【アマテラス様のパワー】邪を払う天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果とご利益

天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果・ご利益
【アマテラス様のパワー】邪を払う天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果とご利益
スピリチュアル

【アマテラス様のパワー】邪を払う天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果とご利益

天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果・ご利益

天照大神(あまてらすおおみかみ)

大岳士朗です。

本日はとっておきの秘術をお伝えします。

それは天照大神様の真言、十言の神咒(とことのかじり)です。

天照大神については、多くの方がご存知だと思います。

高天原の中心的な存在の神様で、皇室の祖神とされています。

天照大神(アマテラスオオミカミ)

若者向けのゲームなどにも登場することが多い天照大神

太陽のような女神様で、伊勢神宮の内宮に祀られている日本の神話でも最重要の神様です。

天照大神の真言・十言の神咒は、このアマテラス様の力をお借りする方法です。

アマテラスの真言・十言の神咒の唱え方

十言の神咒を唱えるのはとても簡単で、「アマテラスオホミカミ」という十語の言葉を唱えればいいのです。

十言の神咒の十言(とこと)とはアマテラス様の名前の十文字をさしているのですね。

ついでに神咒(かじり)というのは短い言葉で神様の名前を唱える呪文のことで、神咒(しんじゅ)といいます。

仏教で言うマントラとほぼ同じと考えて問題ないかと思います。

もともと真言やマントラというのは密教の用語であり、神咒は神道の用語です。

斎藤一人さんのお守りも言霊も、「あめのみなかぬし様」の名を唱えるので、神咒に近いものですね。

十言の神咒は口に出すのはもちろん、心の中で唱えても効果があります。

唱えれば唱えるほどいいということですが、目安として10回となえましょう。

また、手は天乃咲手の印を結びましょう。

あまのさきて(天乃咲手)は、普通の合掌のやうにして指頭を交へたものです。