迷信に隠れた深い意味 馬鹿にできないジンクスと見えない力の秘密

墓の前で親指を隠す、夜に爪を切らないなど、迷信に隠された秘密とは・・・
スピリチュアル

迷信に隠れた深い意味 馬鹿にできないジンクスと見えない力の秘密

墓の前で親指を隠す、夜に爪を切らないなど、迷信に隠された秘密とは・・・

墓の前で親指を隠す、夜に爪を切らないなど、迷信に隠された秘密とは・・・

夜に爪を切らないとか、悪口を言うと虫歯になる、とか、私たちは親や周りの大人からいろいろな迷信(ジンクス)をきいて育ちます。

現代人は迷信なんて、と馬鹿にしがちですが、昔から語り継がれたジンクスには生活の工夫や隠された意味があり、迷信といって切り捨ててしまうにはあまりにも惜しい生活の知恵の宝庫です。

昔の人から語り継がれた迷信には、見えない力を味方につける知恵がいっぱいです。

今回はそのいくつかをご紹介します。

悪口を言うと虫歯ができる

悪口は虫歯のもとと言います。

人の悪口を言うと、口の中に悪い気が溜まってしまいます。

口の中に悪い気がたまると、歯が黒ずんできたり、歯質が弱くなり、虫歯ができやすくなります。

虫歯は人間関係の運気を大きく下げますし、とくに、前歯や正面からみて見える位置に歯抜けがあると、そこから金運がもれ、財産運を悪化させる原因にもなります。

悪口を慎み、もしも虫歯があるならすぐに治療しましょう。

人の悪口を言うと、虫歯になる

人の悪口を言うと、虫歯になる

虫歯を治すと、著しく運勢が良くなります。歯医者さんで「ブライトニング」をお願いして歯を白くしてフッ素でコーティングしてもらうものとてもおすすめです。