>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

火遠理命(ホオリ)とは?初代天皇の祖父である日本神話の神の一柱を解説

火遠理命(ホオリ)とは?初代天皇の祖父である日本神話の神の一柱を解説

火遠理命(ホオリノミコト)は天孫邇邇芸命(ニニギノミコト)と木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)の間に生まれた三御子の末弟、末子ながら天孫に連なります。豊玉毘売(トヨタマヒメ)と生した鵜葺草葺不合命(ウガヤフキアエズ)で日向三代が築かれ、神武天皇の御代につなげます。稲穂の神と信仰されるホオリノミコトを取り上げます。

    火遠理命(ホオリ)とは

    海神の宮から戻って宮を構えた地

    海神の宮から戻って宮を構えた地

    日本神話の神ながら、火遠理命(ホオリノミコト)は初代天皇・神武天皇の祖父でもあります。父神の天孫邇邇芸命(ニニギノミコト)が高天原から日向国高千穂(宮崎県)に降臨したとき、三種の神器と稲穂をもってきます。稲穂は火遠理命を象徴するものです。

    山の神の娘、木花之佐久夜毘売(コノハナサクヤヒメ)がニニギノにみそめられ御子を生みます。末子のホオリが皇孫に連なり、海神の娘、豊玉毘売(トヨタマヒメ)との間にフキアエズノミコト、すなわち神武天皇の父を生します。

    火遠理命の別称

    火遠理命は炎に包まれた産屋での誕生に由来し、名前に火を表す“ホ”がつきます。長兄は火照命(ホデリノミコト)、次兄は火須勢理命(ホスセリノミコト)。末弟のホオリが生まれたとき、火の勢いは衰え逆に稲が盛んに伸びてきました。別名の「火折尊(ホオリノミコト)」も火が弱くたわわな稲の穂が垂れるさまを指します。

    長じて「天津日高日子穂穂手見命(アマツヒコタカヒコホホデミノミコト)」と名のります。

    海幸彦・山幸彦の「山幸彦(ヤマサチヒコ)」は一般的です。海神を訪ねて敬意をこめて呼ばれた別名は「虚空津日高(ソラツヒコ)」。

    ポイント

    • 火遠理命(ホオリノミコト)は初代天皇・神武天皇の祖父です。
    • 火遠理命(ホオリノミコト)はフキアエズノミコトの父です。
    • 一般的に山幸彦(ヤマサチヒコ)と呼ばれます。
    • 天津日高日子穂穂手見命(アマツヒコタカヒコホホデミノミコト)とも名乗ります。
    • 別名は虚空津日高(ソラツヒコ)です。

    火遠理命にまつわる神話

    炎上させた産屋で出産

    炎上させた産屋で出産

    神話は火遠理命が英雄となる過程を描きます。コノハナサクヤヒメが身籠ったとき、ニニギノミコトは一夜の契り(浮気)での妊娠を疑います。コノハナが産室に火を放ったのは自らの潔白を晴らすため、神の子ゆえに生存できた火中出産でした。

    海幸彦との確執

    長兄の海幸彦と山幸は霊格のある海山から幸(獲物)を得る霊力をもちます。兄に猟具と猟場の交換をもちかけた山幸は兄の釣り針も失い嘆いていると塩椎翁(しおうちのおきな)が綿津見神(海神)へと導きます。

    海神の宮でトヨタマヒメと結ばれた山幸、三年後に釣り針と二つの玉(塩満玉、塩乾玉)を贈られて帰還しました。兄に呪文を唱えて後ろ手で返すと、兄は零落していきます。怒り狂った兄の猛攻を二つの玉で一蹴、海幸は降伏し山幸を守護します

    トヨタマヒメの出産

    トヨタマヒメが御子を産むため海の宮から追ってきて言います。「他国の者は本来の姿に戻るから産屋を覗かないで」と。山幸はこの禁を破り、ヒメは海へ帰ります。八尋鰐(巨大なワニ、一説にサメ)の形を見られて恥じ、妹の玉依毘売(タマヨリヒメ)に子育てを託します。

    ポイント

    • 火遠理命は火に包まれた産屋で生まれます。
    • 山幸彦は海神の協力で兄の海幸彦に勝利します。
    • 豊玉姫の出産の禁忌(タブー)を破ります。

    火遠理命のご利益

    稲穂の神

    稲穂の神

    火遠理命の神格は稲穂の神と穀物の神、農業の守護神ですが、海神の協力で漁業の守護神にもなりました。

    神徳は諸産業に及び、畜産、畳や敷物業、鉱山業、刃物業が有名で、航海安全、勝運守護、厄除け、心願成就、縁結びにご利益があります。

    ポイント

    • 火遠理命のご利益は、畜産業、畳や敷物業、鉱山業、刃物業、航海安全、勝運守護、厄除け、心願成就、縁結びです。

    火遠理命を信仰する神社

    若狭彦神として祀られている火遠理命

    若狭彦神として祀られている火遠理命

    • 鹿児島神宮(霧島市)の元は火遠理命の宮殿と伝わります。
    • 若狭彦神社(小浜市)は畳・敷物、インテリア関係、若狭姫神社はトヨタマヒメを祀り安産、育児に霊験があります。
    • 大虫神社(武生市)は稲の害虫を駆除する守護を信じます。

    編集部

    編集部

    初代天皇の父「ウガヤフキアエズ」についての記事もご覧ください!

    火遠理命についてまとめ

    海幸彦・山幸彦の物語には、天孫族と敵対する古代隼人族との覇権争いという背景が存在するといいます。

    外の世界で呪力を得て強者になる英雄譚は海洋民族に広く伝わるもの、兄弟による道具の交換や末子相続には南洋諸島の神話の影響がうかがえます。

    日向三代の足跡は豊かな自然にあふれた高千穂の地に残されています。山幸彦が海神の宮から戻り宮殿を設けた青島神社と鬼の洗濯岩は今も神の気配を感じさせます。ゆかりの地を訪ねてみてはいかがでしょう。

    ライターメモ

    • ホオリノミコトについて
    編集部

    編集部

    おすすめ関連書籍はこちら!

    Original

    海幸彦 山幸彦 (日本の物語絵本) 古事記・日本書紀を歩く―神話と伝説の世界を訪ねて (楽学ブックス―文学歴史) 隼人の実像―鹿児島人のルーツを探る―

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事