コノハナサクヤヒメとは?桜の女神とご利益、まつられる神社を解説

コノハナサクヤヒメ,とは,意味,ご利益,神社,神話,イワナガヒメ,子供
コノハナサクヤヒメとは?桜の女神とご利益、まつられる神社を解説
神道用語

コノハナサクヤヒメとは?

霊峰富士

霊峰富士

コノハナサクヤヒメは古事記や日本書紀に非常に多く登場する、歴史を代表する女神の一人です。血縁関係も興味深く、アマテラスオオミカミ(天照大神)の孫のニニギノミコト(瓊瓊杵尊)と結婚し、ホデリ(海幸彦)とホスセリ(またはホオリ=山幸彦)を出産しています。

コノハナサクヤヒメの別称

コノハナサクヤヒメには多くの呼称が伝えられています。本名と別称をご紹介します。

本名

古事記 日本書紀
神阿多都比売(カムアタツヒメ) 鹿葦津姫・葦津姫(カヤツヒメ)

別称

コノハナサクヤヒメコノハナサクヤビメサクヤヒメサクヤビメと呼ばれています。木・花・華・開・耶など漢字が多く使われています。下記をご覧ください。

コノハナサクヤヒメの漢字表記一覧

木花咲夜姫 木花開耶媛命 木華開耶姫 神阿多都比売 木花之開耶姫 

豊吾田津姫 木花之佐久夜毘売 神吾田津姫 桜大刀自神 神吾田鹿葦津姫

身島姫神

コノハナサクヤヒメとイワナガヒメの関係

イワナガヒメはコノハナサクヤヒメのに当たる人物です。オオヤマツミ(大山積神、大山津見神、大山祇神)です。

イワナガヒメの容姿は非常に醜いといわれている反面、コノハナサクヤヒメは絶世の美女といわれ、いつも比較されていました。

しかし姉妹は非常に仲が良く、父親であるオオヤマツミは「岩のような永遠を与え、木花が咲くように栄える」いう約束でニギギノミコトの元に姉妹一緒に嫁がせます。

ポイント

  • コノハナサクヤヒメは、アマテラスオオミカミの孫ニニギノミコトの妻で、ホデリ(海幸彦)とホスセリ・ホオリ(山幸彦)の母です。
  • 本名があり、古事記では「カムアタツヒメ(神阿多都比売)」、日本書紀では「カヤツヒメ(鹿葦津姫・葦津姫)」と記されています。
  • コノハナサクヤヒメの姉はイワナガヒメ、父親はオオヤマミツです。
  • コノハナサクヤヒメは絶世の美女、姉イワナガヒメは醜い容姿でしたが姉妹仲が良く、ニニギノミコトの元へ一緒に嫁いでいきます。

コノハナサクヤヒメまつわる神話

ニニギノミコト

ニニギノミコト

ある日ニギギノミコトは浜辺を散歩していました。その時絶世の美女と出会いました。コノハナサクヤヒメとの出会いです。ニギギノミコトはその美貌と人柄の良さに惹かれ、その場でプロポーズしました。

コノハナサクヤヒメは父(オオヤマミツ)が許せば良いですよと言いました。ニギギノミコトは直ぐに父に許してもらえるようにお願いに行きます。

父のオオヤマミツはその申し出に非常に喜び、後日コノハナサクヤヒメが嫁ぐ際に、多くの貴重な品々と一緒にイワナガヒメ(コノハナサクヤヒメの実姉)も一緒に嫁がせました。

しかしイワナガヒメは非常に醜い容姿の持ち主です。ニギギノミコトはその容姿に驚き追い返してしまいました。

大切な二人の娘を嫁がせたオオヤマミツは怒り心頭に発します。なぜなら、イワナガヒメからは硬い岩のような永遠と、コノハナサクヤヒメからは綺麗な花のように咲き誇る一族になるよう願いがこもっていたからです。

そのため、コノハナサクヤヒメの産んだニニギノミコトの子孫達は神々に比べて寿命が短くなったと言われています。

コノハナサクヤヒメの子供

ニギギノミコトとの間にホデリ(海幸彦)とホスセリ(またはホオリ=山幸彦)を授かります。

ポイント

  • オオヤマミツはコノハナサクヤヒメとニニギノミコトの結婚の際にイワナガヒメも一緒に嫁がせます。
  • ニギギノミコトは容姿の醜いイワナガヒメだけを追い返してしまいます。
  • コノハナクサヤヒメはホデリ(海幸彦)とホスセリ(またはホオリ=山幸彦)を授かりますが、神々に比べ子孫は寿命が短くなったと言われています。

コノハナサクヤヒメのご利益

安産祈願

安産祈願

コノハナサクヤヒメの御利益は非常に多く、無病息災・安産・子育て・学問などがあります。農業・漁業・航海・織物などの守護にも御利益があると言われています。

ポイント

  • コノハナサクヤヒメのご利益は「無病息災・安産・子育て・学問」、「農業・漁業・航海・織物などの守護」です。
  • 全国各地にコノハナサクヤヒメを祀る神社神宮が存在しています。

コノハナサクヤヒメを信仰する神社

木花神社

木花神社

コノハナサクヤヒメを祀る神社神宮は、全国に多く存在しています。代表的な神社をご紹介します。

  • 富士山本宮浅間大社(静岡県富士宮市)

  • 高千穂神社(宮崎県西臼杵郡高千穂町)

  • 箱根神社(神奈川県足柄下郡箱根町)

  • 當麻山口神社(奈良県葛城市)

  •  木花神社(宮崎県宮崎市)

編集部
関連記事ではコノハナクサヤヒメの孫「ウガヤフキアエズ」をご紹介します!併せてご覧下さいね!

ウガヤフキアエズとは?初代天皇の父である日本神話の神の一柱を解説

2018.11.28

コノハナサクヤヒメについてまとめ

コノハナクサヤヒメは、アマテラスオオミカミの孫であるニニギノミコトの妻であり、初代天皇である神武天皇の父ホスセリ(ホオリ=山幸彦)の母でした。日本神話で重要な登場人物です。日本各地でコノハナクサヤヒメを祀る神社は多く、ご利益は「無病息災・安産・子育て・学問の他「農業・漁業・航海・織物などの守護」です。コノハナクサヤヒメは日本国内約1300社の浅間神社で祀られているので足を運ばれるのはいかがでしょうか。

コノハナサクヤヒメについてのメモ

コノハナサクヤヒメについてのメモ

この記事へのコメントはこちらへどうぞ

編集部
おすすめ関連書籍はこちら!
平成最後の開運チャンス

 ≪運命のオーラリーディング≫

運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージと運勢図で分かりやすく教えてくれます。

今なら、全員無料で鑑定中。

 ≪カリスの電話相談≫

熟練の先生が、人生を好転させるアドバイスを電話で直接行います。  初回は最大 10分間の電話相談が全員無料で行えます。

提携:Tphereth