タロットカード・リーディング 愚者(ザ・フール)を読み解く

タロット 愚者 意味
タロット 愚者 意味
タロットカード

タロットカード・リーディング 愚者(ザ・フール)を読み解く

愚者(ザ・フール)を読み解く

愚者(ザ・フール)を読み解く

大アルカナタロットカード愚者の由来について

 

大アルカナタロットカードは、別名「The Fool’s story」と呼ばれる事もあります。

ウエイト版の「愚者」のカードは0、つまりここから「愚者」の冒険は始まるのです。

「愚者」が旅を始めて最初に出会うのは1番のタロットカード「魔術師」、そして次々と「愚者」は色んな体験をしていきます。

どうして「愚者」が0番に当たるのか、それは「0とは始まりであり、終わりでもある」という意味があるからです。

大アルカナタロットカード愚者の絵柄について

 

大アルカナタロットカード「愚者(THE FOOL)」の右上には「白い大きな太陽」があり、そして背景は「明るい黄色」に塗られています。

真ん中にいる「愚者の荷物」はとても少なく、左側を向いて手には「白いバラの花」を持ち、「解れたボロボロの古い服」を身にまとっているのが見て取れます。

「愚者」の足元は「崖」、後もう一歩進めば谷底へと落ちてしまう危険性があります。

足元の「白い犬」は「愚者」に向かって危険を知らせているのか、それとも威嚇しているようにも見えます。

タロットカード・リーディング 愚者(ザ・フール)を読み解く 正位置・逆位置の意味

白い太陽と黄色い背景

「愚者」の右上に描かれている「白く輝く太陽」には、神性さ、高潔さといった意味合いがあります。

そして「黄色い背景」には、何かを実現する力や強い可能性を秘めている事を意味しています。

1 件のコメント