>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

アガスティアの葉とはどんな予言書?日本との関係やトリック疑惑も解説

アガスティアの葉とはどんな予言書?日本との関係やトリック疑惑も解説

アガスティアの葉は、古代インドの聖者アガスティアが地上に生きるすべての人の運命を記したといわれる予言書です。自分自身の葉を探しに日本からも多くの人がインドを訪れています。あまりにも伝説的な存在ゆえに真偽を問われることも…不思議なアガスティアの葉の秘密に迫ります。

    アガスティアの葉とは?

    木製短冊に書かれた予言

    木製短冊に書かれた予言

    アガスティアの葉とは、約5000年前にインドの聖者アガスティアが、地上に生きるすべての人の運命を記したとされる予言書です。古代タミル語で語られる予言には、個々人の現世における過去・現在・未来、さらにはカルマを含めた過去世から来世までもが記されました。

    世界中の人間の運命が記された膨大な数の予言から個人の葉を特定し、現代タミル語に翻訳することができるのは、専門的な技術を身に着けた「ナディ・リーダー」と呼ばれる人々だけです。はじめに依頼者の指紋から何枚かの葉が選ばれ、いくつかの質疑応答を経て、依頼者の運命が記されたアガスティアの葉に辿り着くのです。

    アガスティアは予言を鹿の皮に記録しましたが、保存のために関係者によってヤシの葉に書き写され、さらに後に木製の短冊へ書き写されたものが現在、南インドの「アガスティアの里」にある館に保管されています。アガスティアの葉は数カ所の館に分散しているので、自分の葉が見つからない時には他の館で探します。

    予言は数十のカンダム(章)に分かれています。結婚・親・子供・病気・職業・借金・寿命・過去世・来世などの項目があり、まず依頼者の誕生から死亡するまでの人生が記された第1カンダムが読まれ、そこからは別料金で希望するカンダムを読んでもらうシステムです。

    たとえば過去世については、その人が過去世で犯した罪によるカルマ(業)とその救済方法が記されていたり、現世においてはトラブルが起こった時の対処法も書かれています。予言を知って行動することで運命が変わり、さらに変化した未来の予言を知るために、何度もアガスティアの葉を探しに訪れる依頼者が多いそうです。

    インドの聖人アガスティア

    古代インドの聖者アガスティア

    古代インドの聖者アガスティア

    アガスティアとは、インド最古の聖典「リグ・ヴェーダ」に登場する聖仙のひとりです。インドで伝説的な聖者・賢者として広く知られ、インドの叙事詩「ラーマーヤナ」や「マハーバーラタ」にも多くの逸話が残されています。

    またインドの伝統医学「シッダ医学」を後世に伝えた伝説の18人のひとりとされ、シッダ医学を志す人々からの崇拝の対象にもなっています。

    ポイント

    • アガスティアの葉は、古代インドの聖者アガスティアがすべての人の運命を記した予言書です。
    • 予言を知るために世界中から訪れるすべての人の葉が存在するといわれています。
    • 依頼者の葉を特定できるのは「ナディ・リーダー」と呼ばれる人々だけです。
    • 予言は個人の過去・現在・未来、過去世から来世までもが記されています。

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計4人評価)

    関連記事

    人気の記事

    記事はありません。