>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

【夢占い】嵐の夢を見たときの意味とは?嵐の夢が持つ意味を状況別に解説!

【夢占い】嵐の夢を見たときの意味とは?嵐の夢が持つ意味を状況別に解説!

夢には自分の潜在意識が隠されていると言われています。嵐の夢は、不安定な感情・環境の変化・トラブルの予感を象徴しています。嵐の夢を見たときの心理状態や嵐の夢が持つ意味を知ることで、今後の自分の在り方を考えるヒントにしていきましょう。

    夢占い 嵐の夢を見たときの心理・出来事とは?

    嵐

    嵐の夢を見たときの心理・出来事とは?

    天候に関する夢は、そのときの精神状態を表すことが多いと言われています。嵐と言えば黒い雲の塊や全てを飲み込んでしまうような不気味なものというイメージがありますが、嵐の夢を見るときの心理や、嵐の夢を見たあとの出来事にはどんな変化があると考えられるのでしょうか。まずは、嵐が表す象徴について解説していきます。

    嵐の夢象徴1 不安定な感情

    嵐という言葉には大きな変動という意味があることから、嵐の夢は変動に対する不安や恐怖といった心の不安定さを表していると考えられます。また、感情が大きく揺さぶられる出来事が起こることも暗示しています。戸惑いや動揺を隠せないことから、自分を見失っている可能性を表しています。

    嵐の夢象徴2 環境の変化

    嵐の前の静けさという言葉があるように、今後の状況に変化が予想されることを表しています。この変化は、どんなに抵抗しても変えられないものなので、流れに任せて素直に受け入れてしまうほうが良いでしょう。何かが大きく変わるときは、今までのやり方が通用しないためストレスを感じやすくなってしまいますが、新しい未来を切り開くためにもきちんと向き合うことが大切です。

    嵐の夢象徴3 トラブルの予感

    夢に出てくる嵐には危険や困難を表す意味も含まれているため、恋愛や人間関係に何らかのトラブルが発生することを示しています。また、壊れてしまった関係を修復したいという潜在意識の表れとも考えられます。自分の行動や言動に非はなかったか、突発的な喧嘩や口論で無意識のうちに相手を傷つけていなかったか振り返ることが必要です。思い当たることがあるからこそ悩んでしまい夢にまで見てしまうことなので、手遅れになる前に対処することが大切です。

    ポイント

    • 嵐の夢は「不安定な感情・環境の変化・トラブルの予感」を象徴しています。
    • 心の状態を反映している場合がほとんどなので、冷静な状況判断と自分の内面を見つめ直すことが大切です。

    嵐の夢を見たことが持つ意味を状況別に解説

    嵐

    嵐の夢 状況別の意味

    嵐には全てを壊してしまうほどのパワーがあります。存在していたものが無くなってしまうというマイナス面もありますが、無から再構築していけるというプラスの考え方もできます。ここでは、状況別の意味を解説していきます。

    嵐が来る前触れの夢

    嵐が来る前触れの状況は、いつもと違う静けさが訪れ天候が急変することから、物事の節目の到来を意味しています。現状が良い状態であれば悪い状態になることが予想され、また、現状が悪い状態であれば良い状態になることが予想されます。特に、充実した日々を送っていた人ほど注意が必要となり、今まで築き上げてきたものを全て失いかねない状況になることを暗示しています。嵐が来る前触れの夢は、自分が今置かれている環境によって意味が変わりますので、もう一度全体を把握し直し覚悟を決めておくと良いでしょう。

    嵐が過ぎ去る夢

    嵐が過ぎ去る状況は、現在の状態が間もなく終わりを迎えることを示しています。楽しく満足している時期も、大変で苦しい時期も、それが永遠に続くことはありません。次へ進むための気持ちの切り替えができたからこそ見る夢なので、迷わずに前に進んで行くと新しい扉を開くことができます。嵐によりさまざまな考えが洗い流されることを意味しますので、心機一転することができるでしょう。

    ポイント

    • <嵐が来る前触れの夢>や<嵐が過ぎ去る夢>は、自分が今置かれている状況によって示す意味が変わります。
    • 楽しい時期も苦しい時期も必ず終わるときが来ますので、節目が来たときには気持ちをきちんと切り替えて次の扉を開いていきましょう。

    嵐の夢を見たことが良い意味を持つとき

    嵐の夢を見たことが前向きな意味を持つとき

    嵐の夢を見たことが前向きな意味を持つとき

    嵐の中を突き進む夢

    嵐の中を突き進む夢は、目の前にある障害を乗り越えられるのか不安に思っているときに見る夢です。
    嵐の中を突き進む姿には力強さが感じられ、どんな困難にも立ち向かっていく意志の強さが示されています。どんなに辛い状況であっても、それを乗り越えるだけの力が備わっていますので、真正面から全力で対処すれば必ず目標は達成できます。自分の感情が不安定な状態のときに見る<嵐の中を突き進む夢>には、不安な気持ちを後押しするメッセージが含まれているとも考えることができます。

    ポイント

    • いい意味を持つ嵐の夢には<嵐の中を突き進む夢>があります。
    • 困難を乗り越えるだけの力強さが備わっていることを意味しています。
    • 不安な気持ちを後押しする夢とも考えられます。

    嵐の夢を見たことが悪い意味を持つとき

    嵐の夢を見たことが悪い意味を持つとき

    嵐の夢を見たことが悪い意味を持つとき

    嵐に飛ばされる夢

    嵐に飛ばされる夢は、自分の激しい感情を抑えられないときに見る夢です。
    感情がむき出しの今のままでは大事なものや大切な人を失う可能性がありますので、自分をコントロールする力を身に付ける努力が必要であることを意味しています。静かなところで自分に足りていない部分を分析する時間を作ると、必要なことが見えてくるでしょう。

    嵐とともに豪雨が降る夢

    嵐とともに豪雨が降る夢は、人間関係のトラブルやアクシデントにより激しい孤独感を感じているときに見る夢です。
    身動きが取れず、誰にも頼れないほどの苦境に立たされることを暗示しています。八方ふさがりの状況なので焦りや不安も増してしまいますが、冷静な心を持つことがポイントです。豪雨の中でしか見られない景色もありますので、周囲をよく見て進むべき道を探しましょう。解決の糸口は必ず見つかります。

    嵐で洪水が起こる夢

    嵐で洪水が起こる夢は、気持ちのコントロールができていないときに見る夢です。
    周囲の環境の変化に追いつけず、不安定な感情に押し流されてしまっている状態を示しています。心にゆとりを持つように心がけ、一つずつ問題を解決していくようにすることが大切です。何もしなければ不安や焦りが募るばかりなので、勇気を出して一歩踏み出してみましょう。

    ポイント

    • 悪い意味を持つ嵐の夢には<嵐に飛ばされる夢・嵐とともに豪雨が降る夢・嵐で洪水が起こる夢>があります。
    • 現状のままでは何も変わらないことを意味しています。
    • 前向きな気持ちに切り替えていくようにアドバイスしている夢になります。
    編集部

    編集部

    他の夢占いの記事も併せてご覧ください!

    【夢占い】嵐の夢まとめ

    嵐の夢は、不安定な感情・環境の変化・トラブルの予感を象徴しています。夢には自分の本心や願望が映し出されると言われていますので、夢は本心に気付くための手段とも言えます。嵐の夢はどちらかというと警告夢としての意味が強いですが、台風一過という言葉もあるように、嵐のあとには必ず晴れ間がやって来ます。逃げ出したい状況の中にも学ぶべきことがありますので、客観的に自分の心理状態を把握して、嵐の夢からのメッセージを受け取るようにしましょう。

    ライターメモ

    • ライターメモ・嵐の夢

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事