>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

弔電とは?文例や金額の相場、読み方などを解説

弔電とは?文例や金額の相場、読み方などを解説

弔電(ちょうでん)とは、お通夜やお葬式に参列できない場合、喪主に対してお悔やみの気持ちを送ることができる電報です。どのような文章を送れば良いのか、また金額の相場などについて、記事の中で解説しています。

弔電の意味

弔電の意味

弔電の意味

弔電というのは、お葬式やお通夜に参加できない時に、喪主に対して哀悼の意を表す電報のことです。もしも可能であればお通夜に届いているのが理想的ですが、遅くてもお葬式が始まる1時間前には送られているようにしましょう。

電報を送るには、NTTの115番に電話をかけます。受付時間は8時から22時までとなっているので気を付けましょう。

このほかにも、インターネットなどで弔電を送ることができます。電話以外で弔電が送られるところは以下の通りです。

  • NTT東日本・西日本「D-MAIL」
  • 郵便局「レタックス電報」
  • KDDI「でんぽっぽ」
  • ソフトバンク「ほっと電報」
  • ヒューモニー「VERY CARD」
  • KGSインターナショナル「e-denpo」
  • ALSOK「ALSOK電報」
  • セクションエッグ「ハート電報」
  • プライムステージ「For-Denpo」

 

弔電の読み方

弔電は「ちょうでん」と読みます。

 

ポイント

  • 弔電(ちょうでん)は、お通夜やお葬式に出席できない時に、喪主に対してお悔やみの気持ちを送ることができる電報のことです。
  • 可能であればお通夜の日に、遅くともお葬式の1時間前に届くようにしましょう。
  • 電話「115」番のほか、インターネットからも送ることができます。

 

弔電の文例

弔電の文例

弔電の文例

弔電の文章の種類は様々ですが、よく使われているものを例として紹介します。

  • ご逝去の報に接し、心からお悔やみ申し上げます。
  • ○○様のご逝去を悼み、謹んでお悔やみを申し上げます。
  • 突然の悲報に接し、悲しみにたえません。心よりご冥福をお祈り申し上げます。

 

弔電の文章は、自分自身で文章を綴ることが出来たり、あらかじめ用意されている文章を自分で選んだりすることができます。自分自身で文章を作る場合に気を付けたいのが「忌み言葉」です。

弔電の場合、

  • 重ね言葉(例:「かえすがえす」など)
  • 不吉な言葉(例:「死」「苦」「四」「九」など)

が、忌み言葉として避けたいものとなっています。

このほか、「天国」という言葉もキリスト教徒でない限り宗教的にそぐわない言葉なので、「浄土」と言い換えるなど、宗教的な言葉にも注意が必要となります。

 

ポイント

  • 弔電は、電報サービス元があらかじめ用意している文章を選ぶか、自分自身で文章を作って送ることができます。
  • 自分自身で文章を作る場合、忌み言葉に気を付けましょう。

 

編集部

編集部

関連記事では、忌み言葉について解説しています。あわせてご覧ください!

 

弔電の金額の相場

弔電の金額の相場

弔電の金額の相場

弔電は種類によって金額も変わります。弔電の相場は、自分と故人・遺族との付き合いや親密度から考えましょう。

関係 金額
兄弟姉妹 3,000円~1万円
親族 2,000円~7,000円
遠い親戚 1,000円前後
友人知人 1,000円~3,000円
職場関係者 3,000円~1万円

 

ポイント

  • 弔電の相場を考える際は、自分と故人・遺族との付き合いや親密度を参考にしましょう。

 

弔電についてまとめ

「お通夜やお葬式に参列できないが、お悔やみの気持ちは届けたい」そういう時に便利なのが弔電です。基本的にはNTTの115番に電話をかけることで送ることができますが、最近ではインターネットからの申し込みで届けることもできます。理想はお通夜の時、遅くてもお葬式が始まる1時間前には届くようにしましょう。

弔電は電報サービス側が用意しているメッセージを選択するか、自分自身で文章を作るかのどちらかができます。自分自身で文章を作る場合は、忌み言葉を使わないように気を付ける必要があります。

弔電に関するライターメモ

弔電に関するライターメモ

令和元年に待つあなたの運命

  • 『エレメンタルタロット』では、令和元年にあなたに起こる運命の日を鑑定し、幸せになる方法を、1000文字以上の鑑定結果メッセージで分かりやすく教えてくれます。 今なら、『全員無料』鑑定してもらえます。 令和にあなたを待ち受ける運命を知りたい方は、
    今すぐ期間限定『全員0円』をお試しください!

関連記事

人気の記事