どんど焼き【左義長】意味や由来とは?お札やお守りは燃やしていいの?

どんど焼き,左義長,歳徳神,お札処分,意味
小正月の行事
正月

どんど焼き(左義長)とは?

正月に歳徳神を迎える

正月に歳徳神を迎える

どんど焼きの意味や由来を見ていきましょう。

どんど焼き(どんと祭り)の意味や由来

どんど焼きとは小正月(こしょうがつ)の1月14日、15日に行われる火祭りの行事です。正月飾りを1カ所に集め、一斉に燃やして災厄を払います。

小正月について説明しましょう。月の満ち欠けで月日をはかっていた旧暦の時代、正月は一年で最初の満月にあたる望(もち)の日でした。つまり1月15日です。新暦の採用で1月1日が正月になると、1日から松の内までを大正月(おおしょうがつ)、15日前後(14日から16日まで)は小正月の呼び名で定着しました。

小正月には小豆粥(あずきがゆ)を食べ、農作物の豊凶を占う粥占(かゆうら)神事、豊作を祈願して餅や団子を丸めて木の枝につける繭玉・餅花(もちはな)づくり、ナマハゲで有名な訪問神の行事などを行います。

どんど焼きも小正月の行事の一つです。大正月に迎えた歳神(としがみ)様をどんど焼きの火とともに送り出すのです。この神迎えと神送りの行事は、祖霊(遠いご先祖様)を盆花で迎え、送り火で送るお盆に通じるものがあります。

どんど焼きは次のようにセッティングします。

  1. 田んぼや神社、お寺の境内、空き地に竹や藁(わら)、杉の葉でやぐらを高く組み立てます。
  2. 各人が持ち寄った門松、松飾りなどの正月飾りを付けていきます。
  3. 最後にやぐらごと燃やします。

歳徳神を送り出す行事

家にお迎えした歳神(としがみ)は、五穀豊穣(ごこくほうじょう)を司る穀物の神や田の神、先祖の霊で家の守り神の祖霊などが背景にあるとも言われます。どの神様でも、豊作や無病息災をお願いするには変わりはありません。

歳神は、室町時代から京都、大阪、江戸歳徳神(としとくじん)の名でも親しまれるようになり、全国に広まりました。「徳」の字は「得」につながり、「福」ともども人気のある文字です。

神様がやって来る方角は毎年変わります。その方角が吉を呼ぶ恵方(えほう)とされるため、歳徳神は恵方神(えほうがみ)の別称をもち、他にお正月様や年殿(としどん)と呼ぶ地方もあります。

さて、歳神はどのようにお迎えすればよいでしょう。門口には神様が目印にしやすいように門松を置き、神様を祀(まつ)る年棚を設けて大根注連(じめ)を飾り、鏡餅をお供えします。おせち料理でおもてなししますが、この料理は家人も食べられます。これがごく一般的に大晦日までにしておくお正月の準備です。

年が明けて小正月が来れば、いよいよ歳徳神をお送りするときです。お迎えで用いた正月飾りがどんど焼きで焼かれ、燃え上がる煙を伝って神様が空へ昇ります。神様を送ることから、どんど焼きは穢れ(けがれ)を清める神聖な火と信じられています。

古いお札やお守りはどんど焼きで処分できる

どんど焼きで焼くのは正月飾りの松飾りや注連縄です。ここで注意したいのは、鏡餅は決して焼かないこと、きちんと鏡開きをしてください。

火祭りを行う神社では正月飾り以外でも、去年のお札やお守り、場合によっては破魔矢やだるま、人形なども受け付けています。扱えないもの(ビニール袋や針金など)があるので、問い合わせをしてから持参すると良いですね。

ポイント

  • どんど焼きは小正月の行事です。
  • 大正月で迎えた歳神様を送りだします。

どんど焼きのいろいろな呼び名と由来

左義長祭り

左義長祭り

正月の終わりに行う火祭りの行事はすでに鎌倉時代には存在していました。また、平安時代から伝わる左義長(さぎちょう)をどんど焼きのルーツに結びつける説もあります。

どんど」という表現については、囃子(はやし)言葉の「尊(とうと)や尊(とうと)」が転じたとか、「どんどん燃えている」を意味するとか、「歳徳(神)」からどんと焼きやとんど焼きに変化したなど、さまざまな説が言われます。

どんど焼きと同じ風習でも地域によって呼び名はいろいろです。京都・北陸の左義長、関東・中部地方の道祖神祭り、九州の鬼火祭りどんど焼きの別称として挙げられます。

左義長

左義長の起源とされるのが平安時代の宮中行事です。長い竹3本の毬杖(ぎっちょう)を三脚のように束ね、短冊や扇子を付けて陰陽師が焼いたことに由来します。秋田などの豪雪地帯で、小正月の伝統行事に作られるかまくらもこの流れです。まくらの中では祭壇が設けられ、人々は中で餅を食べます。

他の行事では、田んぼに降り立った鷺鳥(さぎちょう)を追い払うため、やぐらを組んで正月飾りを燃やしたという内容のものがあります。こちらの方こそどんど祭りの起源とする説もあります。

鬼火焼き

鬼火焼き小正月の1月7日に行います。正月飾りを燃やして健康を祈願します。鹿児島の鬼火焚きでは、正月飾りに悪霊がついてきたため追い払うという展開があります。九州の中でも天草地方だけ、注連縄を1年間飾り続けることで家内を守ってもらう風習を残します。

道祖神祭りは歳徳神ではなく道祖神を神とします。燃え盛る火に石像を投げ込みますが、長野県のサンクロウヤキでは三九郎人形を松飾りと共に焼きます。

編集部
関連記事では歳神様へのお供え物について紹介しています

【歳神様へのお供え物】鏡餅はいつ飾る?飾る場所はどこ?

2016.12.27
編集部
関連記事では松の内について紹介しています

2019年の松の内はいつからいつまで?松の内の意味や行事を解説

2018.12.19

どんど焼きではお餅を食べる

お餅を焼く

お餅を焼く

前の章で紹介したとおり、どんど焼きの火には穢れを落とす力があるとされます。火祭りではこの火の力を十分に活用する方法を伝承しています。たとえば、どんど焼きの最後に(鏡餅ではない)お餅を食べること、これは行事の一部となっています。お餅に限らず、柳の枝や竹に刺した団子やみかんを残り火で焼いて食べる風習が見られます。どんなご利益があるのでしょうか。

  1. どんど焼きの火や煙に当たると若返ることができます。
  2. 書初めを飾り付けした後に正月飾りと一緒に焼き、その灰が高く舞い上がったら、習字(や勉強)が向上します。
  3. お餅や団子をいただくと、歯痛や虫歯にならず、風邪もひかないです。
  4. 残った灰を体にまぶせば、健康になれます。
  5. 灰を家の周囲にまくと、厄除けになります。
編集部
関連記事では鏡開きについて紹介しています。併せてご覧ください。

鏡開きとは?2019年の鏡開きの日はいつ?意味や由来も解説!

2018.12.20

まとめ

昔、お正月大歳神を祀(まつ)ることを主とした行事でした。大人はお迎えするために注連縄(しめ)飾りや門松などを飾る準備に追われ、子供は子供で歳神様の来訪を心待ちにしていたのです。それは、大歳神が凧(たこ)や独楽(こま)、羽子板、ミカンをもってきてくれる存在だったからです。そして小正月にはどんど焼きの行事で大人も子供もお供えした物を焼き、団子などを戴きました。

贈り物をもらえる日はクリスマス!となってから久しい現代、歳神様を待ちわびる風習は姿を消しつつあります。それでも、火が激しく燃え盛るどんど焼きの行事は老若男女を問わず魅了します。お近くの神社や自治会など、どんど焼きの行事を行っている場所に足を運んでみては如何ですか。

どんど焼きについてのライターメモ

どんど焼きについてのライターメモ

どんど焼きの記事に関するコメントはこちらから!

この記事へのコメントはこちらへどうぞ

どんど焼きの関連書籍はこちら!

編集部
おすすめ関連書籍はこちら!