>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

オオゲツヒメとは?現在の徳島県の国神となる女神のご利益や祀る神社を解説

オオゲツヒメとは?現在の徳島県の国神となる女神のご利益や祀る神社を解説

オオゲツヒメ(大宜都比売神)は粟国(徳島県)の開祖神であり、食物神や穀物神でもあります。古事記ではスサノオと強烈な関りをもつことにより五穀豊穣をもたらすに至る傑出した神なのですが、意外に存在を知られていません。まつわる神話を中心にオオゲツヒメについて紹介します。

    オオゲツヒメとは

    オオゲツヒメノカミ(大宜都比売神)は穀物や養蚕の起源神

    オオゲツヒメノカミ(大宜都比売神)は穀物や養蚕の起源神

    オオゲツヒメの名にぴんと来る人は、もしかしたら仕事で豆や雑穀を扱っているのかもしれません。それもそのはずです、オオゲツヒメノカミ(大宜都比売神)穀物や養蚕の起源神なのです

    イザナギ(伊邪那岐)とイザナミ(伊邪那美)の国産みで粟の国神として生まれたオオゲツヒメ、そもそもは地上界の食物神でありました。それが理不尽ともいえる死を経て、最古の農業神あるいは穀物神へと変貌します。この神に何が降りかかったのでしょう。

    オオゲツヒメの別称「ウケモチノカミ」

    オオゲツヒメの五穀(ごこく)起源神話は古事記で描かれています。日本書紀にも同様の説話があり、こちらは「ウケモチノカミ(保食神)」の別称で登場します。“オオゲツ”の「宜(ゲ)」は食(け)・御膳を、“ウケモチ”の「ウケ」は食物を表し、同じ神と考えられます。さらにトヨウケヒメノカミ(豊宇気比売神)やウカノミタマ(宇迦之御魂神)も食物を司るため、異名同神説があります。

    • 五穀起源神話

    1. 高天原を追放されて出雲に向かう途上、スサノオ(須佐之男命)オオゲツヒメに食べ物を所望します。『次々に美味しい物を用意してくれるのはいいが、この食物神、自分の鼻や口、尻からさえも食べ物を出すではないか、何という所業!』と頭に血が上ったスサノオはオオゲツヒメを殺めてしまいます。また、これとは別に、オオゲツヒメが食物を供した相手はスサノオの追放を決める席に集まった八百万の神々で、スサノオは神々に非礼だと激高したという説もあります。オオゲツヒメの亡骸(なきがら)の目や耳、鼻から稲、粟、小豆、麦、大豆が伸び、頭には蚕が生まれていました。造化の神、カミムスビ(神産巣日神)がこれらの植物を摘んだ後、五穀の種子をとって人々に広めました。
    2. 日本書紀では、ウケモチノカミはアマテラスオオミカミ(天照大神)が派遣したツクヨミ(月読命)をもてなします。首を海に向けては魚、山に向けては獣などを口から出していたところ、やはりけがらわしいと怒り狂ったツキヨミに斬殺されました。アメノクマヒト(天熊人)がウケモチノカミの身体から芽吹いた蚕や稗、稲、麦、大豆と牛馬をアマテラスオオミカミに持って帰ります。アマテラスオオミカミは人々に種子を植えさせ、繭からは絹糸を引き出しました。これが穀物の栽培や養蚕の始まりです。
    3. 最後に、オオゲツヒメの原型が縄文時代にあるという説を紹介しましょう。その根拠は、女神像をかたどった土器に食べ物を盛っては壊すという祭りの行われた痕跡です。食べ物を絶え間なく供出する女神、壊され(殺され)死体となる女神、死体から作物を生み出す女神、そこにオオゲツヒメの姿が見いだせるというのです。

    編集部

    編集部

    ハイヌウェレについての記事もご覧ください。

    ポイント

    • オオゲツヒメノカミ(大宜都比売神)は穀物や養蚕の起源神、国産みでは『粟の国神』として生まれました。
    • 『大宜都比売神』は『オオゲツヒメノカミ』と読みます。別称は『ウケモチノカミ』です。
    • 古事記ではスサノオに惨殺され、日本書紀ではツキヨミに斬殺され、その遺体から穀類と蚕が生まれます。

    オオゲツヒメにまつわる神話

    阿波の女神

    阿波の女神

    これまで見てきたのは、オオゲツヒメの死と再生に関わる説話です。古事記には、オオゲツヒメの誕生も描かれています。

    オオゲツヒメと徳島県の関係

    オオゲツヒメは穀物神

    オオゲツヒメは穀物神

    イザナギとイザナミが二番目に手がけた国産みが四国で、イヨノフタナシマ(伊予之二名島)という名でした。一つの体に四つの顔がついた島、その一つがオオゲツヒメの粟国(現在の徳島県)です。

    名前からこの地では太古から粟(あわ)の栽培が盛んで、山地で焼き畑を行う光景が繰り広げられていたと想像されます。国名に穀物が冠された唯一の国でしたが、奈良時代以降、風土記の編纂にあわせて、表記が一文字から二文字に、その名はから阿波へと変わりました。

    ポイント

    • 国産みで2番目に手掛け、身体一つ、顔四つをもつ「伊予之二名島(イヨノフタナシマ)」が粟の国です。
    • 粟(アワ)の国を神格化した名がオオゲツヒメです。
    • 奈良時代に粟から阿波へ変更しました。

    オオゲツヒメのご利益

    養蚕の守護神

    養蚕の守護神

    オオゲツヒメもウケモチノカミも客人をもてなしながら非業の死を迎えますが、その亡骸から五穀豊穣をもたらしました。本来の食物神に加えて、農業の神、五穀・蚕・衣服の起源神と神格を広げたゆえんです。

    養蚕が盛んであった頃は養蚕守護の祭神として全国的に崇敬されました。また、農業守護・漁業守護、牛馬の守護の神徳で知られています。

    オオゲツヒメ・ウケモチノカミのご利益

    • 「農業守護 」「漁業守護」「開運招福」「厄除け縁結び」「子宝」「家内安全」などです。

    オオゲツヒメを信仰する神社

    主祭神はオオゲツヒメ

    主祭神はオオゲツヒメ

    • 上一宮大粟(カミイチノミヤオオアワ)神社

    粟国の国神オオゲツヒメは自らで粟を植えたという大粟山、上一宮大粟神社に鎮座しています。

    • 竹駒神社

    パワースポットと注目されている竹駒神(宮城県岩沼市)はウカノミタマノカミ・ウケモチノカミ・ワクムスビノカミを衣食住の守護神として祀っています。日本三大稲荷の一つです。

    編集部

    編集部

    関連記事ではオオゲツヒメと同神とされる宇迦之御魂神(ウカノミタマ)をご紹介します!

    オオゲツヒメについてまとめ

    オオゲツヒメの“神の死により食物がもたらされる”という五穀起源神話には類似した神話の存在が指摘されています。例えば、土に埋めた神の死体から植物が生まれる「ハイヌウェレ神話」や「大地母神(だいちぼしん)」という豊穣の女神です。普遍的な説話と言えそうです。

    オオゲツヒメやウケモチノカミを祀る神社を訪ねて、死と再生を具現した神々に触れてみませんか。

    ライターメモ

    • オオゲツヒメとウケモチノカミ
    編集部

    編集部

    おすすめ関連書籍はこちら!

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事