>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

2019年の国民の休日はいつ?国民の祝日とは違うものなの?

2019年の国民の休日はいつ?国民の祝日とは違うものなの?

2019年のゴールデンウィークは、4月30日(火)・5月2日(木)が【国民の休日】となるため、豪華10連休となります。この【国民の休日】はとても珍しく、毎年決められている"祝日"とは違い、不定期に設けられる休日です。この記事では【国民の休日】とはどのような意味を持つ休日なのか解説し、国民の祝日との違いもご紹介します。

    2019年のゴールデンウィークは、豪華10連休となります。これは通常なら平日にあたる、4月30日(火)・5月2日(木)が【国民の休日】となることで現れた大型連休です。考えただけで胸が躍りますね。

    ちなみに国民の休日の意味を、詳しく知っている方はどのくらいいらっしゃるでしょうか?同じ休みの日でも、“祝日”とは意味が違います。

    今回は【国民の休日】とはどのような意味を持つ休日なのか、国民の祝日との違いもあわせてご紹介します。

    国民の祝日とは?

    国民の祝日とは?

    国民の祝日とは?

    「国民の祝日」は日本の法律に定められた休日で、1948年(昭和23年)に施行された“祝日法”と呼ばれる【国民の祝日に関する法律】に即応しています。

    現在は年間約16日間設けられていて、祝日法・第1条には以下のように記載されています。

    現在の国民の祝日は、第2条では以下のように制定されています。

    • 元旦 1月1日
    • 成人の日 1月第2月曜日
    • 建国記念の日 2月11日
    • 春分の日 太陽が春分点を通過した時を含む日
    • 昭和の日 4月29日
    • 憲法記念日 5月3日
    • みどりの日 5月4日
    • こどもの日 5月5日
    • 海の日 7月第3月曜日
    • 山の日 8月11日
    • 敬老の日 9月第3月曜日
    • 秋分の日 太陽が秋分点を通過した時を含む日
    • 体育の日 10月第2月曜日
    • 文化の日 11月3日
    • 勤労感謝の日 11月23日

    祝日法による休日は、上記以外に天皇誕生日があります。

    しかし2019年に限り、12月23日が誕生日の現在の天皇陛下が4月30日に退位し、2月23日が誕生日の現在の皇太子さまが5月1日に即位するため、祝日法施行以来はじめて天皇誕生日がない年となります。新天皇陛下即位後は、2020年より2月23日が天皇誕生日となることがきまっています。

    振替休日とは?

    「振替休日」は、1973年に改正した祝日法に即応した休日で、第3条第2項に即応し、以下のように記載されています。

    この定義により振替休日は、ゴールデンウィークやシルバーウィークのように、祝日と祝日の間隔が近い時に設けられることが多い休日です。

    例えば2019年ですと、5月5日の「こどもの日」が日曜日に当たるため、翌日の6日が振替休日に、8月11日日曜日の「山の日」は、翌日の8月12日に振替休日が適用されます。

    ポイント

    • 国民の祝日とは【国民の祝日に関する法律】第2条に即応した祝日です。
    • 美しい季節や日本を支えてきたお年寄り・労働者に感謝を贈り、現在の日本を築く歴史的に重要な日を記念する意味があります。
    • 振替休日とは、日曜日が祝日にあたる際、その日の直後の平日を休日とする決まりです。
    編集部

    編集部

    関連記事では建国記念日についてご紹介します。

    国民の休日とは?

    国民の休日とは?

    国民の休日とは?

    「国民の休日」は祝日法・第3条第3項で定められた休日で、以下のように記載されています。

    つまり、国民の祝日に挟まれた平日を休日にする決まりで、本来は5月3日の憲法記念日と5月5日のこどもの日の間に休日を設け、飛び石連休を解消するために1985年の祝日法改正により導入された祝日でした。

    祝日と祝日の間隔が近いゴールデンウィークや、毎年日にちが変わる可能性のある「敬老の日」と「秋分の日」の間に生まれることが多い休日です。

    ポイント

    • 国民の休日とは、祝日に挟まれた平日を休日にする決まりです。
    • ゴールデンウィークの飛び石連休解消のため、1986年より導入された休日です。

    【備考】法律の条文に関する内閣府のリンク
    https://www8.cao.go.jp/chosei/shukujitsu/sokuijoubun.pdf

    2019年国民の休日はいつ?

    2019年国民の休日はいつ?

    2019年国民の休日はいつ?

    2019年の国民の休日は4月30日(火)・5月2日(木)です。では、どうしてこの日に国民の休日が発生したのかを、解説いたします。

    2019年のGWは10連休に!

    2019年のゴールデンウィークは、間に含まれる平日が国民の休日となるため10連休になります。では10連休の内容をご紹介します。

    • 4月29日(月)昭和の日
    • 4月30日(火)国民の休日
    • 5月1日(水)即位の日
    • 5月2日(木)国民の休日
    • 5月3日(金)憲法記念日
    • 5月4日(土)みどりの日
    • 5月5日(日)こどもの日
    • 5月6日(月)振替休日

    2019年は5月1日が新天皇陛下の即位の日で、特例により祝日となるため、昭和の日との間に挟まれた4月30日(火)と、憲法記念日との間に挟まれた5月2日(木)の平日が国民の休日となり、10連休が実現することとなりました。

    また5月1日即位の日に伴い、2019年は即位礼正殿の儀が予定されている10月22日も祝日となります。

    過去の国民の休日は?

    前回の国民の休日は2015年9月22日(火)でした。その前は2009年9月22日(火)、さらに前となると2006年5月4日(木)まで遡ります。

    このように、国民の休日は毎年必ず据えられる休日ではないので、1年に2回設けられるのは1985年の祝日法改正以来初めてのことになります。

    ポイント

    • 2019年の国民の休日は4月30日(火)・5月2日(木)です。

    次回の国民の休日はいつになる?

    意外と稀有な休日である「国民の休日」ですが、次回は法律の改正がなければ、2026年9月22日が国民の休日となります。

    また、2020年は東京オリンピック・パラリンピック開催に合わせ、円滑に準備・運営を進めるため「改正東京五輪・パラリンピック特別措置法」が適応されます。その関係で2019年の祝日は、法律で制定された本来の休日とは日にちが違います。

    2020年は「海の日」は開会式前日の7月23日に、2020年より「スポーツの日」と改称される「体育の日」は開会式当日の7月24日に、「山の日」は閉会式翌日の8月10日になります。

    このように今後も祝日が移動することが考えられますので、2026年までに新たな国民の休日が出現する望みもないとは言い切れません。ぜひ行事や暦に注意し、休日を思い切り楽しんでくださいね。

    国民の休日についてのライターメモ

    国民の休日についてのライターメモ

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    関連記事