>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

七回忌とは?故人が亡くなってから満六年に行う法要の意味を解説

七回忌とは?故人が亡くなってから満六年に行う法要の意味を解説

故人没後6年の節目で迎える七回忌では、法要を行って故人の冥福を祈ります。故人の死亡日を一回忌とするため、七回忌は6年後です。七回忌で法要を行うための費用は20万円から30万円が相場ですが、うちお布施は1万円から10万円です。

七回忌の意味

七回忌、意味、故人

七回忌とは故人没後6年の節目のこと

七回忌とは故人が亡くなってからちょうど6年後に迎える故人の命日のことです。一周忌などの回忌では三回忌に次いで3番目に迎えるもので、故人の冥福を祈るとともに、故人が極楽浄土で生まれ変わることができるように願う意味があります。

このため故人のご遺族やご親族が一堂に会して、菩提寺などで法要を行ったり、お墓参りをしたりすることが一般的です。ただ七回忌以降は三回忌までと異なり、ご家庭の事情に合わせて規模を縮小したり、別の回忌法要と合同で行ったりすることも多くなります。

ポイント

  • 七回忌は、故人が亡くなってちょうど6年後に迎える命日のことです。
  • 故人のご遺族などが集まって法要を行い、故人の冥福を祈るのが一般的です。
編集部

編集部

関連記事では13回忌についてご紹介します! 

七回忌の数え方

七回忌、数え方、日取り

七回は故人が亡くなってから6年後

先ほど七回忌が故人が亡くなって6年後に行われるということに触れましたが、この数え方は故人が実際に亡くなった日を一回忌として数えるためです。

例えば故人が亡くなったのが2018年の場合であれば、七回忌を迎えるのは6年後の2024年ということになります。なお法要の日程については、極力七回忌に当たる日に最も近い土日祝日を選ぶようにしましょう。これはなるべく多くの方に法要に参列していただくための配慮です。

ポイント

  • 故人が実際に亡くなった日を一回忌と数えるため、七回忌は6年後となります。
  • 法要は七回忌に最も近い土日に行うのが望ましいです。

七回忌法要の費用

七回忌、法要、費用

七回忌法要は故人の冥福を祈るための場

七回忌の法要を行うにはどのくらいの費用が必要なのでしょうか?七回忌法要で必要な費用は20万円から30万円ほどが相場です。

具体的な内訳としては、読経を行う僧侶にお渡しするお布施や会食のための費用、会場を使用するための費用、参列者への引き出物の費用、お墓参りのための費用などが挙げられます。

ただお布施については、僧侶に遠方から来ていただいた場合は御車代が、僧侶が会食に参加できない場合は御膳料も別途準備することが大切です。

七回忌法要のお布施の相場

七回忌、法要、お布施、相場

七回忌のお布施の相場はいくらなのか?

七回忌法要を行うための費用で最も大切なのがお布施です。七回忌法要を行う場合のお布施の金額は1万円から10万円が相場とされています。あくまでもお寺への感謝の気持ちとしてお渡しする性格のお金であるため、実際にいくら包むかについては、日ごろの菩提寺との付き合いなどを考慮して決めると良いでしょう。

なお、必要に応じてお渡しするお車代や御膳料については、それぞれ5千円から1万円が相場とされています。

ポイント

  • 七回忌法要の金額相場は、20万円から30万円ほどです。
  • 七回忌法要のお布施の相場は1万円から10万円ほどです。

七回忌についてまとめ

今回は故人が亡くなって6年後の命日に行う七回忌について見てきました。七回忌を行う意味として、故人の冥福を祈り、極楽浄土に成仏できるように願うというものが挙げられます。なお七回忌の数え方は、故人が実際に亡くなった日を一回忌とみなすため、故人が亡くなってちょうど6年後に迎える命日として数えるのが一般的です。

七回忌法要を行う際の費用は20万円から30万円で、そのうちお布施は菩提寺との付き合いにもよりますが1万円から10万円が相場とされています。

故人が亡くなって6年の節目に行うということで、七回忌の際には故人のことに思いをはせて、きちんと法要を行うと良いでしょう。

ライターメモ

  • 七回忌のライターメモ

令和元年に待つあなたの運命

  • 『エレメンタルタロット』では、令和元年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく教えてくれます。 今なら、『全員無料』鑑定してもらえます。 令和にあなたを待ち受ける運命を知りたい方は、
    今すぐ期間限定『全員0円』をお試しください!

関連記事

人気の記事