>> 【PR】当たる占いランキング第一位!カリスの電話占いはこちら! <<

レプティリアンとは?爬虫類型の宇宙人は実在する?レプティリアンの特徴や見分け方も解説

レプティリアンとは?爬虫類型の宇宙人は実在する?レプティリアンの特徴や見分け方も解説

世界を裏から操る組織である金融ユダヤやフリーメーソンイルミナティについては、最近で日本でも情報発信する方が増えて一般の方も認知してきています。また実はその裏側には爬虫類型の宇宙人であるレプティリアンの存在があることも有名です。今回はレプティリアンは実在するのか、特徴や見た方について紹介しています。

    テスラさん

    テスラさん

    トカゲ型の宇宙人レプティリアン。。。人類の中にも混じってるんだとか。あなたの身近な友人も、実はレプティリアンかも。。。

    レプティリアン(爬虫類型宇宙人)とは?

    レプティリアン(爬虫類型宇宙人)とは?

    レプティリアン(爬虫類型宇宙人)とは?

    爬虫類型の宇宙人であるレプティリアンは、おとぎ話や映画のファンタジーやスターウォーズなどの映画に登場しそうな人型の姿をした爬虫類人種です。

    一説によると地球の支配者であり、人類家畜計画を裏で進めていて人類の姿をしたレプティリアンが社会に交じっているという噂もよく聞きます。私達がよく目にする映画やテレビ、雑誌などに登場する芸能人やプロスポーツ選手に、政治家や世界的な大会社などにも紛れ込んでいる存在で、調べれば調べるほど興味がわいてくる存在です。

    この記事では、レプティリアンの特徴や見分け方、地球上での目的や一般的に噂されているさまざまな情報について、世界的な有名人でレプティリアンだと言われている人は誰なのか、気になる情報を一挙にまとめて解説しています。

    レプティリアンは人間と爬虫類を足し合わせた存在

    レプティリアンの姿は実際に出くわすと「ギョッとする」「背中が凍り付く」「恐怖で動けない」などの表現が相応しく、その様相は人間の身体の特徴を抑えつつ、顔や肌はトカゲそのものと言われています。

    レプティアンはどこに存在するのか

    空想の世界の話のようですが、既に世界各国に散らばっており私達の社会にいると言われています。

    もともとは地球に住む人類と同じく、波動が粗い3次元出身の宇宙人です。地球と人類誕生の際に、他の神々と一緒に降臨し関わった後に、21世紀の現在も姿を変えて支配層として存在しています。

    レプティアンの宇宙人としての使命について

    人類は小さな世界の見えている物質世界がすべてと思っている方が多いですが、多次元宇宙空間ではそれは当たり前の考えではありません。

    私達人類よりも進化しており、抽象度が高い宇宙空間のことをしっています。またテクノロジーなどの技術が発達し、戦争に利用される多くの機器を発明したことは有名です。

    そもそも何のために地球に滞在しているかというと、人類の意識的な進化を妨げ、彼らのための世界を作るために存在します。また支配欲が強い彼らは、金融やライフラインなどあらゆる公共機関を支配しています。

    怒りや不満、恐怖を私達に与え、より地球や人類の支配権を握っています

    ポイント

    • 元はトカゲ人間の様相ですが、人間の姿に化けれます。
    • 私達が住む社会に既に共存しています。
    • 人類を支配するために地球にいます。

    レプティリアンの特徴

    レプティリアンの特徴

    レプティリアンの特徴

    宇宙人の中でも闘争本能や支配欲、戦いを好むため多くの特徴を持ち合わせています。

    宇宙人に詳しい著名人が彼らの特徴をあげていますので、確認していきましょう。

    特徴① 冷酷な性格

    人間の脳の中にも本能を司る爬虫類脳というのがあるように、思考や感情よりも本能が発達しているため、レプティリアンは野生動物に近く弱肉強食が基本です。

    そのため権力欲や支配欲が強く、頻繁に戦争や争いをこのみ、相手を傷つけることに躊躇がないため非常に冷酷な性格と言われています。

    古代からつい最近まで使われてきた、多くの拷問器具や戦争機器の開発は彼らが関わっていると言われています。

    特徴② 他人の感情の理解が苦手

    科学的やテクノロジーが得意な宇宙人となり、私達人類でいうところの左脳が発達しています。

    そのためお互いの感情の機微を感じにくく、共感能力が欠落しています。

    調和という概念が無く、レプティリアンは個としての認識が強くテリトリー意識が非常に強いと言えます。

    特徴③ 物事を二極化して考えがち

    「善と悪」「白か黒」「男と女」「太陽と月」「強いか弱いか」「敵か味方か」などハッキリとボーダーラインを引く思考回路で、中間の考えが無いと言われています。

    そのためレプティリアンの思考は「支配するか」「支配されるか」という本能的な発想に偏り、私達人類を戦争や暴力、恐怖や貧困などで支配することを得意としています。

    特徴④ レプティリアンは理系科目が得意で文系科目が苦手

    テクノロジーが得意でお互いの感情交流が苦手な彼らは、私達が学校で教わる理系や文系という枠の中でいうのであれば、理系を得意としています。

    合理的で割り切った考え方は、極端な考え方を生み出す原因となっています。

    文系が比較的得意と言う方は、文間の感情や著者の意図などを想像できるため彼らとは反対の性質の特徴を持っているケースが多いと言えます。

    特徴⑤ 人間の血を飲み、脳を食べる

    古い文系に書かれている彼らの食事は、人類であることが記載されている書物があります。

    レプティリアンらは人間の「血を飲み」「脳を食べる」ことを好みます。

    私達は彼らのための働き手として、または食糧として地球で家畜されているという説もあります。

    また世界中で毎年子供が800万人も行方不明になっているのは、子供の血肉を好む彼らに連れ去れたのではないかとも言われています。

    日本でいうと、毎年大阪府全体の人口が消えている事になります。

    レプティリアンの特徴

    • 冷酷で支配的な性格です。
    • 他者の感情の理解が苦手です。
    • 物事を二極化して考えがちです。
    • 理系科目が得意で文系科目が苦手です。
    • 人間の血を飲み、脳を食べます。

    レプティリアンの見分け方

    レプティリアンの見分け方

    レプティリアンの見分け方

    既に日本にも多く彼が紛れ込み、私達人類と同じ社会で生活していると言われています。

    しかし彼には特徴的な性格があり、大きな見分けるポイントが2つあります。

    ここからは、彼らを見分ける方法を具体的に解説していきます。

    シェイプシフトを行う瞬間があるか

    シェイプシフトとは子供が好きな戦隊ものであれば、ヒーローの主人公が「変身」と叫んで、姿形が変わる様のように見た目が変わることを意味しています。

    レプティリアンは私達が住む社会の中では、トカゲ人間ではなく人間の姿形をしていますが、見分け方の外見的な特徴としてシェイプシフトにあります。

    「目が猫目のように縦長になる」「舌が伸びる」「皮膚にトカゲのトゲが出る、浮き出る」などの情報が出ています。

    彼らのシェイプシフトの様子は、ネット上に多くの写真が出回っていますが、加工してあるものかどうかは不明です。

    「キニニゲン」と発音してもらう

    この文言は呪文ではなく、彼らが唯一発音できない音だと言われています。

    レプティリアンは、粗い宇宙意識であり物質世界である地球に入る際に、ヒトの血を抜いて入ってきたと言われています。

    その後、人類と同じように言葉は話せたようですが「キニニゲン」という言葉だけは発音できなかっため、今でも彼らと私達を見分ける簡単な方法として「キニニゲン」と言ってみて下さいという質問は有効です。

    この説は、古代アトランティス人が書いたエメラルドタブレッドに書かれいます。

    レプティリアンの見分け方

    • 彼らはシェイプシフトを行う瞬間がある
    • 爬虫類型宇宙人は「キニニゲン」と発音できない。

    レプティリアンの地球上での目的

    レプティリアンの地球上での目的

    レプティリアンの地球上での目的

    彼らが地球にいる有力な説として、陰謀説や人類家畜論などが有名です。

    では実際に彼らの目的はどこにあるのか、詳しく見ていきましょう。

    地球を支配しコントロールする

    支配欲が強い彼らには調和、共有という意識はなく権力欲に優れています。

    金融や経済は、強者が弱者を使うものと使われるものに分かれています。多くの場合は、彼らは労働という環境で人類を縛り支配します。もちろん使う方は既に彼が大きな権力をもっているため、我々人類は日々を創造することなく、思考停止状態で毎日を不安や恐怖の中で過ごしています。また電気や水道、ガスなどのライフラインなども彼らに支配権があります。

    マスメディアもレプティリアンの手中にあるため、私達が無意識に見ているテレビや雑誌の情報は、彼らが人類を都合よく利用したり支配するのに適しています。

    人間のDNAを操作し、レプティリアンに変える

    地球に住む私達人類は、学校では猿から進化したという、ダーウィンの進化論を学びましたが、もともとはアヌンナキが遺伝子操作して作られたと言われています。

    地球は人類が自動的に進化したというよりは、彼らの脚本の中で私達人類は右往左往していると言っても過言ではありません。彼らがは人類を創造し、彼らが快適な世界を地球で造るのが目的と言われています。

    最終的は、彼らと人類の配合によりレプティリアンに変えていく説も有力です。

    ポイント

    • 彼らは地球を支配しコントロールしている。
    • 人間のDNAは操作されている。

     

    あなたが不幸なのはご先祖様のせいかもしれません。

    友だち追加

    記事を評価する

    記事を評価しよう

    人気の記事