>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

桃の節句とは?3月3日の雛祭りの由来や、縁起の良い食べ物を紹介

桃の節句とは?3月3日の雛祭りの由来や、縁起の良い食べ物を紹介

桃の節句とは、一般的に「雛祭り」と知られている3月3日の行事です。女の子の成長や幸せを祈り、お祝いする行事ですが、なぜ雛祭りは女の子の行事なのでしょうか。本記事では、雛祭りの由来や食べ物、雛人形に込められている意味などを解説します。

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    ♪あかりをつけましょぼんぼりに~、の童謡が有名な雛祭りは女の子の健やかな成長を祝う行事や。
    桃の節句ともいわれるんやけど、桃は古代より縁起の良い食べ物なんやで。

    今回は、雛祭りや雛人形の起源に迫りつつ、祝い方も解説するで~!

    桃の節句とは?

    桃の節句とは?

    桃の節句とは五節句(人日、上巳、端午、七夕、重陽)のうちの1つで「雛祭り」と知られている日です。正式には上巳(じょうし、じょうみ)の節句といいます。

    雛祭りは雛人形などを飾って女の子の成長を祈ってお祝いする行事で、ひし餅やあられなど雛祭り特有の食べ物も登場します。

    桃の節句はいつ?

    桃の節句は毎年3月3日です。正式名称である上巳の節句の「上巳」とは、3月初めの巳の日を指します。古代中国の魏の時代に、桃の節句は3月初めの巳の日から3月3日の固定日になったと考えられています。

    3月3日上巳の節句が桃の節句と呼ばれる理由

    3月3日が「桃の節句」と呼ばれる理由は、旧暦の3月3日が桃の季節だったからと考えられています。旧暦の3月は、新暦の4月上旬頃にあたりですので、桃が美しく開花する時期でした。

    また、節句というのは季節の変わり目に入り込みやすくなる邪気を払うための行事なので、魔よけの力があるとされた桃との親和性があったからという説もあります。

    アマテラス

    アマテラス

    桃は中国では仙木と呼ばれていて、仙木には鬼を見張る番人がいると言われているんですよ!そのことから、桃は不老不死や厄難削除、子孫繁栄のご利益がある縁起の良い木と考えられています。

    日本でも、私の父・イザナギが黄泉の国の出口で追っ手に桃の実を投げつけて、退散させたのですよ。(その桃の木はオオカムヅミという神の名を与えられました)

    また、桃は不老長寿を意味する「百歳(ももとせ)」と掛詞にもなっていますね。

    2020年の桃の節句はいつ?

    今年の桃の節句は、2020年3月3日(火)です。
     

    2020年以降の桃の節句カレンダー

     

    2020年以降の桃の節句カレンダー
    日程 曜日
    2020年 3月3日 火曜日
    2021年 3月3日 水曜日
    2022年 3月3日 木曜日
    2023年 3月3日 金曜日

    桃の節句の起源

    桃の節句の起源は古代中国で、3月の最初の巳の日に身を清め桃酒を飲み、災いを遠ざける風習だったといわれています。

    中国では季節の変わり目を「節」と呼びます。そして「奇数の月+奇数の日=偶数」は悪いことが起こると考えられていたため、この日は邪気を祓う目的で祭りごとが行われていました。

    日本の風習と融合

    中国の桃の節句の思想・風習が日本に伝わったのは平安時代といわれています。日本では身を清めるほかに、穢れを移した紙人形の依代を川に流すといったものがありました。この川に人形を流す風習が、現在の「流し雛」のルーツとなっています。

    桃の節句に雛人形を飾るようになった由来は諸説ありますが、平安時代の貴族の女の子の間で行われていた「ひいな(雛)遊び」だと言われています。ひいな遊びとは、紙製の人形遊びです。室町時代になると、人形は紙製のものではなく豪華なものになっていき、現在のお雛様のように人形を飾る遊びとなります。

    この、ひいな遊びが江戸時代になると幕府によって「3月3日を桃の節句とする」と決まり雛祭りとして発展していきました。

    龍神のアマちゃん

    龍神のアマちゃん

    ちなみに、江戸幕府の定めた「五節句」は次の通りやで~。

    五節句
    漢名 和名 日付
    人日(じんじつ) 七草の節句 1月7日
    上巳(じょうし) 桃の節句・雛祭 3月3日
    端午(たんご) 菖蒲の節句 5月5日
    七夕(しちせき) 七夕(たなばた) 7月7日
    重陽(ちょうよう) 菊の節句 9月9日

    雛人形の起源・原型

    「流し雛」のほかに、平安時代の「天児(あまがつ)」「這子(ほうこ)」という魔除けの人形も雛人形の起源の一つとして考えられています。

    天児とは幼児を災厄から守るための形代(かたしろ)であり、神事の祓(はらい)で用いられていました。その後、天児はハイハイをする幼児の姿・這子となっていきます。そして天児は立雛の男雛へ、這子は立雛の女雛へと変化します。

    公卿の娘

    公卿の娘

    雛人形の起源をまとめると、

    ・流し雛(形代):人の心身の穢れが移された形代・依り代
    ・天児・這子:幼児の魔除け人形

    ⇒流し雛や天児・這子と、「ひいな遊び」が合わさって雛人形となった

    という感じかしらね。

    桃の節句が女の子の幸せを願う行事として定着した理由

    桃の節句が「女の子の行事」になった理由としては、雛祭りのルーツになった「ひいな遊び」が関係しています。ひいな遊びというのがそもそも女の子の遊びだったので、それがやがて「桃の節句は女の子の行事」という風に定着していったのです。

    桃の節句の祝い方

    桃の節句の祝い方

    それでは桃の節句のお祝いの方法をみていきましょう。

    1.雛人形を飾る

    桃の節句の祝い方としてまず代表的なものが雛人形を飾ることです。

    雛人形は、基本的には6種で構成されています。

    雛人形の種類

    • 男雛と女雛
    • 三人官女
    • 五人囃子
    • 右大臣・左大臣
    • 仕丁(しちょう)
    • その他嫁入り道具やお輿入れ道具

    年では狭い家でも飾りやすい、男雛と女雛のみの構成の雛人形が多く見られるようになりました。

    雛人形に込められた意味

    雛人形のつくりは、天皇家の結婚式の様子を表したものと言われています。このことから、雛人形には「女の子の幸せな結婚」「未来の旦那様との夫婦円満」という願いが込められています。

    また、自分の厄を人形に移して流す「流し雛」の風習があるように、雛人形は厄災を引き受けるとも信じられていました。「わが子を厄災から守る」という存在としても親しまれ、江戸時代にはお守りとして嫁入り道具の1つにするという風習もありました。

    雛人形を飾る時期は?

    雛人形を飾る時期としては、2月の中旬から雛祭りの1週間前までとされています。雛祭りの前日になって飾ると「一夜飾り」となってしまい、葬儀などの悲報に慌てて準備をすることに通じて縁起が悪いとされています。

    片付ける際は雛祭りが終わってから早いうちが良いとされています。片付ける日としては、湿気のない晴れた日が適切です。

    2.神社に行く

    こちらは特に初節句として桃の節句を迎えたときの祝い方です。初めて桃の節句を迎えたとき、神社で祝詞をあげてもらいます。初穂料は大体3,000円から5,000円ほどですが、事前に神社のほうに確認しておきましょう。

    また、初節句の参拝以外でも、桃の節句限定の御朱印を授与している神社もあります。御朱印集めの楽しみの一つとしても、神社参拝すると良いでしょう。

    3.祝い膳を食べる

    ちらしずしや雛あられ、白酒などを楽しみましょう。必ず甘い雛あられ・菱餅・白酒は、お雛様にお供えしてからいただくようにするのがしきたりです。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事