>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

2020年の松の内はいつからいつまで?松の内の意味や行事を解説

2020年の松の内はいつからいつまで?松の内の意味や行事を解説

松の内とはお正月に玄関前などに門松を飾る期間で、この期間は歳徳神が家を訪れています。また、松の内の期間は地域によっても違います。今回はお正月の松の内に関する由来やならわしなどを紹介します。お正月には歳徳神さまに気持ちよく来訪していただきましょう。

    松の内とは

    「松の内」とは、正月に門松が玄関前に飾られている期間のことです。また、この期間が終わることを「松の内が明ける」と表現します。

    松の内が明けると、挨拶状も年賀状から寒中見舞いへと変わります。

    松の内の期間はいつまで?

    松の内の期間
    Photo by800bikuni

    松の内は元旦の1月1日~1月7日もしくは1月15日までです。

    もともとは全国で統一して1月1日から1月15日までが松の内の期間でした。

    しかし徳川三代将軍家光の没後、家光の月命日が毎月20日となったことで状況が変わります。15日に松の内が明けると20日が鏡開きになるので、お膝元の関東ではこれを不謹慎としたのです。そして1662年、江戸幕府が「松の内は1月7日まで、鏡開きは1月11日に」との通達を出したことが発端で、関東と通達の周知が遅れた地域(関西など)では松の内の期間に差がでるようになりました。

    <松の内の期間(スタートは元旦・1月1日>

    関東 関西 九州 その他
    1月7日まで 1月15日まで 1月7日まで 1月10日まで

    こづっち

    こづっち

    関東の松の内明けに合わせるかたちで、
    年賀状は1月1日~1月7日寒中見舞いは1月8日~立春に出すんだよ!

    ◎門松を飾り始める日は12月13日からでOK

    家の前に門松を飾り始める期間は、正月事始め(しょうがつごとはじめ)の12月13日以降であればいつでも良いとされており、12月13日~1月7・15日を松の内と考える場合もありますが、一般的には元旦からを松の内とします。ついでに申しますと 、12月29日~12月31日の間は門松の飾りはじめには向いていません(二重苦という語呂合わせや一夜限りという意味が込められるため)。門松を年越し前から飾る場合は、28日までに飾りましょう。

    2020年の松の内の期間は?いつまで?

    • 関東地方・・・1月1日(水)~1月7日(火)
    • 関西地方・・・1月1日(水)~1月15日(水)
    • 九州地方・・・1月1日(水)~1月7日(火)

    松の内の由来

    松の内の由来
    Photo bykareni

    松の内は来訪神である「歳徳神(としとくじん)」をお迎えする期間になります。

    • 門松・・・家の前に飾り、歳徳神が迷わずにいらっしゃる依代(よりしろ)の役割を果たします。
    • 鏡餅・・・玄関に飾り、歳徳神への供物です。
    昔は各家庭で年神棚(恵方棚)を作り、その棚に供物をあげて歳徳神に滞在してもらっていました。そのため、家を守ってくれる祖先霊として歳徳神をお迎えし、お祀りした地域もありました。

    歳徳神について

    歳徳神は日本神話ではスサノオとカムオオイチヒメとの間に生まれた穀物神・オオトシノカミとされています。農耕生活が中心だった古代の人々は、穀物が実り種を残して息絶えても春に種をまけば再びその姿を蘇らせることから、穀物に死と再生の神秘性を見出していました。

    そのため年の初めに豊作を願って穀物神「オオトシノカミ」を祀る行事を行うようになりました。お正月や松の内とは本来、死と再生への信仰と、生活を支える穀物の豊作を願ったことに由来した儀式とその期間です。
    画像はWikipedia「歳徳神」より

    また、松の内の名称に「松」が使われる理由は松の葉は1年中瑞々しい緑色を保ち、枯れることがないからといわれています。その力強い生命力が神聖視されていたと考えられます。

    「歳神様を待つ」「祀る」に含まれるマツの言葉も、松縁起物になった理由の一つとして挙げられます。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計3人評価)

    関連記事