1ページ 2ページ

【お金の神社で金運アップ】資産運用・投資のご利益がある京都の御金神社

京都の金色の神社 御金神社のご利益
京都の金色の鳥居を持つ神社 御金神社
スピリチュアル

 京都の金色の鳥居を持つ神社 御金神社

京都は二条城の近くに御金(みかね)神社はあります。

特に印象が強いのは静かな住宅街の中に突如あらわれる黄金の鳥居です。

近年メディアにパワースポットとして紹介され、全国各地から参拝者が訪れています。

その理由は、この神社のご利益にあります。

京都の金色の神社 御金神社のご利益

 金運(鉱工業、資産運用、不動産、引っ越し、方位、厄除け、旅行中)全般のご利益

 

ご祭神の金山毘古命(かなやまひこのみこと)は、人間の暮らしの中で用いられる金属(剣、刀、鏡、鍬、鍬など)全般にご利益がある神様です。

現代では農機具や印刷機、工業機械などの製造にあたる鉱工業関係者からの篤い信仰を受けています。

また、通貨も金・銀・銅という金属であることから、お金に関わるものに広く利益があるとして、資産運用や不動産、引っ越し、方位、厄除け、旅行中の無事安全などについても崇められるようになりました。

メディアに紹介されることもあり、全国各地からご利益を求めて訪れています。

 

巨大なイチョウの木がご神木となっている

ロト6などの当選実績が高いと言う御金神社の絵馬はイチョウの形をしている

ロト6などの当選実績が高いと言う御金神社の絵馬はイチョウの形をしている

御金神社には、京都でも有数の巨木であるイチョウの木があり、このイチョウのご利益を頂けるようにお守りや絵馬はイチョウの葉を模しているものがあります。

絵馬には「お金が貯まりますように」「一人前の職人になれますように」など様々な願い事が書かれている他、お礼の言葉なども見受けられ、その御利益に益々期待してしまいます。