>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【アマテラス様のパワー】邪を払う天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果とご利益

【アマテラス様のパワー】邪を払う天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果とご利益

天照大神の真言 十言の神咒(とことのかじり)の効果とご利益 天照大神については、多くの方がご存知だと思います。 高天原の中心的な存在の神様で、皇室の祖神とされています。 天照大神の真言・十言の神咒は、このアマテラス様の力をお借りする方法です。

    天照大神とは

    天照大神(あまてらすおおかみ)は日本神話における最高神で、太陽を神格化させた女神です。同時に、皇祖神(こうそしん・天子の始祖)の性格も持ち合わせています。

    また、書物や神社によって呼び名や表記に違いがあります。

    • 『古事記』・・・天照大御神(あまてらすおおみかみ)
    • 『日本書紀』・・・天照大神(あまてらすおおかみ)
    • 伊勢神宮内宮・・・天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、または皇大御神(すめおおみかみ)
    ※神職者が神前で名を唱える際は天照坐皇大御神(あまてらしますすめ おおみかみ)。伊勢神宮内宮の祭神であり、ご神体は八咫鏡
    • そのほか・・・大日女尊(おおひるめのみこと)、大日霊(おおひるめ)など

    天照大神の系譜

    神の系図

    天照大神は、伊耶那岐命(イザナギ)と伊耶那美命(イザナミ)の間に誕生した神になります。

    具体的には、黄泉の国から還ってきたイザナギが、黄泉の穢れを落とすために身体を洗い流した際に、左目から天照大神が生まれたとされます。そして同時に右目からは月読命(ツクヨミ)が、鼻からは須佐之男命(スサノオ)が生まれました。アマテラス・ツクヨミ・スサノオを三貴子(さんきし・みはしらのうずのみこ)と呼び、イザナギが生んだ神々の中で最も貴い三神とされています。

    イザナギは誕生したアマテラスに、高天原(たかまがはら・天界)を統べるようにと命じました。

    太陽神としての性質

    太陽を神格化した存在である天照大神が最高神といわれる所以は、「和魂(にぎたま)」と呼ばれる慈愛や平和を願う心が他の神々と一線を画しているからです。

    神は「和魂(にぎたま)」と「荒魂(あらたま)」を併せ持つといわれます。八百万の神は、風や海といった自然の事象に宿っていると考えられていました。風が強すぎれば台風や竜巻に、海が荒れれば津波になります。しかし太陽だけは人に災いをもたらさない特別な存在でした。そのため、天照大神が天岩戸に閉じこもってしまった時は世界が混乱に満ち、衝撃的な事件であったため「天岩戸伝説」が生まれることになったのです。

    太陽があるがゆえに穀物が育つことも天照大神が豊穣の神として祀られている背景で、天照大神自身も蚕(かいこ)を口に入れて糸を出し養蚕業を創始しました。

    また、「宝鏡奉殿の神勅(ほうきょうほうでんの しんちょく)」の話も天照大神の思慮深さや慈愛が表されています。孫にあたるニニギノミコトが地上に降り立つ=天孫降臨の際、八咫鏡を手渡して「この鏡を見るときは、私・アマテラスが映っていると思いなさい」と言います。この言葉には、我欲を捨てて民を想えという意味も含まれており、天照大神が自分の子孫と地上の人間の安寧を願ったことが窺えるストーリーです。
     

    アマテラスの真言・十言の神咒

    アマテラスの真言・十言の神咒

    神咒(かじり)というのは短い言葉で神様の名前を唱える呪文のことで、神咒(しんじゅ)ともいいます。
    十言は10文字の言葉で、「アマテラスオオミカミ」がちょうど10文字です。十言の神咒には言霊が宿っており、邪念や邪気を払ったり前向きな気持ちを叶えたりするパワーがあります。

    天照大神の十言の神咒は「ア・マ・テ・ラ・ス・オ・オ・ミ・カ・ミ」と唱えることであり、これによって邪気が払われます。口に出すのはもちろん、心の中で唱えても効果があります。

    十言の神咒の効果・ご利益

    十言の神咒は、古神道秘教結社「天行居」の創始者・友清歓真(ともきよよしさね)氏が世に広めました。友清氏は神道をスピリチュアルな分野からアプローチし、神道霊学者としても活躍しました。

    彼の著書によると、天照大神の十言の神咒を唱えることは「宇宙一切を納める大神に呼びかけ、同時に天地八百万紙に呼びかける」ことであり、次のようなご利益があるとします。

    • 霊験が現れる効果がある
    • 妖魅邪霊や悪霊を払う効果がある
    • 霊的な原因による疾病が治る
    • 様々な悩みが解決する、お願い事が成就する
    唱えれば唱えるほどいいということですが、まずは目安として10回唱えてみましょう。

     アマテラスの十言の神咒を唱える際の、手の印の結び方

    また、手の印を結びましょう。霊感の強い人の中には、このアマテラスの真言を何度も唱えると体がポカポカと温まったり、手先がピリピリしたりするのを感じるということです。

    ①あまのさきて(天乃咲手)印

    あまのさきて印(天乃咲手)
    あまのさきて印(天乃咲手)の結び方です。
    合掌のように指頭を交えます。手の平は密着させるよりも、なかに羽があるイメージでふわっとさせると良いです。
    この印を結んで、天照大神の十言の神咒ア・マ・テ・ラ・ス・オ・オ・ミ・カ・ミ」を唱えましょう。

    ②八咫鏡印(日拝印)

    日拝印,八咫鏡印
    八咫鏡印(やたのかがみ・日拝印)の結び方です。
    指先を合わせて輪っかをつくり、これを額の上に持ってきて輪の中に太陽がはいるようにかざします
    そして、「ア・マ・テ・ラ・ス・オ・オ・ミ・カ・ミ」と天照大神の十言の神咒を唱えましょう。

    八咫鏡は三種の神器の一つで、天照大神がニニギノミコトに天孫降臨の際に「我を想え」とお渡しになったものです。この鏡をモチーフとした印で天照大神のパワーを分けていただきましょう。午前8時~11時の太陽がベストと言われますが、慌ててその時間に合わせるよりも心身ともに落ち着いた時間帯の太陽で印を結ぶと良いです。

    武田信玄も十言の神咒を唱えていた

     天照大神の十言の神咒は効果のある秘術として、高名な武将たちにも活用されていました。

    例えば、武田信玄や楠木正成です。彼らは秘伝の方法として邪心が心に芽生えた時、この神咒を心の中で唱えたと言います。幾多の戦場を駆け巡った百戦錬磨の武将とはいえ、心に迷いが生じることもあるのでしょう。そんなときに十言の神咒を唱え、天照大神の波動をまとい、精神の霧をはらったのです。

    言霊・真言を唱える際のマインド

    強力な効力のある十言の神咒ですが、唱える際には効果を期待し過ぎないようにしましょう。なぜなら、過剰に期待しながら唱えると、執着と言う心の汚れを潜在意識につけてしまうからです。潜在意識をクリーニングできる真言を執着で汚してしまうと効果が相殺されてしまいます。

    また、他力本願だと神様はパワーを分け与えません。お願い事をしつつも、その願いや目標に向かって精進する心構え・姿勢を持つ人に力添えをしてくださいます。

    神事は効果を期待せず、楽しみながら行うのがコツですよ。

    天照大神の真言 ・十言の神咒を動画にしています!

    アマテラスチャンネルでは天照大神の十言の神咒について動画にしてまとめていますので、是非ご覧ください!

    関連記事

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 4.6 / 5(合計13人評価)

    関連記事