>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

迷信に隠れた深い意味 馬鹿にできないジンクスと見えない力の秘密

迷信に隠れた深い意味 馬鹿にできないジンクスと見えない力の秘密

迷信に隠れた深い意味 馬鹿にできないジンクスと見えない力の秘密 墓の前で親指を隠す、夜に爪を切らないなど、迷信に隠された秘密とは・・・ 夜に爪を切らないとか、悪口を言うと虫歯になる、とか、私たちは親や周りの大人からいろいろな迷信(ジンクス)をきいて育ちます。

    北にハサミをむけない 刃物には殺の気が宿る

    北は風水では先祖の場所を表します。

    昔の人は刃物のもつエネルギーをとても重視していました。

    刃物は物理的にものを切る道具ですが、精神的なつながりも切断する働きがあります。

    (これを刃物のもつ「殺」の気)といいます。

    爪切りや包丁などの刃物はそのまま置いておくのではなく、ちゃんと保管場所を決めて大事にしまいましょう。

    コンビニのスプーンや箸をもらいすぎない タダのものには貧乏神が憑きやすい

    駅前で配られるティッシュやコンビニのスプーン、箸、「タダだから」といって、とりすぎるとろくなことはありません。

    使いもしないものを大量にとっておくのは斎藤一人さんがいうところの貧乏波動を帯びた行為ですし、つかわない、とくにタダでもらったものには貧乏神がつきます。(貧乏神とはようするに浮遊霊です)

    「もらうならすぐつかう」「使わないならもらわない」という方針でいきましょう。

    歯の折れたクシを使っていると、胃が悪くなる

    歯の折れた櫛には悪い気が溜まっています。

    そのクシで体の神経の中枢である頭を手入れするのはよくありません。

    体の気が乱れて胃がわるくなってしまいます。

    いかがでしたでしょうか? 昔から受け継がれてきた迷信には隠れた知恵や秘密がたくさんあります。

    迷信なんて、と切り捨てず、昔の人の知恵を生活に取り入れ活かしましょう。

    感謝

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事

    人気の記事