アメノウズメとは?天岩戸神話で有名な女神を祀る神社やご利益を解説

アメノウズメ,とは,意味,ご利益,神社,神話,陰部
アメノウズメとは?天岩戸神話で有名な女神を祀る神社やご利益を解説
神道用語

アメノウズメは、アマテラスオオカミ天岩戸で隠れ、世界中が暗闇になった際、踊る事によって、八百万の神々を笑わせ、アマテラスオオカミを天岩戸から出した神として有名です。今回はアメノウズメのご紹介をします。

アメノウズメとは

アメノウズメ

アメノウズメ

アメノウズメトランス状態で舞う事によって、神からの神託を受ける巫女を神格化した神様だと言われています。日本最古の踊り子とも言われ、古事記ではアメノウズメを「巧みに俳優(ワザオギ)をなし」と言っています。歌舞伎や舞、俳優、舞台などを中心にした芸能の神として、芸能関係や花柳界の人達に篤く信仰されています。

アメノウズメの別称

アメノウズメの別称としては「宮比神(みやびのかみ)」が挙げられます。また、アマテラスオオカミの侍女として仕え皇族や王族の住む宮殿の平安を守る女神である、オオミヤノメノカミと同一視されることもあります。

ポイント

  • アメノウズメは巫女を神格した神様です。
  • 「宮比神」、「オオミヤノメノカミ」と同一視され、別称とされることがあります。

アメノウズメにまつわる神話

天岩戸伝説でのアメノウズメ

天岩戸伝説でのアメノウズメ

アメノウズメにまつわる神話としては、アマテラスオオカミが弟神であるスサノオの横暴をかばいきれなくなり、悲しみにくれた天岩戸に隠れたとされる「天岩戸伝説」が挙げられます。

アマテラスオオカミが天岩戸に隠れた事から、世界が真っ暗になり、災い事が起こる様になった為、神々は話し合いをし、アマテラスオオカミを外に出すよう様々な策を練り、多方面の神に声を掛け、アメノウズメも呼ばれるのです。

古事記ではアメノウズメはふせた空の槽(桶)の上に立ち、桶を激しく踏み鳴らしながら、胸ははだけ、着物の裾紐を陰部まで押し下げながら、力強くエロティックに踊りました。

神々はアメノウズメの踊りに大きな笑いと歓声をあげます。

外の状況を不審に思ったアマテラスオオカミは岩戸の扉を少し開けます。アマテラスオオカミが戸を開けた姿を見てアメノウズメは「あなたより尊い神が生まれた」と叫び、力持ちであるアメノタヂカラオによって、アマテラスオオカミは天岩戸から引き出されました。それにより世界が明るくなり、世界に災いが無くなった神話です。

また、アマテラスオオカミの孫であるニニギノミコトアマテラスオオカミの勅命を受けて葦原中国へ降りた際(天孫降臨)、アメノウズメはニニギノミコトに仕えました。

その際高天原から葦原中国にある幾つもの分かれている道を照らし、ニニギノミコトらを道案内した、国津神であるサルタヒコノミコトと出会い、アメノウズメはサルタヒコのミコトに仕えるようになり、やがて彼の妻となります。

その後、三重県伊勢市にある五十鈴川蒸留にとどまり、神楽を舞う神官である猿女君(サルメノキミ)の祖となります。朝廷へ祭祀を勤めた稗田氏はアメノウズメの子孫だと言われています。

ポイント

  • 天岩戸伝説でのアメノウズメの活躍はエロティックな舞で神々を笑わせ、アマテラスオオカミを天岩戸に出したことです。
  • ニニギノミコトに仕えた経緯は天岩戸伝説の活躍により、アマテラスオオカミに認められたことがきっかけです。

編集部
関連記事では天孫降臨の背景と天岩戸を詳しくご紹介します!

国津神と天津神とは?日本神話に登場する神々の分類を解説

2018.09.24

天照大神とは?天皇の祖神とされる女神を知ろう!天岩戸の神話も紹介

2018.08.31

アメノウズメのご利益

アメノウズメのご利益とは?

アメノウズメのご利益とは?

アメノウズメ神楽の祖と言われている事から、舞楽や歌舞伎などの演劇界の俳優などの技芸上達のご利益があります。また、地を守る国津神であるサルタヒコのミコトとは一目ぼれで結婚したと言われ、夫婦円満・縁結びの神様としても有名です。

ポイント

  • アメノウズメのご利益は「技芸上達・夫婦円満・縁結び」です。
  • この他五穀豊穣・交通安全」のご利益もあります。

アメノウズメを信仰する神社

佐倍乃神社

佐倍乃神社

アメノウズメを信仰する神社としては、宮城県名取市にある佐倍乃神社が挙げられます。サルタヒコノミコトも一緒に祀られており、人生や生活の道を開ける道祖神として崇敬されています。また、三重県鈴鹿市にある椿大神社別宮の椿岸神社岐阜県各務原市にある車折神社内ある芸能神社も有名で、特に芸能神社は芸能や芸術の分野で生計を立てている方々から強い信仰を受けています。

ポイント

  • 佐倍乃神社(宮城県名取市)にはサルタヒコノミコトも一緒に祀られています。
  • 芸能神社には、芸能や芸術の分野で生計を立てている人からの信仰をあつめています。

編集部
関連記事では神楽殿について詳しくご紹介します!

神楽殿とは?神楽を舞うための施設について知ろう

2018.10.05

アメノウズメについてまとめ

日本書記で登場するアメノウズメは神々を笑わせますが、これは単純に笑うということではありません。日本書記で言う「笑う」とは、悪霊を退散したりするなど、呪術的所作であるのです。つまり、神々を笑わせ、アマテラスオオカミを天岩戸から出したアメノウズメは、世界を救った立役者なのです。

また、天孫降臨、ニニギノミコトに仕え、ニニギノミコトらを道案内した、国津神であるサルタヒコノミコトと出会い、次にサルタヒコのミコトに仕え、妻となります。

日本神話の需要人物に使え功績を残した優秀な巫女アメノウズメの御利益を受けに佐倍乃神社へ足を運んでみるのはいかがでしょうか。

ライターメモ

アメノウズメに関するライターメモ

アメノウズメに関するライターメモ

この記事へのコメントはこちらへどうぞ

編集部
おすすめ関連書籍はこちら!

当たりすぎると評判の電話占い