一周忌とは?故人が亡くなってから一年後の命日に行う法要の意味を解説

一周忌,とは,意味,費用,お布施,相場,一回忌
一周忌とは?故人が亡くなってから一年後の命日に行う法要の意味を解説
仏教用語

一周忌の意味

一周忌,とは,意味,費用,お布施,相場,一回忌

一周忌の意味

一周忌とは、故人が亡くなった日から、1年が経った祥月命日(しょうつきめいにち:故人が亡くなった同じ月と同じ日)に追善供養を行う法要の事です。

人が亡くなりますと、まず初七日、四十九日を終えて、百箇日(ひゃっかにち:故人が亡くなってから100日目の法要を行う日)、その次が一周忌となります。

仏教では、人を含む生き物全ては死後、中陰(ちゅういん:死後次の生を受けるまでの間幽体として存在していること)となって閻魔大王を含む10尊の裁きを受けます。泰山王による7番目の審理(死後四十九日目)で六道の転生先が決まり、8番目以降は三悪道(さんあくどう:地獄道、餓鬼道、畜生道のこと)に転生が決まっていても再審理が行われ、審理が行われる日に家族や故人と縁が深かった人々から供養があると故人は救済が受けられるとされています。

故人の亡くなった日から1年後(一周忌)は9番目の再審理を「都市王」が行います。一周忌では故人と縁があった人々を広く招いて、故人が救済を受けられるよう冥福を祈り、僧侶にお経をあげていただきます。

最近では参列者の都合に合わせて、一周忌の日程を週末や休日に行うことも増えました。しかし、本来は祥月命日に一周忌を行います。

ポイント

  • 亡くなってから満一年がたった月日に一周忌を行います。
  • 一周忌、三回忌、七回忌と続いていき、亡くなった年から49年後の五十回忌で故人は極楽浄土に向かうことができるとされています。

編集部
四十九日の法要についてはこちらから

四十九日とは?命日から数えて四十九日目に行う追善法要の意味を解説

2018.11.20

一周忌と一回忌の違い

一周忌と一回忌は意味や考え方、数え方に大きな違いがあります。

一周忌は故人が亡くなられた日から一年後の祥月命日に行う法要の事を言い、一回忌(いっかいき)故人のお葬式の事を言います。

二回忌とは呼ばず『一周忌』と呼ぶ由来は諸説ありますが、故人の亡くなった日から1周して喪が明けるので一周忌と呼ぶ説が有力です。この「一周」とは、仏教発祥の地インドで生まれた中陰法要で数字7を基本にする考え方と中国の十二支を一回りとする、2通りの考え方があります。

また、周忌と回忌の数え方は、回忌が数え(例:故人の死後49年目が五十回忌)、周忌は(例:故人が亡くなった日から同じ月同じ日の1年後が一周忌)で区別されています。

ポイント

  • 一回忌は故人のお葬式の事、一周忌は故人が亡くなった日から1年後の祥月命日に行う法要の事を言います。
  • 回忌は数え、周忌は満で年数を数えて区別します。

一周忌に参列いただく人の範囲

一周忌,とは,意味,費用,お布施,相場,一回忌

一周忌に参列いただく人の範囲

一周忌に参列していただく人の範囲は、故人の家族と親族、故人と深い付き合いのあった友人、知人です。近親者のみで行うことが基本です。

故人の家族 ・故人の配偶者

故人の子供と子供の配偶者

・故人の孫と孫の配偶者

・故人の曾孫と曾孫の配偶者

故人の親族

・故人の兄弟姉妹と兄弟姉妹の配偶者

・故人の甥・姪

故人の叔父・伯父、叔母・叔母

・故人の従兄弟姉妹と従兄弟姉妹配偶者

・故人の従甥姪

故人と深い付き合いのあった友人・知人 ・生前親しく深い付き合いをした人(例:幼馴染、親友、ビジネスパートナーといった普通の付き合いよりも絆の深い関係)
ポイント

  • 家族や親族だけで行う場合が多いですが、親しかった友人などにも参列していただくことがあります。

一周忌法要の費用

一周忌,とは,意味,費用,お布施,相場,一回忌

一周忌法要の費用

費用は地域により様々ですが、一般的(全国平均)には以下のようになっております。

御布施(僧侶) 3万円程度
御車代(僧侶) 5千円~1万円
御膳料(僧侶) 5千円~1万円
お斎の料理代 1名5千円程度
引き出物 1名3千円~5千円
  • 御車代は、僧侶にお斎のために会館やホテルまで来てもらうための費用です。
  • 御膳料は、僧侶がお斎を欠席する時にお渡しする費用です。
ポイント

  • 菩薩時に法要の依頼をするとき、併せてお布施の金額お斎の出欠確認をとりましょう。
  • お斎に僧侶が出席する場合、食事の時に「御布施御車代」と用意した引き出物(場合によっては一緒にお酒の小瓶)を一緒にお渡しします。
  • 僧侶がお斎を欠席する場合、法要が終わったタイミングで「御布施御車代御膳料」と用意した引き出物(場合によっては一緒にお酒の小瓶)をお渡しします。

一周忌法要のお布施の相場

お布施の相場は3万円~5万円と地域によって金額に差があります。そのため一周忌法要を依頼しているお寺に金額を確認すると良いですよ。しかし、単刀直入に確認すると「お気持ちで良いですよ」とお答え頂くことが多いので僧侶へお尋ねする時は「みなさんどのくらい包まれていますか?」という聞き方をすると具体的な金額を教えてもらいやすくなります。一周忌法要を行う地域に住む親戚に確認するのも良いでしょう。

また、菩薩寺ではなく葬儀場から紹介してもらった僧侶に一周忌法要を行ってもらう場合は、葬儀場にお布施の金額を確認すると良いです。

編集部
関連記事では知っているようで実はよく分からない十三回忌についてご紹介します!

13回忌法要の意味とは?香典やお布施の相場や服装のマナーを解説

2018.09.27

一周忌についてまとめ

故人が亡くなった日から満一年目の祥月命日が一周忌です。お布施やその他の費用について事前に調べておくと、一周忌法要の直前で慌てることなく準備ができて安心です。亡くなられた故人の冥福を祈るために、一周忌法要を行う意味を再確認しましょう。

一周忌ライターメモ

一周忌,とは,意味,費用,お布施,相場,一回忌

一周忌についてのメモ

 

当たりすぎると評判の電話占い