LINE友達追加で開運待ち受け画像をプレゼント!

「除夜の鐘」の意味とは?除夜の鐘をつく時間と回数の由来・起源についても解説!

「除夜の鐘」の意味とは?除夜の鐘をつく時間と回数の由来・起源についても解説!

除夜の鐘は1年の最後の日である大晦日の恒例行事です。なぜ除夜の鐘と言われているのでしょうか。今回の記事では除夜の鐘の意味や由来、起源、そして108回打ち鳴らす事と煩悩との関係性について解説しています。

記事の目次

  1. 1.除夜の鐘の意味とその由来
  2. 2.除夜の鐘は何時からつき始める?
  3. 3.除夜の鐘をつく108という数の意味とその由来
  4. 4.まとめ
辻林クン

辻林クン

大晦日と言えば除夜の鐘。ぼくの煩悩も払えるといいけど。。。

おかずさん

おかずさん

右に同じ

「除夜の鐘」とは、大晦日の年中行事です。12月31日の夜から1月1日の深夜0時を挟む時間帯に寺院の梵鐘(ぼんしょう)を108回鳴らします。今回は除夜の鐘の由来や歴史、起源などを詳しく解説します。

除夜の鐘の意味とその由来

除夜の鐘

「除夜の鐘」とは、この除日の夜に鳴らす鐘という意味。

「除夜の鐘」の意味を仏教用語の観点から考えていきましょう。
元々仏教用語で除夜の鐘の「除」という単語は「古いものを捨て、新しいものを迎える」という意味があります。

一年にあった出来事や新年に持ち越したくない思いなどを1年の最後の日である大晦日に取り除くと言う意味で、仏教では大晦日を「除日(じょじつ)」と表現します。

どうして除夜の鐘というの?

「除夜の鐘」とは、この除日の夜に鳴らす鐘という意味です。

除日の夜に寺院の梵鐘を鳴らす事により、旧年あった出来事や思いを取り除き、新しい気持ちで新年を迎えられます。では除夜の鐘とは、いつから行われるようになったのでしょうか?

歴史と起源について

「除夜の鐘」の起源は、中国の寺院で行われていた風習と言われています。

仏教発祥の地インドでは梵鐘の起源と結びつくものが無く、梵鐘そのものは仏教用具として中国を中心とした東アジア広域で使用されてきました。そのため除夜の鐘の風習は古代中国で誕生した説が有力です。

仏教では悟りを得るために、あらゆる煩悩を祓わなければなりません。古代中国では梵鐘には「穢れや煩悩を祓う力がある」と信じられていたため、煩悩の隙間から鬼が入らないよう、艮(うしとら)意識して寺院の梵鐘を鳴らしていました。

艮とは
中国由来の陰陽道から生まれた概念で、鬼が入りやすい方角として知られていますが、時刻や月を表す時にも使われていました。艮とは丑と寅の間に位置し、月に当てはめると丑が12月、寅は1月に属しますので、艮は年が移り変わる大晦日を指し示し、艮の時刻めがけて打ち鳴らす『除夜の鐘』が生まれたのです。

中国で生まれた除夜の鐘の風習が日本に伝わったのは、鎌倉時代と言われています。中国で宋が元に滅ぼされた頃、中国の禅僧が日本に渡ってきたことがきっかけです。

日本に伝わった当初は3か所の寺院だけで梵鐘をつく事が許可されました。室町時代になると梵鐘を鳴らす風習は少しずつ広まっていき、江戸時代には現代のように多くの寺院で除夜の鐘をつくようになったのです。

ポイント

  • そもそも「除夜の鐘」の「除」とは古いものを捨て、新しいものを迎えるという意味です。
  • 除夜の鐘とは仏教用語で「除日の夜に鳴らす鐘」という意味です。
  • 元々は鬼門を封じ込める為に中国の寺院で梵鐘を鳴らしていた風習が始まりとされています。
次へ

関連記事

人気の記事