1ページ 2ページ

天之御中主神とは?少し不思議な神様アメノミナカヌシの神について解説!

天之御中主神とは?少し不思議な神様アメノミナカヌシの神について解説!
天之御中主神とは?少し不思議な神様アメノミナカヌシの神について解説!
あめのみなかぬし

少し不思議な神様、天之御中主神についてご存知ですか?

少し不思議な神様の話〜アメノミナカヌシの神

あめのみなかぬしという神様について

天之御中主神(アメノミナカヌシ)とは? 困った時に知恵を授けてくれる不思議な神様

長者番付日本一の実業家・斎藤一人さんは自分の成功について解説されるとき、よく神様が知恵を貸してくださったと言われます。

自分の成功は自分の努力の為ではなく、天が助けてくれたとおっしゃる言葉からは、非常に謙虚な姿勢を感じますよね。

しかし、よくよくお話を聴いてみると、じつは謙遜ではなく、本当に神様が登場して知恵を伝授してくださったというような話ぶりをされます。

そしてその神様こそが、天之御中主神だったのです。

ポイント
アメノミナカヌシは斎藤一人さんを成功に導いた神様

アメノミナカヌシとは? 斎藤一人さんと光の玉

光の玉の正体はアメノミナカヌシ

光の玉の正体はアメノミナカヌシ

斎藤一人さんがまだ6歳くらいの子供の頃、人は死ぬとどうなるのだろうと考えていると、

まあるい光の玉が降りてきて、人が死ぬとどうなるのかなど、いろいろな知識を授けてくれたとおっしゃります。

そのため、斎藤一人さんは子供の頃、この光の玉は誰にでも出てくるものだと思っていたそうです。

ある時、斎藤一人さんがこの光の玉に正体を尋ねると、光の玉は「私はアメノミナカヌシ」であると正体を明かしたということです。

ポイント
アメノミナカヌシ様は光の玉となって斎藤一人さんに知識を授けた

多くの偉人の前に現れる光の玉の正体は天之御中主神(アメノミナカヌシ)

空海の前にもアメノミナカヌシは登場した?

空海の前にもアメノミナカヌシは登場した?

この光の玉ですが、真言宗の開祖「空海」の伝記にも光の玉が出てきたという記述があります。

空海が洞窟にこもって真言を何百回と唱える修行をしていた時、  光の玉が現れて空海の口に飛び込んできたと言うのです。

その後、空海は超人的な記憶力や直感力を身につけ、天才・空海として唐に密教を学びに行きます。

このように、光の玉は色々な偉人の伝記に実はよく登場しています。

それらの光の玉の正体である「天之御中主神(アメノミナカヌシ)」様は一体どのような神様なのでしょうか?

ポイント
アメノミナカヌシ様は光の玉となって多くの偉人を手助けしていた

 

天之御中主神(アメノミナカヌシ)様は宇宙の中心存在

天之御中主神(アメノミナカヌシ)様は宇宙の中心存在

天之御中主神(アメノミナカヌシ)様は宇宙の中心存在

天之御中主神(アメノミナカヌシ)様は古事記に登場する宇宙の最高神で、アッラーやヤハウェと同じ存在との見方もあります。

言ってみれば宇宙の中心存在であり、私たち全てとエネルギーを通して繋がっています。

天之御中主神(アメノミナカヌシ)様はあまり擬人的な神様というイメージはなく、どちらかというと、私たちの存在する全宇宙を統べる、宇宙のシステムだと考えた方がわかりやすいかもしれません。

ポイント
アメノミナカヌシ様は宇宙のシステムそのものである

当たりすぎると評判の電話占い