>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

ライトワーカーとしての役割に目覚める人の特徴 孤独な使命の持ち主

ライトワーカーとしての役割に目覚める人の特徴 孤独な使命の持ち主

ライトワーカーと呼ばれる人々が存在することをご存知ですか? 光の仕事人とも言われるライトワーカーの役割に目覚める人の特徴や、ライトワーカーの人にありがちな 孤独な感覚についてご紹介します。

    ライトワーカーとは?その意味  

    ライトワーカーについての図
    ライトワーカーとは、光の仕事人を意味し、精神的な活動を通じて、人々を恐れや不安から解放する使命を帯びて、地球に生まれた存在です。

    ライトワーカーと呼ばれる人々が存在することをご存知でしょうか?
    ライトワーカーとは” light  worker”=「光の仕事人」を意味します。地球に住む私たち人間の心には、不安や恐れ、嫉妬や憎悪といったネガティブな感情が往々にして生まれます。ライトワーカーはこのネガティブな感情から私たちを解放するという使命を帯びて、地球に生まれた存在です。
     

    ライトワーカーの目的、役割、使命

    ライトワーカーの「ライト」とは、私たちを迷いや混乱から抜け出せるように導いたり、悩みや苦しみを癒やしたりすること=希望という光を与えることを指しています。

    ライトワーカーの光のエネルギーは「愛」に満ちあふれており、私たちがライトワーカーによってネガティブという闇から抜け出せるようにサポートすると同時に、私たちにも「愛ある行動が伴うように」と、愛を伝え広めます。

    使命を帯びて生まれたライトワーカーですが、この物質の多い世界においては、自分がライトワーカーであるという記憶を喪失しているときもあります。

    ライトワーカーの3つのタイプ

    ライトワーカーは特性に応じて大きく3つのタイプに分けられます。天界人・天上人というわけではなく、私たちの日常生活のなかで共に過ごしつつ、私たちがネガティブの闇に陥らないように手助けしています。
    それでは具体的にライトワーカーの3つのタイプを紹介します。

    ヒーラー

    ライトワーカーで最も多いタイプとされるのが「ヒーラー」(癒やす者)です。ヒーラーは人々に癒やしの時間や場所を与える存在となります。ヒーラーには他人だけでなく自分自身も癒やし、自然さえをも癒やします。私たちの悲しみや怒りを受け止めつつ、愛に満ちた言動で、それらの感情から解き放たれるようにと導くのです。

    ヒーラーが就いている職業としては具体的に、リラクゼーションを提供するするヨガ講師や理学療法士、カウンセラーなどが挙げられます。

    メッセンジャー

    メッセンジャーは文学や音楽、芸術といった創作活動をとおして私たちに愛あるメッセージを送っています。
    個性豊かな表現によって私たちの魂を揺さぶります。たとえば、音楽を通じて私たちに勇気や希望を与えたり、絵画や彫刻でハッとするような感動を与えたりしているでしょう。

    メッセンジャーは苦境を生き抜いてきた人も多く、人々の苦しみや痛みを自分のもののように捉えることができるため、癒やしや希望のメッセージを心に響かせることができるのです。

    トランスミューター

    トランスミューターとは”transmute”+”er”=変容する人という意味で、ネガティブエネルギーをポジティブエネルギーに変容する存在です。視野が広く、物事を多角的に見ることができるため、ネガティブな事象もポジティブな事象に捉えて、そのポジティブエネルギーを人々に与えて笑顔をもたらします。意識的にしているわけではなく、直感的にポジティブエネルギーに変換しており、そのエネルギーは強力です。

    ライトワーカーの特徴

    ライトワーカーは私たちとは少し異なる感覚や考え方を持っています。以下にライトワーカーの特徴を10個挙げますので、身近な人やあなた自身に当てはまるかどうかチェックしてみてください。

    ① 奉仕・慈悲の心を持っている

    困っている人や悩んでいる人に自然と手を差し伸べる精神を持っています。人は助け合うことで生きていると思っていますので自分が助けられることもあれば、自分が助けることも当然だと思っているので、無意識に行動が伴うのです。
    また、ボランティア活動に積極的ですが、地域を問わずに地球規模で奉仕を考えます。天災による被災や社会問題を自分の身に置き換えて考えられるので、どうしたら最善なのかと常に模索しています

    ② 揺るぎない正義感を持っている

    人を欺く、卑怯な言動、弱い者いじめといった倫理や道徳に反することに疑問を持ち、そのような行動を取る人には厳しく接します。人を傷つける行動をとる人間がいるということは、「傷ついている人」もいるということを知っているからです。その痛みや苦しみを自分事のように感じることができるため、人を貶める行動はとりません。職権乱用など、立場を利用して振る舞う人も好まず、ときに強く意見をいうために組織から厭われる場合もあります。

    このため周りから「理想が高い」「理想主義だ」と言われることもしばしばです。

    ③ 組織に馴染めない(特に学校、会社において)

    ②で述べた特徴に関連しますが、いろいろな思惑が渦巻く組織には馴染めない傾向があります。人の内面を敏感に察知しますので、たくさんの人がいると疲れてしまうのです。
    また、個性を無視するような表面的なルールに縛られるのも苦痛に感じます。理由もわからないままに「こうすべき、こうしなさい」と強いられることに疑問を感じるからです。

    そのため、学校や会社では浮いた存在となりがちで、馴染めない自分に孤独を感じることもあります。

    ④ 孤独である

    ②、③で述べた特徴により、別け隔てなく人に愛を持っているが故に「空気を読めない」とされる場合も往々にしてあります。そのため、自分と「普通の人」はどこか違う、と孤独を感じる場合もあります。人はそれぞれ個性を持っているとわかっていても、多くの人はその場の雰囲気に流されたり同調したりするために、流されない自分に対して孤独を感じます。

    ⑤独りの時間を大切にする

    「孤独」といっても、独りの時間を大切にするのもライトワーカーの特徴です。
    人を癒やすだけでなく、自分自身を癒やすことも重要だと知っているからこそ、独りの時間を充実して過ごすことができます。独りで旅行に行ったり、読書や映画の世界に浸ったりなど心落ち着く時間を楽しみます。そうしてエネルギーを充電し、人々にもポジティブエネルギーを与えていきます。

    ⑥ 想像・創造することが好きである

    直感やインスピレーションに長けており、そのひらめきを表現する力も持っています。また、人の心の動きや五感による刺激にも敏感なため感受性も豊かですので、クリエイティブ方面で活躍するライトワーカーも多いです。

    ⑦ お金よりも価値があるものがあると知っている

    フランスの小説家サン=テグジュペリの著書『星の王子さま』に、「本当に大切なものは、目に見えない」という一文がありますが、ライトワーカーはそのことを知っており人の心の機微を大切にしています。
    金銭はあるに越したことはないです。しかし、金銭では買えないものがあることを人々に気づかせる役割を担っています。

    ⑧ 知識を吸収することが苦でなく喜びである

    気になったことは自分で調べ、さらに調べた先で不明な点があればそれも調べるといったように、芋づる方式で知識を吸収しようするのも特徴です。これは、さまざまな知識を得ることで価値観を広げて、人の役に立ちたいと思うが故の行動です。飽くなき探究心は、常に「何をすべきか」を考えているからこそであり、その姿勢は周りの人々を感化します。

    ⑨ 価値観を変えてしまうような過酷な経験をしている

    トラウマともいえるようなつらい経験をしているのもライトワーカーの特徴として挙げられます。衝撃的な経験を通して、人に手を差し伸べることの重要性をより深く理解し、ライトワーカーとして目覚める場合もあります。そして、人それぞれに苦しみや痛みはあり比べるものではないということも心得ています。
    つらい経験を乗り越えて芯の強い人に成長し、その経験を人のために生かそうとするのです。

    ⑩ 動物・植物への関心が高い

    人間に対してだけでなく、動物や植物に対しても愛情を振りそそぎます。行き当たりばったりの行動ではなく、どういう行動がその動物や植物の明るい未来のために最善かを考える点が特徴です。また、人間と動植物のよりよい共存の方法を模索しています。ライトワーカーは非常に思慮深いです。
    そのため、自然と動植物に好まれて囲まれる場面も見られます。

    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計22人評価)

    関連記事

    人気の記事