>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは?龍神との関係や封印の真相を解説

国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは?龍神との関係や封印の真相を解説

国常立尊とは、日本神話に登場する国土形成のありがたい神様ですが、数々のご利益があることから日本全国に国常立尊を祀った神社が存在します。実は龍神との噂もあるこの神様ですが、実はあまり知られていません。今回はそんな日本人にご縁深い神・国常立尊をご紹介します。

    国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは

    国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは?

    国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは?

    国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは日本神話に登場する神であり、国土形成の中心的な神様とされています。

    記紀によって異なる登場の仕方が書かれています。「古事記」では神世七代の最初に現れた神で独神との記述があります。また「日本書紀」によると、天地開闢(かいびゃく)のときに様々な神に先立って現れたと言われる第一神です。

    国常立尊の別称

    古事記には『国之常立神(くにのとこたちのかみ)』、日本書紀には『国常立尊(くにのとこたちのみこと)』書かれています。

    国常立尊は別名、国底立尊(くにのそこたちのみこと)とも呼ばれています。これは国常立尊と同じく「国(人の住む土地)が永久に存続すること」を見守る神という意味合いがあります。

    ポイント

    • 古事記では国之常立神(くにのとこたちのかみ)、日本書紀では国常立尊(くにのとこたちのみこと)と書かれています。
    • 別称は国底立尊(くにのそこたちのみこと)です。

    国常立尊にまつわる神話

    天地開闢(てんちかいびゃく)

    天地開闢(てんちかいびゃく)

    古事記では天地開闢(てんちかいびゃく)の際、最初に現れた五柱の神「別天津神」の次に降り立った神世七代の最初の神として国常立尊が登場します。性別がなく、姿かたちについても特に書かれていません。しかし日本書紀では、天地開闢の際、最初に現れた神であり、そして「陰気さが全くない純男」と描写され性別や姿かたちについて明確です。天と地が創造された下り以降、記紀では国常立尊の登場がありません。しかし、新宗教によって国常立尊は重要視され様々な逸話が発展、複数残されています。中でも有名な2つの逸話をご紹介します。

    国常立尊は龍神だった?

    国常立尊(クニノトコタチノミコト)とは?

    国常立尊は龍神だった?

    地球の創生期には龍蛇族が深くかかわっており、その中心となって働いた龍神は国常立尊であったとされております。

    地球が、まだ地球の地面が泥で緩まっていた頃、エネルギー体で存在した大国常立尊という神がいました。これは日本列島ほどの大きさで、金色の龍の形をしていました。この神から生まれたのが風の神、雨の神などの龍体をした、いわゆる荒神(あらがみ)たちですが、その大国常立尊が人の姿となり現れたものが、国常立尊だそうです。

    国常立尊は鬼門に封印された

    国常立尊は鬼門に封印された

    国常立尊は鬼門に封印された

    この神様は元々世界の支配神として君臨していましたが、そのあまりの厳格さに嫌気がさした他の神々が鬼門である艮(東北)に閉じ込めてしまい、それから国常立尊は三千年の間隠退、その間霊界にいて閻魔大王となったという逸話が残っています。

    ポイント

    • 国常立尊は日本神話の天地開闢(てんちかいびゃく)に登場する重要な神です。
    • 古事記では神世七代の神として性別や姿かたちの描写はありませんが、日本書紀では天地開闢の最初に降り立った男性の神として描かれています。
    • 記紀では天地開闢以降登場しませんが、国常立尊は「龍神であった」または「閻魔大王になった」という逸話が残されています。

    国常立尊のご利益

    国常立尊のご利益

    国常立尊のご利益

    国常立尊はやはり「国を守る神」。そのご利益は国土安穏、安産、商売繁盛、開運、縁結び、悪霊退散、厄除け、病気の治癒まで多岐に渡ります!

    ポイント

    • 国常立尊のご利益は国土安穏、安産、商売繁盛、開運、縁結び、悪霊退散、厄除け、病気の治癒です。

    国常立尊を信仰する神社

    御岩神社(おいわやまじんじゃ)

    御岩神社 楼門

    御岩神社 楼門

    茨城県日立市にある御岩神社(おいわやまじんじゃ)は江戸時代には歴代の水戸藩主がこぞって崇敬し、その昔、常陸国北部で随一の神社だったそうです。

    国常立神社 (くにとこたちじんじゃ)

    国常立尊神社。神聖な空気が漂います。

    国常立尊神社。神聖な空気が漂います。

    奈良県橿原市にある、国常立尊を祀る国常立神社 (くにとこたちじんじゃ)は、祠の一つは高靇神(たかおかみのかみ)を祀っています。国常立尊神社がある天香久山(あまのかぐやま)は「天から降ってきた山」、「神聖な山」として 古代の人々に畏れていました。

    三峯神社(みつみねじんじゃ)境内 国常立神社

    国常立神社

    国常立神社

    埼玉県秩父市にあるこの三峯神社は由緒正しく、日本国の創造神と言われる伊弉諾尊(いざなぎのみこと)と伊弉册尊(いざなみのみこと)を祀り、国の平和を願い作られた神社です。その境内に建てられている国常立神社には国常立尊が奉られており、祭典は毎年11月2日に行われます。

    編集部

    編集部

    関連記事では日本神話に登場する創造神であり最高神でもある「あめのみなかぬしさま」をご紹介!

    国常立尊についてまとめ

    古事記や日本書紀に登場する国常立尊は日本の国土形成に携わったとてもありがたい神様です。天地開闢の際に現れた神様だけあり、そのパワーは壮大で強力です!国常立尊のご利益は国土安穏、安産、商売繁盛、開運、縁結び、悪霊退散、厄除け、病気の治癒です。皆さんもぜひお参りされてはいかがでしょうか。

    国之常立神についてのメモ

    国之常立神についてのメモ

    編集部

    編集部

    おすすめ関連書籍はこちら!

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事