>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

アラハバキとは?全国で祀られる謎だらけの民間信仰的な神を知ろう

アラハバキとは?全国で祀られる謎だらけの民間信仰的な神を知ろう

アラハバキは、出雲の神よりもさらに古い時代から信仰を集めてきた日本の神の一柱です。アラハバキとアイヌの深いかかわり、大和朝廷に追われた人々が信仰する神、縄文時代の土偶はアラハバキの姿をかたどっているなど、唱えられる説も多い謎だらけのアラハバキについて迫ります。

    アラハバキとは?日本の民間信仰的な神の一柱

    アラハバキとは

    アラハバキとは

    アラハバキとは、東北地方を中心に古くから庶民の間で信仰されてきた日本の民間信仰的な神の一柱で、アラバキとも呼ばれます。荒脛巾・荒吐・荒覇吐・阿羅波比・阿良波々岐など表記はさまざまですが、信仰の厚い東北地方を始め、アラハバキを祀る神社は全国にあります。

    アラハバキが主祭神とは別に、客人神(まろうどがみ)として祀られているといわれる神社もあります。客人神とは、別の場所もしくは社会からきてその土地に祀られている神です。

    この客人神については、古くからその土地で信仰の対象となっていた地主神が、後からきた神と立場が逆転してしまったとの説があり、地主神であったはずのアラハバキが、いつしか客人神という扱いになってしまったのではないかといわれています。

    アラハバキの起源の謎

    アラハバキの起源とは

    アラハバキの起源とは

    アラハバキの起源の多くは謎に包まれていますが、「日本書紀」、「古事記」に登場しないことから記紀以前の土着の神と考えられています。

    アラハバキの荒脛巾という文字があてられた脛巾(はばき)とは脛に巻く脚絆のようなもので、そこから足の神、旅人の神、さらには下半身の神として祀られ、それぞれに脚絆、靴、男性器などをかたどったものが奉納されています。

    アラハバキという神名に漢字をあてたことで多くの表記が生まれましたが、神徳や伝承が違っているなど、いまだに謎の多い神として知られています。

    偽書「東日流外三郡誌」におけるアラハバキの扱い

    アラハバキが登場する「東日流外三郡誌」クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

    アラハバキが登場する「東日流外三郡誌」

    結局偽物ということが判明しました。

    1970年代に巻き起こったオカルトブームで、「東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)」という歴史書が話題になりました。

    「東日流外三郡誌(つがるそとさんぐんし)」は現在では偽書との認識になっていますが、この資料にアラハバキが登場したことから、アラハバキ=土偶 というイメージが定着しています。

    東日流外三郡誌では、アラハバキを信仰した荒羽吐(荒覇吐)という一族が津軽地方を治めていたとあります。大和朝廷は関東から北に住む人々を蝦夷(えみし・えぞ)と呼んでいました(近世以降は北海道地方に住むアイヌの人々を表す言葉として使用)。

    大和朝廷との戦いに敗れた蝦夷たちは、東北の地に追いやられながらも自分たちの信仰は守り続けていました。アラハバキこと荒覇吐神は、東日流外三郡誌の中にその姿が描かれています。

    亀ヶ岡遺跡から出土した遮光器土偶はアラハバキそのままの姿をしていたことから、遮光器土偶はアラハバキを模しているとのイメージが定着し、その後の小説やゲームなどの創作分野では、遮光器土偶の影響を受けたアラハバキが登場することとなりました。

    アラハバキと東日流外三郡誌

    アラハバキと東日流外三郡誌

    アラハバキと東日流外三郡誌

    アラハバキが描かれている「東日流外三郡誌」とは、現在の青森県五所川原市にある個人宅から発見されたとされる、古代の東北地方の歴史をまとめた数百冊にも及ぶ文書のことをいいます。

    1970年代後半に村史として発表された文書には、古代の大和朝廷に迫害され、アラハバキを信仰する人々によって築き上げられた文明が、津軽地方にあったとの歴史が記されています。

    アラハバキが描かれている東日流外三郡誌について新聞やテレビでも新たな発見として取り上げ、公共の観光案内に東日流外三郡誌を参考にした記述が載るなど大きな話題となりました。しかし、この文書の真偽を巡って一大論争が巻き起こります。

    1999年に行われた調査によって発見者が作成した「偽書」との結論にいたりますが、現在でも東日流外三郡誌を「真書」であると主張する研究者や著名人も多く、いまだに意見が分かれたままになっています。

    アラハバキと遮光器土偶

    アラハバキと遮光器土偶

    アラハバキと遮光器土偶

    アラハバキをイメージしているといわれる遮光器土偶とは、青森県つがる市の亀ヶ岡遺跡で出土し、重要文化財に指定された縄文時代の代表的な土偶です。

    頭部に見られる大きなゴーグルのようなものが、雪から目を守る遮光器に似ていることから遮光器土偶の名が付きました。この遮光器土偶が出土した亀ヶ岡遺跡のあるつがる市は、東日流外三郡誌発見の地としても知られています。

    アラハバキだけではなく宇宙人説なども飛び出した遮光器土偶ですが、近年の研究ではゴーグルのようなものは目を強調、体の凹凸も乳房や臀部など女性の体形を強調したものと考えられています。

    土偶は体の一部が欠けて出土することが多く、アラハバキを信仰していた人々が、補修をしつつ繰り返し儀式などに使用していたとの説もありますが、定かではありません。

    「東日流外三郡誌」以外のアラハバキの諸説

    アラハバキの諸説

    アラハバキの諸説

    アラハバキについては、東日流外三郡誌以外にも多くの説があげられています。その代表的な説をいくつかを見てみましょう。

    アラハバキ縄文神説

    アラハバキ縄文神説

    アラハバキ縄文神説

    アラハバキ縄文神説は、東日流外三郡誌を引用するなどした主張を説いたことが始まりです。原初のアラハバキはアイヌの古語で女性器を表す女神であり、アイヌの古語で男性器を表すクナトと一対の夫婦神であったといわれています。

    大和朝廷はその支配を確立するために、縄文時代より人々の間で信仰されてきた神の存在を封印、あるいは国津神として出雲の神々に統合したという説があります。アラハバキも封印・統合され、別の名前の神となっているという可能性をあげています。

    アラハバキ蛇神説

    アラハバキ蛇神説

    アラハバキ蛇神説

    アラハバキという名前が蛇神を表しているとの説です。蛇の古語は「ハハ」であり、「ハハキ」は「蛇木」を指しています。

    蛇になぞらえた幹が直立した木で祭事を行うなど、日本では古くから蛇を神として祀ってきました。伊勢神宮には「矢乃波波木神(やのははきのかみ)」という箒神(ほうきがみ)が祀られていますが、「ホウキ」は「ハハキ」が転じたものとされ、蛇とのかかわりが深い箒神は蛇神であるといわれています。

    波波木神が顕れる(あらわれる)ことから顕波波木神(アラハバキ)となり、アラハバキは蛇神と同一の神だと説きます。

    アラハバキ塞の神説

    アラハバキ塞の神説

    アラハバキ塞の神説

    アラハバキ塞の神説の塞の神とは、悪霊や疫病などが他の地域から侵入するのを防ぐ、道祖神と同じように境界に祀られる神です。

    宮城県にある荒脛巾神社(アラハバキ・旧阿良波々岐明神社)では、大和朝廷から見た外敵である蝦夷から多賀城を守るため、塞の神として荒脛巾神を祀りました。蝦夷征討の拠点であった多賀城に、あえて蝦夷の神を祀ることで蝦夷を退けようとしたといわれています。

    アラハバキ製鉄の神説

    アラハバキ製鉄の神説

    アラハバキ製鉄の神説

    アラハバキ製鉄の神説の根拠として、アラハバキを祀った神社の近くには砂金や砂鉄の産地が多いことがあります。

    塞の神説の荒脛巾神社の北方にも砂鉄の産地があり、神社には多くのハサミが奉納されています。

    また、アラハバキが変化したといわれる客人神は片方の目だけで表現されることも多く、これは天目一箇神(あめのまひとつのかみ)などに見られる製鉄の神の特徴と一致するとしています。

    ポイント

    • アラハバキは主客転倒の客人神として祀られることも多いが、古くから日本で信仰されてきた地主神である
    • アラハバキは「偽書『東日流外三郡誌』の神」、「縄文神」、「蛇神」、「塞の神」、「製鉄の神」など多くの説がある謎だらけの神である

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.9 / 5(合計15人評価)

    関連記事

    人気の記事