>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

建国記念の日とは?紀元節とは何?建国記念の日の由来について解説

建国記念の日とは?紀元節とは何?建国記念の日の由来について解説

建国記念の日は、毎年2月11日に迎える建国をしのび、国を愛する気持ちをはぐくむための日で、初代天皇である神武天皇が即位した旧暦1月1日にちなみます。明治時時代に現在の暦に換算され、2月11日に制定されました。もともと終戦直後まであった紀元節に由来する日でもあります。

    アマテラス

    アマテラス

    建国記念の日を知ることは日本を知ることにつながります。この国の成り立ちに多くの人が関心を持ってくれて、とてもうれしく感じます。

    そもそも建国記念の日って?

    2月の年中行事と聞くと、節分を思い浮かべる方は多いでしょう。しかし日本人として忘れてはいけないのが建国記念の日です。建国記念の日は国民の祝日の1つで、祝日法によれば「建国をしのび、国を愛する心を養う日」と定められています。別の表現をすれば、国としての日本が誕生したことに思いをはせるとともに、国を愛する気持ちを育むための日というところです。

    建国記念の日はいつ?

    建国記念の日は毎年2月11日と定められており、ハッピーマンデーに関係なく祝日となります。

    ちなみに2月11日は、歴史の教科書でも習う大日本帝国憲法(明治憲法)の発布日にもなっています。

    2020年以降の建国記念の日カレンダー

    アマテラス

    アマテラス

    建国記念の日は毎年2月11日と定められていますが、曜日は異なります。2020年以降の建国記念の日を確認しておきましょう。

    2020年以降の建国記念の日カレンダー
    日程 曜日
    2020年 2月11日 火曜日
    2021年 2月11日 木曜日
    2022年 2月11日 金曜日
    2023年 2月11日 土曜日

    建国記念の日の由来は?

    建国記念の日は、古事記や日本書紀に記されている神武天皇の即位日が由来です。「建国記念日」という表記もよく見かけますが、正確には「建国記念の日」となっています。

    これは歴史上の正確な建国の年月日が明らかではないためです。本来「建国記念日」は建国日が明らかな場合に使われるため、日本の場合は「記念の日」扱いになっています。

    戦後間もない時期まであった紀元節がGHQの指導で一度廃止されますが、1950年代ごろから紀元節の復活を訴える声が増え、反対派に配慮しつつ1966年に「建国記念の日」を設ける形でできました。

    ポイント

    • 建国記念の日は2月に迎える国民の祝日で、建国に思いをはせつつ、国を愛する気持ちを育てる日です。
    • 建国記念の日はハッピーマンデーに影響を受けず、毎年2月11日に迎えます。
    • 建国記念の日は初代天皇の神武天皇が即位したとされる日が由来です。
    友だち追加

    記事を評価する

    評価 5.0 / 5(合計1人評価)

    関連記事

    人気の記事