>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

写仏は描く瞑想 下絵をなぞり仏画を描くことで内観による心の整理ができる写仏とは?

写仏は描く瞑想 下絵をなぞり仏画を描くことで内観による心の整理ができる写仏とは?

写仏というのはあまり親しみがありませんよね。 写仏をするのに必要な道具は、仏様の絵が描かれた下絵と、 私の感想としても、ダウンロードによる写仏はあまりおすすめできません。 写仏功徳 輪郭を描くボールペンや鉛筆、 写仏とは、読んで字のごとく、仏様の下絵をもとに、 ぬり絵のようにして自分だけの仏画を描く行為です。

    写仏とは 写仏の下絵をダウンロードする方法 描く瞑想のご利益と効果

    描く瞑想と言われる写仏とは?

    写仏とは? ひそかなブームになりつつある写仏を知っていますか?

     

    今日は描く瞑想といわれる写仏についてご紹介しようと思います。

    写経はよく知ってるけど、写仏というのはあまり親しみがありませんよね。

    写仏とは、読んで字のごとく、仏様の下絵をもとに、

    ぬり絵のようにして自分だけの仏画を描く行為です。

     

    写経が文字を写すだけでなんとなく味気ない作業なのに対し、

    写仏は描きながら仏様の全体像を眺める事ができるので、

    仏画の完成度合いを描きながら把握できるので、集中力を持続しやすいという特徴があります。

     

    国籍や性別を問わず、だれでも簡単にはじめる事ができることも写仏の良いところです。

    インターネットで写仏用の仏様の下絵をダウンロードし、

    筆と絵の具をそろえればすぐに写仏をはじめることができます。

     

    写仏の下絵をダウンロードする方法がわからないという方も、

    ネット上で写仏セットのムックなどがたくさんありますので、気軽に写仏をはじめる事ができます。

    ダウンロードした写仏のためのの下絵を塗り絵のように描くだけ

    筆ペンでの写仏もおすすめです

    私個人は、写仏する際には万年筆ですることが多いのですが、

    ボールペンで輪郭を書き、クレヨンや水彩絵の具で色を塗るという方法でも大丈夫です。

     

    写仏をしているときは、自分の心の中にいる仏様と対話しているような気持ちになり、

    α波が出ているのか、まるで瞑想をしているような不思議な集中力が自分の中から涌き出す感覚がとても気持ち良いです。

     

    また、なんといっても写仏を終えた後に自分だけの仏画が残る事も、

    写仏の醍醐味と言えます。

    紙と画材の力を借り、自分の中にある仏様をこの世に顕現させるということは

    とてもよい功徳になります。

     

    写仏の効果・ご利益 いろんなメリットがいっぱい!

    写仏のご利益・功徳写仏をすると忍耐力がつき、姿勢も良くなります

    写仏をすると忍耐力がつき、姿勢も良くなります

    写仏の効果・ご利益は挙げ出すと枚挙にいとまがありません。

    写仏をすることで得られる即物的な効果としては、姿勢が良くなる、

    一つの作業に没頭する事で集中力が鍛えられるなどの効果、

    写仏という行為の間は雑念から離れることができるので、ストレスを解消し、心の整理をする効果もあります。

     

    また、写仏体験の口コミなどを見ると、

    自分だけの仏画を描く過程で、因果が軽くなり、

    抱えていた頭痛や病気が治る、自然治癒力が高まる、恋人ができる、

    仕事が上手くいくなどの効果があるとも言われています。

     

    写仏をすることで病気が治ったり、

    恋人ができたりする効果が本当かどうかはわかりませんが、

    少なくとも写仏には精神の修養という効果があります。

    写仏の効果

    写仏下絵 画像

    写仏に限ったことではありませんが、

    何かの行為に没頭する事で人は心の整理ができますし、

    雑念から離れたところにある自分を見つめることができます。

     

    しかし、写仏の功徳というのはなんといっても自分で描いた仏様の姿が、

    自分の心に定着するということでしょう。

    仏様というのは観念的な存在、つまり観念の世界に存在しています。

    写仏をすることで観念の世界にいらっしゃる仏様をこの世に示し、

    自分の心象風景にまさに自分の手で御仏の姿を描き込むことができるのが、

    写経や他の修養では得られない写仏のご利益・功徳と言えましょう。

     

    また、ここが大事なところなのですが、仏画を写す作業の中で、

    人は自分の存在が仏だということに気がつける(思い出せる)のです。

     

    自分が仏である、というのは一見不思議なようですが、

    紙の中にいらっしゃる仏様は、まぎれもなく自分の手から生み出されたもの、

    それは自分の心の中にあった仏を絵筆の力を借りて書き出したものに過ぎないのです。

    (説明が下手ですいません)

     

    斎藤一人さんのお話の中で、「鏡の話」というものがあります。

    神社には必ず鏡が飾ってありますよね。神社で参拝し神様を拝む時、

    あなたが拝んでいる先にあるのはあなた自身が映っている鏡です。

     

    これはつまり、自分が神である。

    より正確に言うと、自分の中に「内神」という神がいらっしゃる。

    その神を内側に隠している大切な容れ物である自分自身を大事にしましょうというお話です。

     

    仏教哲学でも、人間の心の中には、仏性(仏心)があるといいます。

     

    どんな些細な事でも、困っている人を助けてあげた時、

    あなたの心の中には観音菩薩がおわします。

    目の前に立ちふさがる断崖絶壁のような困難に、

    毅然として対峙するとき、あなたの背後には不動明王の炎が燃えています。

    病気で苦しむ人に手を差し伸べる時、

    あなたの手は薬師如来のみ御手となります。

     

    自分の中に息づく御仏の存在に気がつき、

    自分自身の中にいる内神様を感じ、日々の雑務や喧噪のなかで埋もれ、

    自分でも忘れてしまっている自分自身の本当の価値を思い出せるのが写仏を通して得られる最高の功徳なのです。

     

    写仏の下絵はダウンロードすべき? 写仏セットを買うべき?

     

    写仏をするのに必要な道具は、仏様の絵が描かれた下絵と、

    輪郭を描くボールペンや鉛筆、あとは自分で写した仏画の輪郭に色を付ける

    水彩絵の具やクレヨンです。

     

    写仏用の下絵ですが、これはネットで「写仏 下絵 ダウンロード」

    などの検索ワードで調べるとすぐに手に入れることができます。

    ダウンロードした写仏用の下絵をプリンターで印刷すれば、

    その上に半紙を敷いて輪郭を写せば立派な写仏になります。

     

     

    とはいえ、ダウンロードした下絵による写仏はなんとなく味気ないですし、

    ダウンロードできる下絵は仏様の上半身だけを拡大したものなど微妙なものが多いのも現実です。

     

    また、ダウンロードした下絵を印刷するにはプリンターも必要となり、

    家に印刷設備のない方にとってはやはりダウンロードにした下絵での写仏は不便と言えます。

     

    私の感想としても、ダウンロードによる写仏はあまりおすすめできません。

     

    本格的に写仏をするとなると、半日くらいのまとまった時間が必要となります。

    これだけ大きな時間を割くのだから、

    それなりの準備を整えてから写仏をした方が、

    仏画が仕上がったときの達成感も大きくなるのは自明の理です。

     

    なので、私は写仏をする際には

    ネットできちんとした写仏セットを購入してから始める事をおすすめします。

     

    アマゾンなどで「写仏セット」と検索すると結構いろいろなお寺や出版社が写仏セットを販売していることに驚きます。

    その中でも私がおすすめするのは、宝島社さんが出している写仏入門です。

     

    この写仏セットでは一冊で様々な仏様の仏画下絵が載っているので、

    いろいろな仏様への関心が自然に芽生えます。

     

    また、病気で悩んでいるときは薬師如来の写仏、

    恋で悩んでいるときは愛染明王の写仏、

    というように、写仏の功徳・ご利益ごとに下絵が整理されている入門セットでこともおすすめする理由のひとつです。

    なぞるだけで心が癒される写仏入門

    なぞるだけで心が癒される写仏入門

     

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事