>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【夢占い】雨の夢を見たときの意味・心理について雨の降り方、行動別に解説!

【夢占い】雨の夢を見たときの意味・心理について雨の降り方、行動別に解説!

雨には土地や心の浄化作用があると言われており、夢に現れた時にも浄化作用が働くとも言われます。雨の状態や雨の中での過ごし方などで、夢の意味合いも違って来ますが、基本的には雨は良い知らせを運んでくれることも多いです。雨の夢が表す基本的な意味など、解説しています。

    雨の夢が持つ基本的意味は?

    雨の夢が持つ基本的意味は?

    雨の夢が持つ基本的意味は?

    雨の音は時に安眠を誘うオルゴールの役目も果たしてくれますが、雨自体が心の闇の部分を洗い流してくれるとも言います。雨がどのように降るかで夢の示す意味は違って来ます。ただ、静かに降る雨であっても、土砂降りの雨であっても、夢の中で雨が降っているのは物事が良い方向に進んでいるサインでもあります。

    夢の中で降る雨は、心の中の嫌な部分を洗い流すという暗示です。雨がやんだ後の晴れ晴れとした気持ちがそのまま夢に現れ、心の中を洗い流すと同時に、色々な運勢を上げてくれる良い夢です。

    また、雨が降る夢では、体の調子が思わしくない事を教えてくれる事もあります。体の調子の良しあしは悪い夢にも思えますが、体の不調を教えてくれれば、対処の方法もあるので、必ずしも悪い夢とは言えません。

    ポイント

    • 雨は心の中も洗い流してくれるので、夢でも浄化作用があると言います。

    雨の夢が持ついい意味

    雨の夢が持ついい意味

    雨の夢が持ついい意味

    夢の中で雨を見られる時の意味は、前述もしましたが、心の中のわだかまりなどを洗い流してくれるといういい意味があります。もちろん雨自体が必ずしも、良い事を表すわけではありませんが、夢で雨が降っていると言う事は、嫌な事を洗い流してくれる意味を持っており、心を清めてくれる恵の雨の要素が強いのですね。

    雨の夢が持つ悪い意味

    雨の夢が持つ悪い意味

    雨の夢が持つ悪い意味

    雨が降り続くような夢では、いい意味もありますが、悪い意味も持っています。起きた時に気持ちがどんより沈む場合などは、あなたの体が不調である事のサインです。特に、体調を崩しやすい時期に、雨が夢の中で降っている時は、風邪などにかかりやすい事を意味していますので、夢を参考に体を休める必要があります。

    雨の降り方による意味の違い

    雨の降り方による意味の違い

    雨の降り方による意味の違い

    ポイント

    • 雨の状態によっても、夢占いで示す意味は違いがあります。

    雨が静かに降っている夢の持つ意味

    雨が静かに降っている夢の持つ意味

    雨が静かに降っている夢の持つ意味

    静かにしっとりと雨が降っている夢、例えばひっそりとも言える雨は、嫌な思い出などを清算する時期が来た事を教えてくれています。心の中に秘めた思い=心理が静かな雨となって現れることで、あなたの心に残る後悔の念などを洗い流してくれています。

    時には、心も体も静養が必要です。雨で嫌な思い出も洗い流し、さっぱりとした晴れの天気に繋げましょう。

    雨が激しく降っている夢の持つ意味

    雨が激しく降っている夢の持つ意味

    雨が激しく降っている夢の持つ意味

    夢の中であっても、雨がどさっと降っている時には、急激に流れていく雨のように、心に抱えているトラブルなどの解消が出来ることを暗示しています。悩みなども雨で洗い流され、心晴れやかな朝を迎えることが出来るでしょう。

    もし誰かと別れた過去があったとしても、思い出と共に過去も雨が洗い流してくれます。結婚の時期や復縁の時期に迷っている時に、土砂降りの夢を見たら、それは解決する時が近い事を教えてくれています。

    雷雨の夢の持つ意味

    雷雨の夢の持つ意味

    雷雨の夢の持つ意味

    夢の中で雷雨が始まってしまった時は、いい意味よりも警告の意味合いが強くなります。土砂降りを通り越して、雷を伴う強い雨は対人関係の問題を表しています。また、ストレスが夢を通して表れることもありますので、雨が激しい時ほど、一度何か問題がないかを確認する必要があります。

    お天気雨の夢の持つ意味

    お天気雨の夢の持つ意味

    お天気雨の夢の持つ意味

    晴れているのか雨なのかわからないような、俗に言う【お天気雨】が夢の中で現れた時には、幸運が訪れる事を意味しています。思いがけず良い知らせが訪れたり、自分が今まで欲しかった物も手に入りやすくなります。あなたの頑張りが、たまにしか見られない天気雨として現れるので、天気でありながら雨が降っている状態は、かなり良い夢であるとも言えます。

    行動別雨の夢の持つ意味

    行動別雨の夢の持つ意味

    行動別雨の夢の持つ意味

    ポイント

    • 雨の夢の中での行動が、そのまま現実世界とリンクをしている事があります。

    雨の中を走っている夢の持つ意味

    雨の中を走っている夢の持つ意味

    雨の中を走っている夢の持つ意味

    走れる夢は、それだけ心も体も元気な証拠です。夢の中で走る夢は、走り方によっても意味は違いますが、どれだけ順調に走っているかで運勢の上昇率が変わってきます。

    ただ、走るという行為自体は嬉しい夢のようにも思えますが、走りづらさを感じる雨の夢は、実は悪い夢とも取れます。なにかしらの問題が起こる事の予兆でもありますので、夢の中で走る夢を見た時には、実際に問題が起きていないか確認してみましょう。

    雨の中を歩いている夢の持つ意味

    雨の中を歩いている夢の持つ意味

    雨の中を歩いている夢の持つ意味

    雨の中歩く夢が表すのは、雨が晴れるように人生もまた良い方向に向かっていく事を意味します。特に、ひっそりと物静かに降る雨の中を歩くような夢なら、心の状態はとても落ち着いていると言えます。ただ、土砂降りの中を歩くような夢なら、心が不安定になっている証拠です。ストレスを感じる時に、土砂降りの夢を見る事が多いので、雨の降り方によって意味が違ってきます。

    雨宿りをする夢の持つ意味

    雨宿りをする夢の持つ意味

    雨宿りをする夢の持つ意味

    例え夢の中であっても、雨にぬれてしまうのは気分が良いものではありません。もし、夢の中で雨が途絶えるのを待っているなら、それは一時的ではありますが、問題を上手く避けられる事を意味します。問題を抱えているのであれば、今のままでいるか何かアクションを起こすかの選択に迫られていると思って下さい。雨がやむのには時間がかかりますが、抱えていた問題も時間がかかる事を思い出して下さい。

    雨の中で傘をさす夢の意味

    雨の中で傘をさす夢の意味

    雨の中で傘をさす夢の意味

    雨に降られて困っている時に傘があると便利ですよね?傘が雨から助けてくれるように、夢でもあなたを助けてくれる人物が現れる事を暗示しています。傘は相談出来るような相手が現れる事も意味しますので、何か困った事があっても、その人の力で解決する可能性を表します。

    特に、傘を自分でさすのではなく、誰かにさしてもらう夢を見たなら、夢の中に現れた人が、そのまま現実世界での理解者を示します。もしまだその理解者に会っていないなら、近いうちに夢と似た人が現れる可能性もあります。

    傘が無ければ、雨をしのぐのは難しいです。助けが必要=雨に降られている状態からの助けがそのまま夢に現れるのですね。

    雨の夢まとめ

    夢の中で雨が降る時と言うのは、状況に応じて良い夢になることもありますし、悪い夢となる事もあります。ただ、夢の中であっても、夢自体の印象が明るいものであれば、良い夢を見たと言う清々しい気持ちで目覚めることが出来るでしょう。

    雨の音を心地よく感じるか、不快に感じるかによっても、夢の終わりは変わってきます。良い夢にするか、悪い夢にするかは、あなたの感じ方次第かもしれませんね。

    ライターメモ

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事