大分県宇佐市南宇佐2859
    電話 0978-37-0001(FAX:0978-37-0001)


     

    編集部

    編集部

    龍神様については以下の記事も参考にしてみてください。

    宗像三女神についてまとめ

    宗像三女神についてまとめ
    Photo by mossygajud

    宗像三女神はアマテラスオオミカミとスサノオの誓約によって誕生し、それぞれ祀られている神社をまとめて宗像神宮といいます。
    それぞれの神社には次のような特徴があります。

    • 長女:田心姫神(たごりひめ)が祀られている沖ノ島の神社は、女人禁制や男性の海中祓などがある
    • 次女:湍津姫神(たぎつひめ)が祀られている大島の神社は、七夕伝説がある
    • 三女:市杵島姫神(いちきしまひめ)が祀られている田島の神社は、アクセスもしやすく一般参拝が多い
    航海や交通安全のご利益が大きいようなイメージを持たれることがありますが、さまざまな導きに働きかけてくださいます。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事