>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

事代主(コトシロヌシ)とは?国譲りを認めた大国主の子について解説

事代主(コトシロヌシ)とは?国譲りを認めた大国主の子について解説

事代主(コトシロヌシ)とは、出雲大社の主祭神である大国主の息子で、ご神託を司る他、海上安全や漁業守護などのご利益があります。事代主は日本神話ではどのような神様だったのでしょうか?こちらの記事では、事代主の別名や関連する神話、事代主を祀る神社について紹介しています。

    事代主(コトシロヌシ)とは

    事代主(コトシロヌシ)とは

    事代主(コトシロヌシ)とは

    事代主(コトシロヌシ)とは、出雲大社の御祭神で有名な大国主の息子です。「コトシロ」という言葉には、「神様の代わりに言葉を申し上げる」という意味があり、ご神託を司る神様とされています。天皇を守る8柱の神様の1柱でもあり、宮中の「八神殿」というところに祀られています。

    また日本神話では事代主が釣りをしている場面があるため、今宮戎神社では恵比寿様と同一視しています。島根県の美保神社では事代主を祀っていましたが恵比寿様信仰が生まれてからは恵比寿様も祀っています。この他の神社では事代主と恵比寿様が混合されることがあります。

    ポイント

    • 事代主は、大国主の息子の神様で、ご神託を司る神様でもあります。
    • 天皇守護の神様の1柱で、宮中の八神殿に祀られています。
    • 恵比寿様と混合されることもあります。
    編集部

    編集部

    関連記事では、事代主の父神である大国主について紹介しています。あわせてご覧ください!

    事代主の別称

    事代主の別称は以下の通りです。

    • 八重事代主神(ヤエコトシロヌシノカミ)
    • 玉櫛入彦嚴之事代神(タマクシイリヒコイツノコトシロヌシノカミ)
    • 都味歯八重事代主神(ツミハヤエコトシロヌシノカミ)
    • 恵比寿大神(エビスオオカミ)

    コトシロヌシの漢字表記を「言代主」とする場合もあります。

    ポイント

    • 事代主の別名には、八重事代主神・玉櫛入彦嚴之事代神・都味歯八重事代主神・恵比寿大神があります。
    • コトシロヌシの表記が「言代主」になることもあります。

    事代主にまつわる神話

    事代主にまつわる神話

    事代主にまつわる神話

    日本神話:『葦原中津国平定』

    葦原中津国(日本)を治める権利を大国主から譲り受けるために、高天原にいる天照大神からタケミカヅチとフツヌシが派遣された「国譲り」の神話です。

    タケミカヅチたちが大国主に「葦原中津国は天照大神とその子孫が治めるべきだから譲るように」と言ったところ、大国主は「そのことについてはまず事代主に聞いてほしい」と答えます。

    美保ヶ崎で釣りをしていた事代主を連れてきて、タケミカヅチが国を譲るように迫ると事代主は「承知しました」と承諾しました。そして自分が乗っていた船を踏み傾けて、天ノ逆手(または逆柏手)を打って青柴垣に変えて、そこに隠れてしまいました。

    タケミカヅチは大国主のもう1柱の息子・タケミナカタからも承諾を得て、正式に大国主から葦原中津国を譲り受けます。その際大国主は「二人の息子が天照大神(天津神)に従うならば私も従いましょう。他の子供たちは事代主に従うので、天照大神(天津神)に逆らうことはないでしょうと伝えています。

    このエピソードから、事代主は大国主の跡取りという説があり、大国主の子供たちのリーダー的存在であったと考えられています。

    編集部

    編集部

    関連記事では、葦原中津国平定に派遣されたタケミカヅチの別名「鹿島様」について紹介しています。併せてご覧ください!

    伝承:『鶏伝説』

    島根県美保関町に伝わる、事代主の「妻問い」での伝説です。

    事代主は毎晩海を渡って美保津姫の元に通っていました。しかしある日鶏が間違えて真夜中に鳴いてしまったため事代主は慌てて船に乗って海に出ます。しかし、急いでいたため船をこぐための櫂(かい)を忘れ、仕方なく手でこいで海を渡ります。すると、途中で鰐(サメのこと)に手を噛まれてしまいます。

    この出来事から事代主は鶏が嫌いになり、美保関では鶏を飼うことは無くなって、参詣人にも卵を食べないように注意したといわれています。

    伝承:『伊豆と三島』

    こちらの伝承は記紀の『葦原中津国平定』で、事代主が青柴垣に隠れた後の話です。青柴垣に隠れた事代主はその後、伊豆に渡って三島明神になり、富士山の神様と一緒に10の島を生み三嶋神社に鎮座したという言い伝えが残されています。

    ポイント

    • 事代主は日本神話『葦原中津国平定』に登場し、タケミカヅチに出雲の国を譲ることを承諾し、その後身を隠してしまいます。
    • 事代主は深夜に間違えて鳴いた鶏のせいで慌てて船を出し、櫂を岸に忘れ、手で漕ぎ進むはめになり、その手もサメにかじられたため鶏が嫌いになった伝承が残されています。
    • 葦原中津国平定のあとに隠れた事代主は、そのあと伊豆に渡って三島明神になったという伝承があります。
    編集部

    編集部

    関連記事では国津神と天津神についてご紹介!

    事代主のご利益

    事代主のご利益

    事代主のご利益

    釣りや海に関するエピソードから事代主は海の神様とされ、海上安全や漁業守護のご利益があります。その他、商売繁盛・五穀豊穣・厄除け・開運などのご利益もあります。

    ポイント

    • 事代主のご利益は、海上安全・漁業守護の他、商売繁盛・五穀豊穣・厄除け・開運などがあります。

    事代主を信仰する神社

    美保神社(島根県)

    美保神社(島根県)

    事代主を信仰する神社は以下の通りです。

    • 美保神社(島根県)
    • 大前恵比寿神社(栃木県)
    • 三嶋大社(静岡県)
    • 恵美須神社(京都府)
    • 今宮戎神社(大阪府)
    • 志紀長吉(大阪府)
    • 長田神社(兵庫県)
    • 三輪恵比須神社(奈良県)
    • 事代主神社(徳島県)
    • 生夷神社(徳島県)

    編集部

    編集部

    関連記事では事代主と一緒に祀られていることが多い水蛭子についてご紹介します!

    事代主についてまとめ

    事代主とは大国主の息子で、大国主の子供たちを率いる神様でもあります。日本神話では国譲りの大事な場面で登場し、日本神話では描かれなかった複数の伝承が残されています。また事代主は恵比寿信仰と混合され各地の神社でも祀られています。祀られる神社は島根だけではなく、四国や東海、関西にもあります。ご利益は海上安全や漁業守護の他に、恵比寿信仰の影響を受け商売繁盛など様々です。出雲や徳島、静岡に観光で行かれた際には事代主が祀られている神社を訪ね歩くのはいかがでしょうか?

    事代主についてのライターメモ

    事代主についてのライターメモ

    あなたが不幸なのはオーラとチャクラのせいかもしれません。

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事