>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

縁結びのパワースポット「川越氷川神社」〜ご利益やアクセス方法を解説〜

縁結びのパワースポット「川越氷川神社」〜ご利益やアクセス方法を解説〜

埼玉県に位置する川越氷川神社は、古墳時代に建てられた霊験あらたかな神社で、日本の中でも屈指の「縁結びの神様」として有名です。また「御神木」や「風鈴回廊」、「絵馬回廊」などパワースポットや魅力的な趣向で、多くの人からさらに注目を浴びるようになりました。このページでは、そんな川越氷川神社の魅力に迫ってみましょう。

    このページでは、川越氷川神社の「祭神」や「ご利益」について、次のページでは川越氷川神社の「魅力」や川越氷川神社までの「交通機関」など詳しくご紹介します。

    川越氷川神社とは?埼玉県の縁結びのパワースポット

    川越氷川神社,とは,埼玉県,縁結び,パワースポット

    川越氷川神社とは?埼玉県の縁結びのパワースポット

    静寂な中に凛としたたたずまいを見せる川越氷川神社は埼玉県に位置し日本の中でも屈指の縁結びの神様として名高く、多くの老若男女から癒しのパワースポットとして注目を浴びています。

    川越氷川神社は、2014年から夏祭りとしてスタートした色とりどりの「風鈴回廊」や絵馬に書かれた微笑ましい言葉に思わず顔がほころぶ「絵馬回廊」など、現代人を引き付ける要素に満たされた神社ですが、実は約千五百年も前の古墳時代に創建された霊験新たかな神社と言われています。

    川越氷川神社の五祭神

    川越氷川神社,とは,埼玉県,縁結び,パワースポット

    川越氷川神社とは?埼玉県の縁結びのパワースポット

    川越氷川神社の御祭神は、「素盞嗚尊(すさのおのみこと)」とその妻である「奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)」、妻の両親である「脚摩乳命(あしなづちのみこと)」と 「手摩乳命(てなづちのみこと)」、そして素盞嗚尊夫婦の子であり脚摩乳命の孫となる、「大己貴命(おおなむちのみこと」)の五人の神様です。

    大己貴命は、縁結びの神社として有名な出雲大社の祭神でもあります。二組の夫婦と縁結びの神様が祭られている川越氷川神社は、古くから良き縁を授けてくださる神様また家族円満な神様として信仰を集めてきました。

    ポイント

    • 川越氷川神社は有名な縁結びの神様で、「風鈴回廊」や「絵馬回廊」などパワースポットや見所満載の神社です。
    • 川越氷川神社の御祭神は、素盞嗚尊(すさのおのみこと)、奇稲田姫命(くしいなだひめのみこと)、脚摩乳命(あしなづちのみこと)、手摩乳命(てなづちのみこと)、大己貴命(おおなむちのみこと)の5人の神様です。

    お参りの作法

    お参り,作法

    お参りの作法

    人の生き方に人道があるように、神社仏閣にもお参りの作法があります。
    川越氷川神社へお参りするときは、神様に喜んでいただけるように、作法に則してお参りしてください。

    • 鳥居のくぐり方

    鳥居の前まできたら、端により一礼してくぐります。帰るときも鳥居を出て神社へ向き直り一礼します。

    • 参道の歩き方

    参道の中央は神様が通られる道と言われています。参道を歩く時は中央を避けて歩きましょう

    • 手水の作法

    まず右手で柄杓を持ち最初に左手をゆすいで下さい。次に左手に柄杓を持ち替えて右手をゆすぎます
    また柄杓を右手に持ち換え左掌に水を溜め口をすすぎます左手を再度洗い最後に残りの水で柄杓の柄を洗い流します。

    • 参拝の作法

    まず、神殿に向かって2回深くお辞儀をします。次に胸の辺りで両手で2回打ち、指先を揃えてお祈りします。両手で打つときは、右手を少し下げて打ちましょう。最後はもう一度深くお辞儀します。

    「二拝ニ拍手一拝」と覚えておくと良いでしょう。

    ポイント

    • 神社への参拝は、お参りの作法も大事です。
    • 鳥居の前で一礼し、参道の端を通って手水場で手や口を清め、神殿へ向かいます。神殿前では「二拝ニ拍手一拝」の作法でお参りしましょう。

    川越氷川神社のご利益

    川越氷川神社,ご利益

    川越氷川神社,ご利益

    川越氷川神社の御利益は、「縁結び」「夫婦円満」「家族円満」など異性間や家族間の良き縁は言うまでもありませんが、仕事や友人関係、日常生活においても良き縁のご利益があるとされています。

    川越氷川神社では「人は生まれながらに結婚相手と赤い糸で結ばれている」という言い伝えを、見える形にして神様の力を伝えています。

    結い紐の儀

    • 縁結び玉川越氷川神社境内の玉砂利には良縁を結ぶ力があると言い伝えられていることから、巫女さんが白い玉砂利を拾い麻の網に包んだものを、神職がお祓いしお分けしています。
    • 結い紐のもと生涯の伴侶にめぐり合ったら二人揃って川越氷川神社へ参拝し、玉砂利を戻してください。その後神社から、二人の縁が強く結ばれるようにと祈願された「結い紐のもと」が渡されます。
    • 結い紐結婚が決まり式を挙げる前に「結い紐のもと」を川越氷川神社へ預けましょう。水引で作られた「結い紐のもと」から新郎新婦用の「結い紐」が作られます。「結い紐」は川越氷川神社での結婚式の祭「指輪交換」として使われます。別の場所で結婚式をあげる場合は「結い紐のもと」をそのまま御守りとして大事に持っておいてください。

    その他にも、さくらさく守りや縫いつけまもり、美守、であいこいなど数々の縁結び御守りが準備されています。

    また顔を寄せ合っている馬が描かれた「絵馬」の奉納や鉛筆を削るごとに男女の絵が近づいていくという面白い趣向の「赤縁筆」があります。

    ポイント

    • 川越氷川神社の御利益は、「縁結び」や「夫婦円満」、「家族円満」だけでなく、仕事や友人関係の良き縁もあるとされています。
    • 川越氷川神社には、川越氷川神社ならではの縁結びの儀式である「縁結び玉」「結い紐のもと」「結い紐」という「結い紐の儀」があります。

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事