>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

アメノウズメとは?天岩戸神話で有名な女神を祀る神社やご利益を解説

アメノウズメとは?天岩戸神話で有名な女神を祀る神社やご利益を解説

アメノウズメは「天岩戸伝説」でうつぶせにした空の槽(桶)の上に立ち、激しく桶を踏み鳴らしながら、胸ははだけ、着物の裾紐を陰部まで押し下げながら、力強くエロティックに踊った神として有名です。今回はそんなアメノウズメのご利益や神社、神話について解説しています。

    アメノウズメとは

    アメノウズメのイメージ画
    アメノウズメ日本最古の踊り子とも言われる神で、、古事記ではアメノウズメを「巧みに俳優(ワザオギ)をなし」と言っています。歌舞伎や舞、俳優、舞台などを中心にした芸能の神として、芸能関係や花柳界の人達に篤く信仰されています。

    アメノウズメはアマテラスオオミカミが天岩戸で隠れ、世界中が暗闇になった際に踊ることによって、八百万の神々を笑わせ、アマテラスオオミカミを天岩戸から出した神として有名です。その際、トランス状態で舞ったことから「神からの神託を受ける巫女を神格化した神様」だと言われています。

    今回はアメノウズメの魅力とともに、祀られている神社やご利益などをご紹介します。

    アメノウズメの別称

    まず、アメノウズメの表記としては「天鈿女命」(日本書紀)・「天宇受賣命」(古事記)があります。

    別称としては「宮比神」(ミヤビノカミ)などが挙げられます。また、アマテラスオオミカミの侍女として仕え皇族や王族の住む宮殿の平安を守る女神である、「大宮売神」(オオミヤノメノカミ)と同一視されることもあります。そして、導きの神・サルタヒコの妻となったことから「猿女君」(サルタノキミ)とも呼ばれます。

    <アメノウズメの別称>

    • 宮比神(ミヤビノカミ)
    • 猿女君(サルメノキミ)
    • 大宮売神(オオミヤノメノカミ)
    • 大宮能売命(オオミヤノメノカミ)

    アメノウズメにまつわる神話

    天岩戸伝説でのアメノウズメ

    天岩戸伝説

    アメノウズメにまつわる神話としては、アマテラスオオミカミが弟神であるスサノオの横暴をかばいきれなくなり、悲しみにくれた天岩戸に隠れたとされる「天岩戸伝説」(アマノイワト伝説)が挙げられます。

    アマテラスオオミカミが天岩戸に隠れた事から世界が真っ暗になり、災い事が起こる様になった為、神々はアマテラスオオミカミを外に出すよう様々な策を練り、多方面の神に声を掛けます。その際、アメノウズメも呼ばれるのです。

    魅惑的な踊りで、アマテラスオオミカミも気になる!

    古事記ではアメノウズメはふせた空の槽(桶)の上に立ち、桶を激しく踏み鳴らしながら、胸ははだけ、着物の裾紐を陰部まで押し下げながら、力強くエロティックに踊りました。

    神々はアメノウズメの踊りに大きな笑いと歓声をあげます。

    外の状況を不審に思ったアマテラスオオミカミは岩戸の扉を少し開けます。アマテラスオオミカミが戸を開けた姿を見てアメノウズメは「あなたより尊い神が生まれた」と叫びます。岩戸の前ではフトダマという神が八咫鏡(やたのかがみ)をもち、その鏡にはアマテラスオオミカミの姿が映し出されるのですが、それを自分の姿だとは思わずに「この神のことか」と、新しい神をもっと見ようと乗り出します。そのときに力持ちであるアメノタヂカラオによって、アマテラスオオミカミは天岩戸から引き出されました。

    それにより世界が明るくなり、世界に災いが無くなったという神話です。


    紹介する動画では、可愛いイラストで国の始まりの神話を解説しています。そして天岩戸の場面でアマノウズメが登場しますのでご覧くださいね。

    国津神のサルタヒコノミコトの妻に

    また、アマテラスオオミカミの孫であるニニギノミコトがアマテラスオオミカミの勅命を受けて葦原中国へ降りた際(天孫降臨)、アメノウズメはニニギノミコトに仕えました。

    その際高天原から葦原中国にある幾つもの分かれている道を照らし、ニニギノミコトらを道案内した、国津神であるサルタヒコノミコトと出会い、アメノウズメはサルタヒコノミコトに仕えるようになり、やがて彼の妻となります。

    その後、三重県伊勢市にある五十鈴川蒸留にとどまり、神楽を舞う神官である猿女君(サルメノキミ)の祖となります。朝廷へ祭祀を勤めた稗田氏はアメノウズメの子孫だと言われています。

    天岩戸神社(宮崎県)

    アメノウズメが大活躍したのは、天照大神(アマテラスオオミカミ)が天岩戸に引きこもってしまったことに起因しますが、アマテラスオオミカミが引きこもった天岩戸(洞窟)を御神体として祀っている神社が宮崎県の高千穂町にある天岩戸神社です。主祭神は大日霎尊(オオヒルメノミコト・天照大神の別称)で西本宮に、そしてアマノウズメも東本宮に祀られています。東本宮の主祭神は天照皇大神(アマテラススメオオミカミ)となります。

    また天岩戸神社では、岩戸神話をもとにした神楽が受け継がれており、無形文化財となっています。

    また、高千穂にはアメノウズメがサルタヒコが主祭神の荒立神社もあります。ここはアメノウズメがサルタヒコと結婚して居住した場所とされています。宮崎には各地に日本神話にもとづく場所や神社が点在しています。

    アメノウズメのご利益

    アメノウズメのご利益とは?

    アメノウズメのご利益とは?

    アメノウズメは神楽の祖と言われている事から、舞楽や歌舞伎などの演劇界の俳優などの技芸上達のご利益があります。また、地を守る国津神であるサルタヒコノミコトとは一目ぼれで同士で結婚したと言われ、夫婦円満・縁結びの神様としても有名です。

    そのほか「五穀豊穣・交通安全」のご利益もあります。

    アメノウズメを信仰する神社

    アメノウズメを信仰する神社は日本各地にありますが、ここでは有名な神社をいくつかピックアップしました。

    佐倍乃神社(さえのじんじゃ・宮城県)

    アメノウズメを信仰する神社としては、宮城県名取市にある佐倍乃神社が挙げられます。
    サルタヒコノミコトも一緒に祀られており、人生や生活の道を開ける道祖神として崇敬されています。

    ご利益は縁結び、夫婦和合、五穀豊穣、技芸上達などが挙げられます。

    椿彦神社(つばききし神社・三重県)

    三重県鈴鹿市にある椿大神社(つばきおおかみやしろ)は主祭神が猿田彦大神(サルタヒコノカミ)、そして配祀は妻の天之鈿女命(アメノウズメ)と木花咲耶姫命(コノハナサクヤヒメ)です。アメノウズメは、椿大神社の別宮、椿岸神社の祭神で、ご利益としては技芸上達、縁結び、夫婦円満などがあります。神前挙式も行われる神社です。

    猿田彦神社と佐瑠女神社(さるめ神社・三重県)

    「佐瑠女」(猿女君)とは、アメノウズメがニニギノミコトから授かった名です。猿田彦大神(サルタヒコノミコト)が天の神たちをお迎えに参ろうとしていると、天の神たちは彼のギラギラ光る目や高い身長といった風貌に驚いてしまいます。そのときに、仲をとりもったのがアメノウズメで、その縁でサルタヒコノミコトの妻となります。

    ご利益は技芸上達、縁結びですが、恋愛に関する縁だけでなく、人と人との縁もとりもってくれます

    芸能神社(京都府)

    京都府嵐山にある車折神社(くるまざき神社)内にある芸能神社もアメノウズメを祀っていることで有名です特に芸能神社は芸能や芸術の分野で生計を立てている方々から強い信仰を受けています。

    アメノウズメについてまとめ

    古事記・日本書紀で登場するアメノウズメは神々を笑わせますが、これは単純に笑うということではありません。「笑う」とは、悪霊を退散したりするなど、呪術的所作でもあります。つまり、神々を笑わせ、アマテラスオオミカミを天岩戸から出したアメノウズメは、世界を救った立役者といえるでしょう。

    魅惑的な踊りでアマエテスオオミカミを始めとする神々を惹きつけ、そしてサルタヒコノミコトの妻となり仲睦まじく過ごしたアマノウズメ。活き活きとした人生をお手本にして、ぜひアメノウズメのご利益にあやかりたいですね。

    編集部

    編集部

    おすすめ関連書籍はこちら!

    51k2sfb34sl

    アメノウズメ伝―神話からのびてくる道 (平凡社ライブラリー)

    51n6a52182l

    猿田彦と天鈿女命―神話の時間論と三文法の論理

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計9人評価)

    関連記事